代官山 News
Locations / DAIKANYAMA / DAIKANYAMA News

Archives
Keywords

Report|6/24 プレゼン会を開催しました

さる6/24(金)、恒例のメンバーさんによるプレゼン会を開催しました。共用部を会場にすることの多いプレゼン会ですが、今回は、SodaCCo 2Fにあるカフェ、Bird Daikanyamaでの開催、第2回目です。

—————————————————————————————————-

プレゼン会とは
、メンバー間でのコラボレーションが起こるきっかけ作りや交流のために定期的に行う会です。
メンバーの方に10分ほどのプレゼンを行ってもらい、各会員のお仕事を知る機会でもあります。
—————————————————————————————————-

今回は、5Fルームフロアにご入居されているメンバーさんを中心にプレゼンいただきました。
プレゼンターのおひとり目は、合同会社ジガックスの笹川晋弘さん。

笹川さんは、インタラクティブ・コンテンツ・クリエイターとして、Unityエンジンを使用し、モバイル向けゲーム開発、VRやARなどのあらゆるデジタル体験型コンテンツを受託・開発しています。
笹川さんとお部屋をシェアするTheoの岸井さんとコラボレーションした城ラマのお話や、ゲーム開発のお仕事をご紹介くださいました。

2番目のプレゼンターは、幅広くグラフィックデザインを手がけていらっしゃる株式会社Harvestaの伊藤伸一さんです。
ロゴやグッズのデザインをはじめ、企業の採用サイトやコーポレートサイトなど、これまでの代表的な作例をご紹介くださったほか、お仕事以外のエピソードも楽しいプレゼンでした。

ひとつは、伊藤さんがコレクションされているキューパのポスターについて。社会主義政府によるプロパガンダや映画の広告に用いられたシルクスクリーンのポスターは、体制の管理下にありながら自由で大胆なグラフィックが表現され、一枚一枚手刷りで制作されているそうです。また、ご自身のハードディスクが壊れたときに、信頼できるデータ復旧会社に辿り着いた経緯についてもお話くださいました。なかには悪徳業者も多いそうで、メンバーの皆さんにとっても、いざというときに頼りになる貴重な経験談でした。そして、現在はドローンの操縦資格を取得中とのことで、壮観なデモ映像を見せていただき、プレゼンの締めくくりとなりました。

続いてのプレゼンターは、株式会社リブルーの岡田英之さん。世界中から投稿されるサーフィン動画を視聴できる「NobodySurf」を運営されています。プレゼンでは、GoProやドローンを使って撮影されたものや、最新の人工波プールなど、投稿されたさまざまなサーフィン動画をご紹介くださいました。

2015年にスタートしたばかりのNobodySurfは、現在世界45カ国、月間100万人のユーザーが視聴するほど急成長されていて、アプリのリリースも準備中されているそうです。2020年の東京オリンピックの追加種目候補ともなっているサーフィンは、スポーツとして楽しむだけでなく、ライフスタイルやものの考え方にも浸透するカルチャーなのだと語る岡田さん。SNSを通じて、サーフィンを楽しむ人たち同士がつながることができるのも大きな魅力です。

最後は、株式会社RCエイジの長谷光浩さんによるプレゼンです。独自のコンクリート施行技術をベースに、「SKELTON&INFILL」というコンセプトのもと、住宅をはじめとするさまざまな用途のRC建築を手がけ、事業提案型の建築商品も展開されています。

長谷さんは、熟練した職人さんを育成していくことが重要だと語ります。その独自の工法に精通し、いくつもの作業を担当できるように人材を育てていくことで効率も上がり、ひとりひとりがデザインの意味を理解して作業にあたることで、建物のクオリティを上げることができるのだそうです。

Posted by co-lab Staff | 11:16 | Trackback (0)
Keywords: News


ミズベリング|ソトコト8月号に掲載 & 7/7は水辺で乾杯!

7/5発売の『ソトコト』2016年8月号の特集は「水辺のまちづくり」。「ミズベリング・プロジェクト」や「水辺総研」として精力的に活動されているco-lab代官山メンバー、岩本唯史さんと滝澤恭平さんのお二方が誌面に掲載&執筆されています!

水辺の活用方法についてQ&A形式で答える岩本さん。そして、滝澤さんは、「水都大阪」のまちづくりと、和歌山市にオープンする日本酒バー「水辺座」についての記事を執筆されています。水辺を活用したまちづくりや活動が、こんなにも日本各地で愛着をもって実践されているのですね。水辺をとりまく最新情報が詰まった1冊、ぜひお手に取ってみて下さい!

そして、7月7日午後7時7分に「水辺で乾杯」をしよう!というキャンペーン「水辺で乾杯2016」が今年も実施されます!

水辺で乾杯2016 http://mizcan.mizbering.jp

昨年からスタートしたこのアクションには、全国約300カ所、約5000人もの方が参加されたそうです。水辺で乾杯をする作法は、こちらの動画からご覧いただけます。七夕の夕べに、乾杯写真をシェアして盛り上がりましょう。ご参加ください!

[コミュニティ・ファシリテーター:橋場]

Posted by co-lab Staff | 12:05 | Trackback (0)
Keywords: Media Appearance, Member Info


SONY新商品「超短焦点プロジェクター」「グラスサウンドスピーカー」を設置しました!

今回、SONY様のご協力により、SONYのLife Space UXシリーズ新製品、

・ポータブル超短焦点プロジェクター
http://www.sony.jp/video-projector/products/LSPX-P1/

・グラスサウンドスピーカー
http://www.sony.jp/active-speaker/products/LSPX-S1/

を、co-lab代官山(4F)に設置しました。

sony_s

SONYのLife Space UXシリーズ製品を体験できる場所にも掲載されていますので、ご来訪頂ければ、実際に体験できます。
http://www.sony.co.jp/Products/products-for-life-space/placement/

約1ヶ月間(延長の可能性有り)の設置となりますが、設置期間中の下記営業時間内であれば、実際に手に触れて体験できる、またとない機会です。

お近くにお越しの際は、co-lab代官山受付(4F)にお越し頂ければと思います。

設置期間
2016年6月13日〜2016年7月中旬まで ※予定

co-lab代官山受付営業時間
10:00〜18:00

定休日
土日祝日

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:向後]

Posted by co-lab Staff | 13:31 | Trackback (0)


未来の植木鉢が登場。

co-lab代官山会員の株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」にて、IoTスマートプランタ「planty(プランティ)」が起案されました。

詳細はこちらから
https://goo.gl/q9icA5

Planty

今までにも、水を鉢底に貯めて、乾燥したら鉢底から伸びた紐が吸い上げる、、という原始的な構造の植木鉢もありましたが、「planty(プランティ)」では、光量センサ、土壌湿度センサ、温度センサを備え、温度、土壌、照度などの環境情報をアプリで把握し、植物の状態を教えてくれるんです!
planty専用のアプリ上で、植物に名前を付けて、複数人で情報共有する事もできます。

「植物を愛でる心」は、IoTを通しても変わらず、またその概念自体も時代に沿う形で変わっていくものかもしれません。

今まで通り、植物が好きな方も、今まで植物を育てるのに自身が無かった方も、この機会に「未来の植木鉢」はいかがでしょうか。

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:向後]

Posted by co-lab Staff | 15:15 | Trackback (0)


Think the Earth ✕ co-lab代官山 特別企画イベントレポート

先日の2月18日と3月2日にco-lab代官山が入るSodaCCoの1階に併設されたイベントスペースSodaCCoSTUDIOで、Think the Earth ✕ co-lab代官山 特別企画「代官山から東北復興・防災を考える3週間」が開催されました。

Think the Earthの記事はこちらから(第1回)
http://www.thinktheearth.net/jp/staffBlog/2016/02/post-358.html

nosigner

第1回の2月18日は、「東日本大震災に学べ! 東京防災の知恵を実践しよう」という事で、「東京防災BOOK」共同編集長のNOSIGNERの太刀川さんをお招きしました。

参加者は、危機管理アドバイザーやデザイナーなど様々な業種の方や、東日本大震災時に千葉で被災された方など、多種多様なバックボーンを持った方々。「防災」という躊躇してしまいがちな名称ですが、震災での経験を交え、災害を防止する為にある「防災」を改めて考えるワークショップとなりました。

RCF

第2回の3月2日は、「東北復興の今を知る 釜石から学ぶ復興」という事で、UBSコミュニティ支援プロジェクトマネージャーとして釜石を拠点に活動している、一般社団法人RCFの山口里美さんをお招きしました。

Think the Earthの記事はこちらから(第2回)
http://www.thinktheearth.net/jp/staffBlog/2016/03/post-359.html

”「建物などハードさえ復興すれば、人は交わります。ただ、ハードだけでは復興にはなりません。復旧=復興に近いですが、何よりも大切なのは、復興プロセスに積極的に参加した人が多いほど、復興したと思えるんです」”

という山口さんの言葉は、「防災」を考える上で、私達が日々生活している東京にも当てはまり、決して他人事ではありません。「東京側で、いま個人または企業として何が出来るか。」というグループセッションでは、さまざまな意見やアイデアが生まれ、そこから出てきたアイデアは、1人の個人として、明日からでも行える事ばかりでした。

全2回のイベントを通して、震災から5年、改めて、東京で震災の事を考える事が、現在の東北の「復興」にも繋がり、また、東京で震災が起きた場合の「防災」に繋がる事に気付かされたイベントとなりました。

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:向後]

Posted by co-lab Staff | 10:06 | Trackback (0)


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 10