co-lab News
About co-lab / co-lab News

Archives
Keywords

11/28(火)超福址展2017関連『人生100年時代×超福祉ワークスタイル@シブヤ』開催!

co-lab千駄ヶ谷メンバーで、まちづくりを行う株式会社エナジーラボ代表取締役兼、シブヤらしい福祉のかたちをつくるNPO法人ピープルデザイン研究所の理事を務められる松岡一久氏が11/8に渋谷ヒカリエで開催された、超福祉展2017の関連シンポジウム「人生100年時代×超福祉ワークスタイル@シブヤ」。

このシンポジウムの中で、経産省の梶川氏、渋谷区の澤田副区長のお話しを元に得たインサイトを、さらに深度化させるためのワークショップパーティが、来週火曜、co-lab渋谷キャスト隣接のカフェ「オーレ」さんにて開催されることになりました。

ーーー

「人生100年時代×超福祉ワークスタイル@シブヤ」NEXT..

日時:2017年11月28日(火)18:00〜21:00

場所:渋谷1−23−21渋谷キャスト1F
co-lab渋谷キャスト隣接 カフェ「オーレ」 google maps

参加費:2000円(飲食代を含む)

イベント詳細資料はこちら

ーーー

今回co-labのほか、事務器メーカーのコクヨ社も協力して開催することとなりました。
co-lab企画運営の田中も参加する予定で、ダイバーシティについての先端的な示唆のあるワークショップになるのではと期待していますので、ぜひ、ご興味いただけましたらご参加ください!

[コミュニティ・ファシリテーター:佐藤]

Posted by co-lab Staff | 18:14 | Trackback (0)
Keywords: Event Info


12/1 渋谷キャストにて『SHIBUYA CREATIST PARK』開催!

世界でも類稀な個性を持つ街・渋谷。
その渋谷と原宿をつなぐ流行の発信地キャットストリートの渋谷側始点に位置する緑豊かな広場・渋谷キャスト ガーデンに、アーティストとクリエイターの中間で活躍する日本の『クリエイティスト』が集結して、「ザ・シブヤ・カルチャー」をテーマに、渋谷を訪れた訪日客等が渋谷を楽しみ、相互に交流できる場を作り出します。

本会『SHIBUYA CREATIST PARK』は、外国の方が想像する「ザ・シブヤ」を縮図的に一夜で体感しながら、来場者同士も繋がれる交流型エンターテインメント博覧会です。

『クリエイティスト』とは、アーティストとしての自己表現とクリエイターとしての課題解決を、自らのクリエイティビティによって両立させて実践できる新しい活動領域の人々を指しています。

近年大きな発表の場が減りつつある日本の『クリエイティスト』が自らの表現活動によって、せっかく日本を訪れてくださった外国の方々に、もっと日本の、渋谷の楽しさを伝えていきたいという思いから本企画がスタートしました。

当日は、プロデューサーの合同会社ディグレスラボCEOの内田洋茂氏が独自にセレクトした、東京や渋谷の若者が発信する近現代文化を体現している『クリエイティスト』達が集結します。

例えば、原宿系のカワイイ・コスプレや侍などいかにも日本らしいコスプレをしたファッショニスタとの撮影会や、ファンキーな風貌ながら昔懐かしい駄菓子売りの移動式屋台、YouTubeでも人気の高いアート集団の主要メンバーによるライブペイントのほか、エイジレスでジャンルレスな作家による写真を中心とした作品のアートフォトマーケット、海外でも人気の高いアーティスティックな新しい同人誌「ZINE」が旅をしながら様々な人々の出会いを創っていくZINEマーケットなど、日本に居てもなかなか一同に会する機会の少ないメンバーが揃う予定。

また単なるエンタメショーではなく、会場内をファシリテーターが行き来し、来場者同士や『クリエイティスト』が相互に繋がり交流できるよう立ち回るのも本会の特徴です。

本企画は、渋谷キャストにおける施設振興活動の一つとして、施設管理者の東京急行電鉄株式会社を筆頭に、渋谷キャストを構成する地域貢献施設の運営メンバーが集って行う会議体から生まれた企画であり、春蒔プロジェクトが開催する施設振興イベントの第2弾となります

渋谷を訪れた訪日客をはじめ、渋谷に暮らすひと、働くひと、遊びにくるひと……渋谷キャストを発信源として、日本・渋谷を愛する人々やその可能性の種が渋谷キャストに集積し、また拡散されることで、今後の新しいまちに対する愛情(シビックプライド)と新しいシブヤカルチャーが生まれる兆しになっていくことを期待しています。

また当日17時からは、開業して初めての冬を迎える渋谷キャストのイルミネーション点灯式を「渋谷キャスト ガーデン」にて併催予定です。

今までありそうでなかった、映画のような「ザ・シブヤ・カルチャー」に浸る夜をお楽しみください。

<開催概要>
タイトル:『SHIBUYA CREATIST PARK』
日時:2017年12月1日(金)12:00-20:00
※当日17:00から、「渋谷キャスト ガーデン」にてイルミネーション点灯式も併催予定。
場所:「渋谷キャスト ガーデン」及び「渋谷キャスト スペース」
※荒天時は「渋谷キャスト スペース」のみで開催
参加費:無料

主催・制作:co-lab/春蒔プロジェクト株式会社
企画・制作:合同会社ディグレスラボ
宣伝美術:coteau.
後援:TOKYOcreatist、Bloom、Marvista Garden、NPO 3F Community Service、YUMENOYA、Nexter Inc.
協力:渋谷キャスト

<出演予定者>
● ライブペインティング 【art fusion】
-アーティスト-
STONE63
Yohei Takahashi
WAIFone
Miki Tomioka
Yusei Sagawa
●アートフォトマーケット 【石本一人旅/PHOTOJAM TOKYO】
●ZINEマーケット 【傳田太郎/ZINE TRIP】
●ファッションショー&撮影会 【じゅんにゃん/原宿ファッショニスタ】
●駄菓子屋台 【駄菓子屋ロック】
●フォトシューティング 【間壁一晴】 他

————————————————————–

[ Shibuya Creatist Park: Interactive Entertainment Expo! ]

Admission free
1st December 2017 12:00pm – 20:00pm
From 17:00 on the day, Illumination lighting ceremony will be held together at “SHIBUYA CAST. GARDEN”.

SHIBUYA CAST. GARDEN & SPACE
1-23-21, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
At stormy weather held only in “SHIBUYA CAST. SPACE”.

● Live Painting 【art fusion】
-Artist-
STONE63
Yohei Takahashi
WAIFone
Miki Tomioka
Yusei Sagawa
● Art Photo Market 【Ishimoto Kazuyoshi / PHOTOJAM TOKYO】
● ZINE Market 【Taro Deda / ZINE TRIP】
● Fashion show & photo session 【Jun-nyan / Harajuku Fashionista】
● Dairy stands 【Miscellaneous Rock】
● Photo shooter 【Kazuhiro Watanabe】 etc.

Organizer / Production: co-lab / Haruki Project Co., Ltd.
Planning / production: digress-lab LLC.
Advertising art: coteau.
Support: TOKYOcreatist, Bloom, Marvista Garden, NPO 3F Community Service, YUMENOYA, Nexter Inc.
Cooperation: SHIBUYA CAST.

————————————————————–

Shibuya is known for its uniqueness. Not to mention, the characteristic fame of Shibuya is globally recognized today. ‘The Creatist’ who work between the lines of the creator and the artist, they will gather at the greenery “SHIBUYA CAST. GARDEN”.

“SHIBUYA CAST. GARDEN” is located alongside the trendy little alley that is known as the Cat Street in between Shibuya and Harajuku.

This theme of ‘THE SHIBUYA CULTURE’ offers a variety of activities such as a photo session with Kawaii Costume Gals and Samurai Boy, nostalgic retro Japanese sweets stand, an exhibition curated by ‘The Japanese Creatist’, ZINE, and a photography. There is also a live painting. The theme presents literally a re-mix of Japanese modernism of Shibuya and Tokyo youngsters.

The aim of SHIBUYA CREATIST PARK is to give the feeling of Shibuya in one single night. Alongside the Shibuya experience, the exhibition offers a space to communicate with other visitors. We think it will be the interactive entertainment expo.

SHIBUYA CREATIST PARK will take you to the journey of real so-called ‘THE SHIBUYA CULTURE’. Please feel free to soak yourself deep and get lost in the Shibuya as if you were there in the movie scene.

————————————————————–

<お問い合わせ>
春蒔プロジェクト株式会社 『SHIBUYA CREATIST PARK』制作チーム
TEL:03−5778-9173

<関連ページ>
合同会社ディグレスラボ
渋谷キャスト 公式サイト
ニュースリリース

[コミュニティ・マネージャー:佐藤]

Posted by co-lab Staff | 15:12 | Trackback (0)
Keywords: Event Info


開催決定|11/3(金・祝)『シブヤ パブリック サーカス』渋谷キャストにて開催!

※お待たせしました!当初10月15日(日)に開催を予定していたところ、残念ながら雨天により延期となった本イベントが、改めて11月3日(金・祝)に開催決定となったことによる再告知です。

キャットストリートの渋谷側始点に位置する渋谷キャスト ガーデンに、あたらしいサーカスが生まれます。それは、通りがかりの人も気軽に参加・体験できる、”みんなでつくるちいさなサーカス”。

まちなかで自分のスキルや作ったモノを無料でふるまうことで、自分ごとの楽しみをも周囲に還元する人『マイパブリッカー』たちが演者となるこのサーカスの出し物は、コーヒー、お花、数学、マジック、ものづくり、DJ、アドバイス、塗り絵、綱渡り、ヘアメイク……と、多岐にわたります。

広場前を通りがかる人たちは、これらのちいさくも個性的なふるまいに、どれも気軽に参加・体験することができ、『マイパブリッカー』たちの多様なふるまいは、いつの間にか参加していた人々とともに、これまでになくひらかれた賑わいの場を作り出していきます。

古代エジプトに起源を持つサーカスは、これまで演者と観客という関係のもと、人々に熱狂をもたらしてきましたが『シブヤ パブリック サーカス』は、演者も観客も垣根なく一緒に楽しみます。ピエロや芸をする動物による、ショーアップされた従来型のものではなく、通りがかりの人も気軽に参加・体験できるのが、“みんなでつくるちいさなサーカス”です。

<開催概要>
タイトル:『シブヤ パブリック サーカス』
日時:2017年11月3日(金・祝)11:00-18:00
場所:渋谷キャスト前広場「渋谷キャスト ガーデン」※雨天時は屋内の「渋谷キャスト スペース」にて開催
参加費:無料

主催・制作:co-lab/春蒔プロジェクト株式会社
企画・制作:株式会社グランドレベル
宣伝美術:浅妻健司(www.aszm.jp
協力:渋谷キャスト

<マイパブリッカー(出演予定者)>
●一輪の花あります 【浦上涼子】
●マジックにようこそ 【戸崎拓也/トザキマジックスクール】
●ヘアアレンジしない? 【八重嶋美彩/BOY Attic Hair Salon】
●コーヒー振る舞い〜コーヒー好き集まれ!〜 【Åre(オーレ)】
●円、円、円と数学 【松田能文/青山学院大学助教】
●アドバイスしようか 【田中元子/グランドレベル】
●DIY屋台づくり 【佐藤友梨/BAUM】
●カモン!DJ 【TOMC】
●スラックライン教室 【ギボンスラックライン】
●塗り絵アート 【meg】
●飛んでけ!シャボン玉/誰でも大縄跳び 【co-lab】 他

【関連ページ】
株式会社グランドレベル http://glevel.jp/
渋谷キャスト http://shibuyacast.jp/
co-lab Facebook イベントページ
PR TIMES ニュースリリース

当日は、本会の企画者である株式会社グランドレベル代表の田中元子氏が、今年出版予定の書籍『マイパブリックとグランドレベル』(晶文社)の出版を祝う屋台も出店し、その場で著者自身がフリーアドバイスをふるまうなど、見たことも聞いたこともないあたらしいサーカスになること間違いなしです。大人も子供も誰もが楽しめる1日に、ぜひ一員としてご参加ください。

— 主催 —

社名    | 春蒔プロジェクト株式会社
代表取締役 | 田中陽明
設立年月日 | 2005年1月13日
所在地   | 東京都渋谷区渋谷1-23-21 co-lab渋谷キャスト
資本金   | 1,000万円
事業内容  | シェアオフィス「co-lab」企画運営、様々なクリエイションのコンサルティング
URL    | http://co-lab.jp

春蒔プロジェクト株式会社は、日本のクリエイティブ産業の発展のために多角的に支援を行うクリエイションのプラットフォーム「co-lab」の企画運営を行う会社です。2003年にクリエイター専用シェアオフィスを世界的にもいち早く立ち上げ、集合知を用いたコラボレーション型の制作システムにより、現代の複雑な課題をクリエイティブの力によって解決していきます。

— 企画 —

社名    | 株式会社グランドレベル
代表取締役 | 田中元子
設立年月日 | 2017年9月1日
所在地   | 東京都千代田区神田司町2-5 第二川島ビル1階
資本金   | 100万円
事業内容  | 軒先、歩道、道路、公園からあらゆる建物の1階まで、あらゆるグランドレベルの企画・運営・コンサルティング
URL    | http://glevel.jp/

株式会社グランドレベルは、「1階づくりはまちづくり」という考えのもと、軒先から歩道、道路、公園、あらゆる建物の一階、そして都市計画までを、シームレスかつ有機的に捉え、心地よい居場所と人々の能動的な活動が溢れる豊かなグランドレベルを創ることを目指しています。2018年9月1日の会社設立一周年には、日本のまちをベンチの設置で再生していくプロジェクト「JAPAN BENCH PROJECT/TOKYO BENCH PROJECT」を始動。また11月初旬には、自社事業として東京都墨田区にコミュニティ型カフェがオープンします。1階づくりを通じて、「まち」「社会」「企業」の課題を解決していきます。

— 提供 —

施設名称 | 渋谷キャスト(SHIBUYA CAST. )
住所   | 東京都渋谷区渋谷1-23-21
アクセス | JR・京王線・東京メトロ・東急線 渋谷駅 13番出口より徒歩1分
URL   | http://shibuyacast.jp
事業主体 | 渋谷宮下町リアルティ株式会社
※東京急行電鉄株式会社、大成建設株式会社、サッポロ不動産開発株式会社 東急建設株式会社の4社が出資
敷地面積 | 5,020.09m²
延床面積 | 約35,000m²
階数地  | 地上16階、地下2階
設計者  | 株式会社日本設計・大成建設株式会社、一級建築士事務所共同企業体施工者  | 大成・東急建設共同企業体

渋谷キャストは、渋谷・原宿・青山・表参道が交わる旧渋谷川遊歩道(キャットストリート)の起点にあり、多くのクリエイターが行き交い創造する活動拠点を目指しています。明治通りに面した広場はイベントが実施できるほか、アート作品やアパレルの展示会などに利用可能な多目的スペース、シェアオフィス、中短期滞在者向けのサービスアパートメント、クリエイター向けの賃貸住宅など多面的な機能を備えた複合施設です。

[コミュニティ・マネージャー:佐藤]

Posted by co-lab Staff | 12:39 | Trackback (0)
Keywords: Event Info


KREI / co-lab西麻布 の施設が、富士フィルムデザインセンターのスタジオ「CRAY」として生まれ変わりました。

2017年2月、「インハウスクリエイターとインデペンデントクリエイターの共創型コワーキングスペースを通して21世紀日本の新しい働き方をつくる」というミッションを果たし、惜しまれつつもクローズしたKREI / co-lab西麻布。

同年5月、本施設は富士フィルムデザインセンターのスタジオとして生まれ変わりました。

名称は「CLAY(クレイ)」。実はこの名称は「KREI(クレイ)」から来ています。
そうした経緯や今後の運営について、富士フィルムデザインセンター長の堀切和久氏がKREI / co-lab西麻布 に触れつつ、お話されております。

AXIS Web Magazine INTERVIEW
富士フィルム デザインセンターの新スタジオ「CLAY」
やりたいことをやる。そのための環境づくり
https://www.axismag.jp/posts/2017/09/80772.html

こうしたインタビュー記事を受け、コクヨ株式会社でKREIを共に立ち上げた木下氏とco-labを企画運営する田中のコメントをお伝えさせていただきます。

「試行錯誤で創り、そして運営してきた自分たちの拠点が、こうした形で継承してもらえたのは、この上ない喜びと自信になりました。」

                     コクヨ株式会社 木下洋二郎

「施設のコンテンツと空間構成の意思が引き継がれていくというのは、建築におけるリノベーションの新しい形になっていく可能性を感じました。」

                    co-lab企画運営代表 田中陽明

co-lab一同、「CRAY」のこれからの展開を楽しみにしております。

Posted by co-lab Staff | 11:00 | Trackback (0)


digress-lab内田洋茂さんキャスティング『teamLab Jungleと学ぶ!未来の遊園地』が開催中|渋谷キャスト

co-lab渋谷キャストメンバー、合同会社digress-labの内田さんが携わっている『バイトルpresents teamLab Jungleと学ぶ!未来の遊園地』に行ってきました。


本展は「チームラボジャングル」と「学ぶ!未来の遊園地」のコラボレーションによる渋谷ヒカリエ開業5周年記念企画、大規模な体験型音楽フェスティバルとなっています。

内田さんは今回、スタッフのキャスティングと演出のサポートに関わっていらっしゃいます。キャスティングに特化した内田さんの珍しいお仕事は、時々で適した人材をセレクトし、プロジェクトで最大のパフォーマンスが発揮できるサポートを行うこと。
CMやドラマ、イベントの出演者とキャスティングする場所は様々ですが、親しみやすいお人柄と幅広い人脈を持つ内田さんならではのお仕事だと感じます。

co-labではフリーランスのクリエイター同士、クリエイターと企業を繋ぐディレクション等も行っています。
このように「人と人とを繋ぐ」行為は今後新たな仕事を生み出す可能性を秘めているかもしれません。

展覧会では、親子で楽しめる昼間と、ライブ感覚が味わえる夜間の二本立てとなっており、時間帯により違ったプログラムに参加することができます。
筆者は夜の部「Art Night」に参加しましたが、光の球体に誘導されて自然と身体が動いたり、光線の集合体の中で空間と一体になっていくこれまでにない感覚を楽しむことができました。

開催期間は9/10(日)までと残り僅かですので、まだご覧になってない方は是非足を運んでみてください!

【コミュニティ・ファシリテーター:積森 ななみ】

Posted by co-lab Staff | 13:49 | Trackback (0)


Page: 1 2 3 4 5 6 ... 67