二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

Report|『シネマベリ二子玉川 #2 』が開催されました!

co-lab二子玉川メンバーの田口慶子さんが発起人の、ドキュメンタリー映画上映会『シネマベリ二子玉川』の第2回目が開催されました!

大好評だった6月開催の1回目を終え、口コミが広がり、今回もリピーターさんから初来場の方まで、たくさんのお客様にお越しいただきました。

———————————————————————————————
シネマベリ二子玉川とは・・・?
———————————————————————————————
 世界の真実を映し出すシネマ
 鑑賞後、ひとりひとりが感じたことや気づいたことを
 気軽なおしゃべりで共有
 そんな新しいかたちの映画会が二子玉川でスタート
 シネマ+おしゃべり。その名も「シネマベリ二子玉川」
 不定期にさまざまなテーマのドキュメンタリー映画を
 上映しています
———————————————————————————————
  主催/シネマベリ二子玉川実行委員会
  共催/カタリストBA
  サイト/Facebookページ
———————————————————————————————

第2回の上映シネマは
「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」

ファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリーとして、世界中で話題になった作品です。

 原題 THE TRUE COST
 製作年 2015
 製作国 アメリカ
 時間 93分

当日はあいにくの雨でしたが、作品の期待値が高かった影響か、開場時刻からぞくぞくと来場者のみなさんが訪れてくださいました。

そして、上映後にはシネマベリの魅力のひとつ、”シネマをみてからのおしゃべりタイム” のスタート!

今回は、多くの来場者がよりたくさん”おしゃべり”の機会を得られるように、任意の2グループに分かれての ”おしゃべりタイム” を実施してみました。

参加者のみなさんは、輪になって顔を見合わせながら、まずは自己紹介。

映画をみて気になったことや、時代背景についての言及、途上国と先進国が置かれている状況のギャップなど、様々な意見が飛び出し、リラックスしたおしゃべりが最後はすこし白熱したトークセッションのような時間になっていきました。

「裏側でのできごとなど、とても知らないことが多くて、よい気づきになった」
「システムに限界がきていることに気がついている人も多いのでは?」
「この映画のようなアパレル業界が嫌で辞めたので、自分の過去を思い返した」
「消費しないと回っていかない業界であるのも事実ではないか?」
「生産と消費のバランスがとれればよいのでは」
「洋服だけでなく、食物などでも同様のことが起きている。過剰消費の先進国と途上国の関係性において、沢山抱えている問題だと思う」

などなど、自分の過去や今置かれている立場、思考と重ね合わせながら、多様な意見が飛び交う濃密な時間となりました。
また、この『シネマベリ』をきっかけにして、カタリストBA/co-labのことを初めて知る人もいらっしゃり、参加したco-labメンバーと、お喋りを通じて交流が生まれていることも、この“おしゃべりタイム”の場ならではの光景でしょうか。

—————————————————————————

シネマベリ二子玉川の次回開催は12月を予定しています!

来場者からの投票によって次回のドキュメンタリー作品も決定し、まもなく『シネマベリ二子玉川』のページで発表です!
楽しみにお待ち下さい。

みなさんのご来場もお待ちしております!!

[コミュニティ・ファシリテーター 鳥井/大園]

Posted by co-lab Staff | 15:17 | Trackback (0)
Keywords: イベント, シネマ, 映画

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/futako/news_futako/23313/trackback