FAQ
Inquiry / FAQ

Questions + Answers

Q.

co-labにはどのような人がむいていますか? また実際どのような方々がおられますか?

A.

さまざまな分野のクリエイター、社会起業家がおられますが、まずはco-labのビジョン、コンセプト、コラボレーションやコミュニティづくりへの関心、意欲が高い方が多いといえます。またクリエイターやアーティストが本来もちあわせているリベラルな気質や職能として、社会的問題への意識や感度の高さが挙げられます。co-labとしては、そのような共有課題に対して能動的に行動する人が集まり、より高い成果を生み出せるプラットフォームを目指しています。

Q.

co-labは、企業と個人の中間を目指す集合体と言われますが、会社組織とco-labの違い、特徴をもう少しわかりやすく知りたいのですが?

A.

co-labが会社組織と違う大きな点として、co-labというプラットフォームに対していつでも入退会することが自由であることが挙げられます。既存の会社のようなわだかまりがないニュートラルな場所であるがゆえに、退会後もメンバーとのネットワークを活かし続けていただくことで、現メンバーを様々なプロジェクトのリソースとしてフレキシブルに活用することができます。

Q.

co-labの運営はどのような形式でなりたっているのですか?

A.

春蒔プロジェクトが今のco-labというビジネスモデルを立案し、co-labの商標や運営ノウハウをもっています。建物のオーナー、不動産会社、ビルのマスターリース会社など、事業主になっていただける方々と提携し、春蒔プロジェクトは運営委託としてco-labの拠点を設けていくスタイルで展開しています。

Q.

クリエイターのための空間デザインとしてco-labにはどんな特徴がありますか?

A.

さまざまなクリエイターが集まる場なのでそれぞれのクリエイターが個人の創造的思考を発揮させるよう、ニュートラルな空間デザインを心がけ、そのような環境を提供しています。
また、提供された建築物がもっている特性、ポテンシャルを最大限引き出してリデザインし、土地や地域の特性や文化性、周辺環境との調和を意識しコンセプト化してます。
例えば、西麻布は隠れ家的な場所柄を活かし、アジトのような場所をコンセプトにしています。

Q.

今、co-labはどのようなビジョンを掲げていますか?

A.

コラボレーション事業としてソーシャルビジネスのテーマに積極的に向かっていきたいと考えています。都市計画、都市再生、地域産業再生のような大きなテーマにも挑みつつ、ジャンルにこだわらずメンバーそれぞれの想いを尊重しながら共通課題を見出していきたいと思います。
個のクリエイターを大事に思う集合体として、またひとつの市民団体やアライアンスのような集団として社会に意見し、クリエティブな提案を通してよりよい環境づくり、社会づくりに貢献することを目指しています。

お問い合わせ

E-mail:info@co-lab.jp
Tel : 03-5775-7344 (春蒔プロジェクト(株) 代表連絡先)
※受付時間 : 平日11:00〜19:00