二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

三谷宏治さんの最新刊が出版されました 其の二

三谷宏治『一瞬で大切なことを伝える技術』

9月から間をおかずに、co-lab二子玉川のメンバー・三谷宏治さんの最新刊『一瞬で大切なことを伝える技術』が出版されます。(出版ラッシュです!)

発刊は11月9日ですが、東京近辺の何店かでは先行販売されているようです。
(丸善本店、有隣堂AKIBA店、文教堂 二子玉川ライズ店とか)
お急ぎの方はそちらへ!

また初版本には「無料セミナー」を受講できる特典が付いています。
是非、ご入手のうえKITのHPからお申し込みください。
K.I.T.虎ノ門大学院

以下、三谷さんからのご紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは、三谷です。
このたび、かんき出版より『一瞬で大切なことを伝える技術』という本を上梓します。
是非、ご一読いただければと思いご案内させていただきます。

2010年4月からの1年半、私にとって未曾有の出版ラッシュでした。 『ハカる考動学』に始まって、 『特別講義 コンサルタントの整理術』 『お手伝い至上主義でいこう!』 『ルークの冒険 〜カタチのフシギ』 『ペンギン、カフェをつくる』と。
そしてこの『一瞬で大切なことを伝える技術』は、これまで執筆してきたビジネスパーソン向けの集大成的作品でもあります。
もうしばらくは、書きません(書けません?)(笑)

コンサルティングの現場や社会人大学院の場で多くの社会人と接する中で、いつも強く感じていたのは「すれちがい」です。思っていることをきちんと伝えられない、相手の意図を読み取れない、そして、かみ合った議論ができない。その非効率さを何とかしたいと思って創ったのが『重要思考』という考え方・伝え方でした。

・ダイジじゃなければどうでもいいのだ
・DMUにとってダイジなところで継続的な差があるか

そんなフレーズとともに、KIT、グロービス、早稲田などのビジネススクールで、そしてさまざまな企業人研修の場で、もしくは親や子ども・教員たち向けの授業の中で、『重要思考』を用いた超シンプルなロジカル思考による議論の技を、伝えてきたつもりです。

その内容を一冊にまとめたのが、この『一瞬で大切なことを伝える技術』です。
違う者同士の、かみ合う議論をファシリテートする力がなくては、これからの世界を生きてはいけません。
この本が、未来を生きる若き世代たちの道しるべの一つになれば、と思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

三谷宏治
1964年大阪生れ、福井で育つ。永平寺町立吉野小学校、松岡中学校、藤島高校、駿台予備校を経て東京大学理科Ⅰ類へ。同 理学部物理学科卒業後、ボストン コンサルティング グループ(BCG)、アクセンチュアで19年半、経営コンサルタントとして働く。92年 INSEAD MBA修了。2003年から06年 アクセンチュア 戦略グループ統括 エグゼクティブ・パートナー。2006年からは特に子どもたちを対象にした教育活動に専念。現在は大学教授、著述家、講義・講演者として全国をとびまわる。妻、3人娘と東京・世田谷区在住。K.I.T.虎ノ門大学院 主任教授、早稲田大学ビジネススクール 客員教授、グロービス経営大学院 客員教授。NPO法人 教育改革2020 理事、放課後NPO アフタースクール 理事。永平寺ふるさと大使。

[co-lab二子玉川主任/ナカヤス]

Posted by co-lab Staff | 13:02 | Trackback (0)
Keywords: Event Info, News, 出版

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/futako/news_futako/4250/trackback