二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

セグウェイ試乗会開催|パーソナルモビリティの普及活動をする「スマートモビリティ」主催

QUOMO

co-lab二子玉川のあるカタリストBAは、クリエイティブ・シティ・コンソーシアムの活動拠点でもあります。
その中で「スマートモビリティ」というワーキンググルーブが発足し、『QUOMO』(クオモ)という名前のコミュニティで、次世代パーソナルモビリティ(小型移動機器を使った移動)に関する普及や開発などを行っています。
co-lab二子玉川のメンバーで『gp1』というパーソナルモビリティのコンセプトモデルを発表されているグラディエ・磯村歩氏も、このワーキンググループの中心メンバーとして活動されています。

その活動の一環として、二子玉川ライズのガレリア広場ではセグウェイの試乗会が開催されました。
すこし肌寒い天気でしたが、多くの方が興味をもって参加されました。みなさんはじめての移動体験に最初はかたい表情でしたが、すぐにコツを掴んで、楽しみながらの試乗となったようです。

セグウェイは歩行の出来る人であればだれでもすぐに乗ることができるそうです。道路交通法上まだ公道を走ることが出来ないため、現在は区切られた敷地内での試乗会ですが、ワーキンググループでは公共の場での実証実験も視野にいれながら、環境の整備も含めて活動していくようです。

ちなみに『QUOMO』の美しいロゴデザインは、co-lab二子玉川メンバーのhiwayの高橋豊史さんによるものです。

co-lab二子玉川主任/ナカヤス

Posted by co-lab Staff | 18:27 | Trackback (0)
Keywords: 二子玉川

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/futako/news_futako/8861/trackback