co-lab News
About co-lab / co-lab News

6/7開催 EDGE TOKYO DRINKS 05 『テクノロジーとアートの行方 〜未来を生み出すクリエイション〜』

ETD05

6月7日(金)にco-lab二子玉川が企画協力をしているライブトークイベント・EDGE TOKYO(エッジトーキョー)が開催されます。今回5回目となるEDGE TOKYO DRINKSは「テクノロジーとアート」をテーマに、co-lab渋谷メンバーでもある久保田晃弘さんをゲストに迎えます。最先端の技術とアートにまつわるプロジェクトやこれからの展望など存分に語っていただきます。

テーマ:テクノロジーとアートの行方 〜未来を生み出すクリエイション〜
現代における様々なテクノロジーの進歩は、そのスピード故に我々の生活状況を数年単位でシフトさせているようにも見えます。こうしたテクノロジーが、真に有意義なパラダイムシフトへと繋がり、我々の未来を大きく変えるような強力な発展を遂げるためには、テクノロジーだけでなく、アートとの優れた融合/共創が不可欠のように思えます。またそうした未来を作る新しい人材の育成もこれからの重要な課題となるでしょう。
今回はそうした最先端の技術とアートの分野を横断的に活躍されている、多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コースの教授であり、Fablab Shibuya/co-lab渋谷メンバーでもある久保田晃弘氏をゲストに迎えて、現在取組んでいる様々なプロジェクトの紹介とともに、テクノロジー、アート、教育といった切り口で語っていただきます。またモデレータには同じくFablab Shibuya/co-lab渋谷メンバーの梅澤陽明氏をお迎えします。
いま話題のメーカーズムーブメントが10年後どうなっているのか。本当に革新的なクリエイションへと向かうには何に注目するべきなのか。真に優れた人材をどう育てていくべきなのか。
テクノロジーとアートの可能性を最大限に活かすような、刺激的なアイデアを共有したいと思います。是非ご参加ください。

[久保田晃弘氏の関連プロジェクト]
 ARTSAT 衛星芸術プロジェクト http://artsat.jp/
 FabLab Shibuya  http://www.fablabshibuya.org/
 バイオアート http://bioart.jp/
 サウンド・パフォーマンス http://homepage2.nifty.com/~bota/
 ソーシャルマテリアル http://monofactory.nakadai.co.jp/

ETD05

【プロフィール】
久保田晃弘(ファブリケーター/Fablab Shibuya/co-lab渋谷メンバー)
1960年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授/FabLab Shibuyaメンバー。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。衛星芸術(artsat.jp)、バイオアート(bioart.jp)、デジタル・ファブリケーション(fablabjapan.org)、ソーシャル・マテリアル (monofactory.nakadai.co.jp)、自作楽器によるサウンド・パフォーマンス (hemokosa.com) など、さまざまな領域を横断・結合するハイブリッドな創作の世界を開拓中。
近著に『Beyond Interaction —メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門』(BNN新社、共著、2010)『FORM+CODE—デザイン/アート/建築における、かたちとコード』(BNN新社、監訳、2011)、『ビジュアル・コンプレキシティ―情報パターンのマッピンク』(BNN新社、監修、2012)、『ジェネラティブ・アート―Processingによる実践ガイド』(BNN新社、監訳、2012)『Handmade Electronic Music―手作り電子回路から生まれる音と音楽』(オライリー・ジャパン、監訳、2013)などがある。

梅澤陽明(ファブリケーター/Fablab Shibuya manager/co-lab渋谷メンバー)
1984年神奈川生まれ。FabLab Shibuya fabricator / Manager。 建設機械メーカー設計部を経て、FabLab Shibuya立ち上げから携わる。多様なデジタル/アナログツールが溢れる今日、「つくる」をより身近にする環境やしくみの構築を目論みながら、さまざまな企画を進行中。そのひとつとして、2012年より移動型工作工房「Faboo」プロジェクトをスタート。日本国内のみならず、東ティモールなどの国外への出張工房を実現させ、現地の人々と共にモノをつくる活動を始めている。
慶應義塾大学 SFC研究所 訪問研究員(2011.04-2013.03)
fablabshibuya.org

『EDGE TOKYO DRINKS 05』
■日 時:2013年6月7日(金) 19:30~22:30 開場19:00
■会 場:二子玉川ライズ・オフィス8F カタリストBA
■料 金:1,000円(1drink+food)
■出 演:久保田晃弘(ファブリケーター/Fablab Shibuya/co-lab渋谷メンバー)
■モデレータ:梅澤陽明(ファブリケーター/Fablab Shibuya/co-lab渋谷メンバー)
■定 員:100名(先着順、ご予約のお客様優先となります)

[予約方法]
 メールにて受付となります。
 下記アドレスに[お名前、所属、参加人数]をお知らせください。
 futako_entry@co-lab.jp 担当:佐中(さなか)/中安(なかやす)
 折り返しご予約確認のご連絡を差し上げます。

[会場へのアクセス]
 東急田園都市線/東急大井町線二子玉川駅より徒歩1分
 ライズオフィス8Fまでエレベーターまたはエスカレーターでお上がりください。
 地図はこちら→ http://catalyst-ba.com/access.html
 ※20時以降にお越しの場合は正面エントランスからお入りいただけません。
  受付までお電話ください(03-6362-3443)

主催:Catalyst BA[http://catalyst-ba.com/
企画協力:co-lab

※当日はイベントの模様をUSTREAMにて中継する予定です
http://www.ustream.tv/channel/edge-tokyo
※これまでのEDGE TOKYOイベントの模様は以下でご覧いただけます
http://www.youtube.com/channel/UC9TTNtfSf-AISnRGvZm4ZFg

ETD05

Posted by co-lab Staff | 16:44 | Trackback (0)
Keywords: Material Garden, スペース利用例, プロジェクト例, 二子玉川, 勉強会

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/about_colab/colab_news/9183/trackback