代官山 News
Locations / DAIKANYAMA / DAIKANYAMA News

Report|9/29 プレゼン会を開催しました!

約3ヶ月に1度開催している、co-lab代官山プレゼン会。9月29日の開催内容をレポートします。

—————————————————————————————————-

プレゼン会とは
、メンバー間でのコラボレーションが起こるきっかけ作りや交流のために定期的に行う会です。
メンバーの方に10分ほどのプレゼンを行ってもらい、各会員のお仕事を知る機会でもあります。
—————————————————————————————————-

今回は、代官山メンバーさん3組に加え、co-lab墨田亀沢と9月にオープンしたばかりのco-lab日本橋横山町、それぞれの事業主さんにもプレゼンをしていただきました。

おひとり目のプレゼンターは、people design officeの神田宇樹さん。
グラフィックデザイナーである神田さんは、今年の4月に独立され、雑誌や写真集、美術展のポスター、CDジャケット等、幅広い分野でご活躍されています。
神田さんが手がける作品には、手に触れた時の触感も意識した紙媒体へのこだわりがあり、デジタルでは体験できない経験をもたらします。会場では、書籍の実物も回して見せていただきました。

1

2番目のプレゼンターは、株式会社Theoの岸井一さん。映像やAR/VR、ゲーム、医療、電子書籍など、幅広い分野で「絵と音と動作のある体験」をつくり続けていらっしゃいます。こちらは、冒頭に紹介くださった、納豆がもつパワーを海外向けに紹介する映像作品”Natto the Movie”です。

岸井さんとルームをシェアしている合同会社ジガックスの笹川さん(笹川さんがプレゼンされた前回レポート記事はこちら)とコラボレーションして制作されたARアプリ「城ラマ」もその場でデモンストレーションして下さいました。
このほか、ドラムの演奏に反応して映像が生成されるインタラクティブ作品や、福島環境創造センターに展示されているプロジェクションマッピング作品、そして医療連携支援システムのUIデザイン、電子書籍によるインタラクティブな不動産パンフレットなど、多彩な事例を見せて下さった盛りだくさんのプレゼンでした。

3番目のプレゼンターは、webやアプリのマーケティング・コンサルティングを手がけていらっしゃる株式会社movの渡邊誠さんです。

3

今回ご紹介くださったのは、株式会社movさんが運営されているインバウンドビジネスのための総合メディア「訪日ラボ」。東京オリンピックに向けて、国内企業のなかで「インバウンド」事業部が急増している時流をうけ、その担当者向けに立ち上げられたのがこちらのwebサイトです。

訪日客の多い主な国別に、さまざまな基礎情報や各国特有の特長などがまとめられており、記事はなんと毎日3件も更新されています!これらのコンテンツは、既存のメディアではどのような種類の記事が発信されているかなどを調査した、綿密なリサーチデータに基づいて構成されています。プレゼンでは、その貴重なデータの一端も見せていただくことができました。ビジネスに活用できる最新情報はもちろん、一般読者にも興味ぶかいニュースや各国事情について知ることのできる「訪日ラボ」。ぜひ、アクセスしてみてください!

続いては、co-lab墨田亀沢の有薗悦克さんと、co-lab日本橋横山町の高越規嗣さん、東東京に位置するふたつのco-labの事業主さんから、それぞれプレゼンしていただきました。この2拠点では、事業主の方が直接運営を行うアライアンス式で、co-labが運営されています。

有薗さんからは、印刷会社を母体とするco-lab墨田亀沢の特色についてご紹介いただいた後、メンバーさんから相談を受けた「アイデアや技術を要する特殊な印刷」の実例をお話くださいました。本来5色のインクが必要なところを、4色の掛け合わせの試行錯誤によって、イメージ通りの色あいを実現した例。また、印刷の濃度をあえて異なるようにし、紙の向きを変え、ずらしながら断裁することで、世界に1枚しかない名刺をつくりだした例など、まさに印刷職人の技術力とデザイナーの創造力が乗算されたコラボレーションです。

そして最終プレゼンターは、9月にオープンしたco-lab日本橋横山町の高越さんです。もともと服飾雑貨の現金問屋であったビルをリノベーションして設立されたco-lab日本橋横山町。ファッションの分野を中心としたクリエイターをターゲットに、施設内には、共有ミシンや簡易撮影スタジオなどの制作環境が備えられているほか、世界的に活躍するファッションデザイナー山縣良和氏主宰のファッションスクール「ここのがっこう」による学びの機会も設けられています。高越さんは、この場を舞台に、事業主のログズ株式会社さんがもつ販路や生産ネットワークと、様々な業種の方が活躍するco-labのネットワークを活用しながら、クリエイターの才能を付加価値につなげていくムーブメントを作りだしたい、とこれからのビジョンを語って下さいました。

東東京に位置するふたつのco-lab、今後の盛り上がりに引き続きご注目ください!

【コミュニティ・ファシリテーター:向後・橋場】

Posted by co-lab Staff | 11:23 | Trackback (0)

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/daikanyama/news_daikanyama/23961/trackback