二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

co-lab二子玉川 オープニングイベント 開催レポート

8月4日に開催されたco-lab二子玉川のオープニングイベントは、シンポジウム、パーティともに大変多くの方にご参加いただきました。

co-lab二子玉川オープニング

第1部のシンポジウムでは「デザイン × コミュニティ」をテーマに4名のゲストを迎えてのシンポジウムを開催しました。
それぞれ違った分野で活躍されている方ばかりで、自身の活動事例と独自視点をもって、大変興味深いプレゼンテーションとなりました。
会場は120名の方でいっぱいとなり、熱気に包まれた2時間半はあっという間に過ぎていきました。

シンポジウム
満員御礼!

松田朋春氏
松田朋春氏
「隣人のデザイン」と題して、ご自身の手がけたプロジェクトの紹介をしながら、プロジェクトをいかに生成し継続するかというお話。大変興味深いです。

野村恭彦氏
野村恭彦氏
会場を巻き込んでのプレゼンテーションで一気に活性化されました。世界の事例とともにフューチャーセンターの本質を語りながら、問題解決へのクリエイティブで有効なアプローチを紹介。

TORi
TORi (当日のお料理について詳細はこちら)
フードお願いしたTORiさんがセッティング中。目の前に広がる多摩川を連想させる演出が目を見張ります。

磯村歩氏
磯村歩氏
的確かつ端正なプレゼンテーションで、デンマークの多世代共生コミュニティの紹介、そしてデザインを通したco-lab二子玉川というコミュニティの可能性について語っていただきました。

トニー・バシガラッポ氏と市川裕康氏
トニー・バシガラッポ氏と市川裕康氏
ニューヨークのコワーキングスペース・ニューワークシティの紹介を通じて、コミュニティ形成とコワークがこれまでにない広がりと可能性を見せ始めている状況が、世界で同時的に起きていることを紹介。

トニー・バシガラッポ氏と田中陽明氏
co-lab代表 田中陽明氏が会場からの質問に答えます。

パーティ
シンポジウムの後はガラリと雰囲気を変えてのオープニングパーティ。
皆さんおいしいフードに手が伸びます。

VJ カトウカズヤ氏
カトウカズヤ氏(西麻布メンバー)による幻想的なVJ。結構大掛かりです。
DJは安永哲郎氏と落合守征氏(千駄ヶ谷メンバー)。

クワクボリョウタ氏
そしてクワクボリョウタ氏(三番町メンバー)の作品「10番目の感傷(点・線・面)」の二子玉川バージョンが公開されました。
安永氏の音楽と相まって、円形の壁にはすばらしい光景が繰り広げられました。
会場から驚きの声が上がります。

co-lab二子玉川 パーティ
co-lab二子玉川/カタリストBAはじまって以来の幻想的でリラックスしたパーティとなりました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました!

[co-lab二子玉川/ナカヤス]

Posted by co-lab Staff | 15:58 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, News, Party, アート, イベント, オープニング, パーティ, 映像・マルチメディア

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/futako/news_futako/3726/trackback