二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

Archives
Keywords

Report|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!第3回〜デザインとビジネスのブリッジ構造 編〜

今年1月に第2回目を開催した「『ソーシャルデザイン論』の授業をやってみた!」シリーズの、第3回目(最終回)が3月30日に行われました。
これは、co-lab二子玉川メンバー、株式会社cocoroéの田中美帆さんが多摩美術大学での「ソーシャルデザイン論」の授業を受け持った中での様々な気づきについて語るシリーズイベントです。
第1回イベントレポート)(第2回イベントレポート

最終回となる今回は「〜デザインとビジネスのブリッジ構造 編〜」というサブタイトルのもと、ゲストスピーカー3名をお招きしソーシャルデザインが成り立つ理由(わけ)を徹底研究しました!

最終回ということもあっていつも以上に賑わいを見せた会場でイベント開始!
はじめにイベントの主催者であるcocoroé田中さんからイベント最終回のオープニングトークと、ソーシャルデザインが成り立つ3要素「みんなのためのデザイン/みんなでつくるデザイン/つづいて行くデザイン」についての簡単なご説明をいただきました。


オープニングトークをする株式会社cocoroé 田中美帆さん

ーーー

そしていよいよゲストの登場!
ゲストスピーカーの1人目は、株式会社フェリシモの児島永作さんにご登壇いただきました。
児島さんはフェリシモ入社後、生活雑貨の商品企画や事業開発に取り組まれてきたそうです。

そして2011年の東日本大震災以降は「花咲かお母さんプロジェクト」として、東北各地での商品開発やプロジェクトに取り組まれているという児島さん。実例を交えた東北支援プロジェクトのご紹介には、ビジネスモデルの成功例として会場内での注目度も高く、来場者の方々が真剣に聞き入る姿が見られました。

最近は東北を舞台とした様々な企画の立ち上げだけでなく、企画・開発のノウハウを実際に東北を拠点としている事業者の方々に対して教授していくという新事業「Startline」がはじまったそうです。
ご自身も仙台に住居を移し、東北からスター商品を発信するためのプラットフォーム作りや、東北在住の事業者による運営のアドバイザーとして、お仕事がスタートしたばかりということでした。
児島さんのお話を聞いていると、都市部からのトップダウンだけではなくローカルの事業者の方々が相互につながり商品が生まれていくことが、これからのスタンダードになっていくという未来図の様なものを想像できるようでした。

ーーー

2人目のゲストスピーカーは、co-lab二子玉川のメンバーでもある株式会社グラディエの磯村歩さんが登場。まずはじめにご自身がソーシャルデザインに向き合うきっかけになった、ユーザビリティという分野での実体験のご紹介をしてくださいました。

現在、「futacolab(フタコラボ)」というソーシャルギフト事業を東京都世田谷区の福祉作業所を中心としたメンバーで事業展開している磯村さん。非常に印象的だったのは、ビジネスについて考えた時に、磯村さんが常にwin-winの関係をキーワードにしているということでした。

それは、健常者とハンディキャップを持った方々によるコラボレーションがクリエイティブなプロダクトや新しい考え方を生み出すといったご自身の経験からきているそうです。そのwin-winの関係を、世田谷区という地域の福祉作業所が生産し地域のパティシエやデザイナーが関わっていくというビジネスにもあてはめていったことで、futacolabというブランドの魅力が確立されていったそうです。こうした社会性・地域性に加え、カスタマイズ性のあるお洒落な商品デザインがあるのもfutacolabならでは!相乗効果によって生み出されたブランド力は他社との競争性も持っており、サスティナブルなソーシャルビジネスの実例をご紹介いただきました。

ーーー

休憩をはさみイベントも後半のここからは少し趣向を変え、ソーシャルデザインをテーマにcocoroé田中さんと、昨年秋にco-lab二子玉川に入居されたbiotope株式会社の佐宗邦威さんによるトークセッションが行われました。

「いまなぜ、ソーシャルデザインに注目が集まっているのか?」という疑問をテーマに、佐宗さんからは「デザイン思考=誰でもクリエイティブになれるという現代の流れがあるのかもしれない」というお話がありました。現代を生きる我々が、働く意義を考えた時に単にお金に結びつくだけでなく個人のモチベーションにつながるような新たな価値をビジネスへ見出す人が増えているという佐宗さんからのお話に、今回のイベントに来場者された方々も深く共感されているようでした。

盛り上がりを見せたこのトークセッションには、フェリシモ児島さんとグラディエ磯村さんのゲストスピーカー2名も途中で飛び入り参加!
4名それぞれがソーシャルデザインという取り組み方に至ったきっかけについて語ると共に、ビジネスとして利益をあげながらソーシャルデザインを実践するという両立こそが、本当の意味で現代に必要なデザイン力かもしれないというトークが熱く繰り広げられました。

毎回大きな盛り上がりを見せ、今回で最終回を迎えたソーシャルイベント論のシリーズイベント総まとめとして、最後に主催のcocoroé田中さんから「ソーシャルデザインというキーワードが今まさに世の中の注目をあびている」という実感のお話がありました。それと同時に、現代を生きる私たちが様々なかたちでソーシャルデザインを実践していった今後、はじめてソーシャルデザインとは何かの定義されることなのかもしれないという期待も残しながら、イベントは終了。

実際にビジネスの場でソーシャルデザインを実践している方々からリアルな実例を聞くことで、デザインにおけるフィールドの多様性やこれからの社会で求められるデザインの現在(いま)を探るとても貴重なイベントとなりました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

[コミュニティ・ファシリテーター:鳥井]

Posted by co-lab Staff | 11:02 | Trackback (0)
Keywords: member info ソーシャルデザイン, イベントレポート, 二子玉川


開催情報|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!3(最終回)

co-lab二子玉川メンバーの田中美帆さん、田口慶子さんによるイベントのシリーズ最終回です。

今回はゲストスピーカーもお迎えしての会となるようです。当日は二子玉川発のクラフトビール「FuTAKO ALE」もお楽しみいただけます。
ぜひみなさまご参加ください!

ーーーーーーーーーー
お申込みはこちらから→
ソーシャルデザイン論の授業をやってみた3
デザインとビジネスのブリッジ構造

—————————————————————————
場所:CatalystBA二子玉川
日にち:2016年3月30日(水)
開場:18:00〜
スタート時間:18:30 〜(休憩あり)
参加料:500円(ドリンク付)
定員:50名
—————————————————————————
第3回目(最終回)となる「ソーシャルデザイン論の授業をやってみた」イベントは、ゲストスピーカー3名をお招きし、ソーシャルデザインが成り立つ理由(わけ)を徹底研究!

企業の東北支援プロジェクト事例と、福祉作業所とのコラボでギフト商品を展開するローカル事例を、実践者から直接ご紹介頂き「デザインとビジネスのブリッジ構造」を大公開します!ソーシャルデザインのいまを探る、50名限定の貴重なイベントとなりますので、是非ご参加ください。
—————————————————————————
TALK1:フェリシモ「花咲か母さんプロジェクト」
http://www.felissimo.co.jp/contents/hanasaka/
児島 永作 氏
株式会社フェリシモ 東北事業開発室 グループリーダー
1999年フェリシモ入社。生活雑貨の商品企画や発注業務を経験した後、「新・調達システム開発プロジェクト」を提案。取引先や国内外の生産工場も含めた改善活動に取り組み、在庫の過不足問題で成果をあげる。2011年の東日本大震災以降は東北各地での商品開発やプロジェクトに取り組みながら、東北IPPOプロジェクト(東北を元気にする女性のための起業支援(助成金制度)の審査員、事業アドバイザー
も務め、この2016年3月に新事業「Startline」を
スタートさせる。
—————————————————————————
TALK2:ソーシャルギフト「futacolab」
http://www.futacolab.jp/
磯村 歩 氏
株式会社グラディエ 代表取締役
桑沢デザイン研究所非常勤講師 金沢美術工芸大学非常勤講師
富士フイルム在籍時、ユーザビリティデザイングループ長としてデザインプロセスの改革、デザイン部門の戦略立案に取組む。退職後デンマークに渡り、ソーシャルインクルージョンにおける先駆的な取り組みを学ぶ。帰国後、株式会社グラディエを創業し、福祉と社会をつなぐソーシャルギフト事業「futacolab(フタコラボ)」(平成26, 27年度 世田谷まちづくりファンド採択、平成27年度 世田谷区産業表彰 受賞)を立ち上げ現在に至る。
著書:ユニバーサルプレゼンテーション「感じるプレゼン」(UDジャパン)
—————————————————————————
TALK3:デザイン思考でソーシャルデザインを解説
佐宗 邦威 氏 (http://biotope.ne.jp/
biotope 株式会社 代表取締役
チーフイノベーションプロデューサー
イリノイ工科大学デザイン学科修士課程(Master of Design Methods)修了。 東京大学法学部卒業後、P&G入社。ファブリーズ、レノアを手がけ、ジレットのブランドマネージャーをつとめた。 (株)ヒューマンバリューを経て、ソニー(株)デザインセンターにて全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに関わった後、独立。 技術シーズの新規事業化や新規事業立ち上げなど共創型イノベーションプロジェクトのファシリテーション、プロデュースを得意としている。
著書:21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由
—————————————————————————

co-lab二子玉川にてお待ちしております!

Posted by co-lab Staff | 14:30 | Trackback (0)


子育てと仕事を両立できる優しさ|シェアオフィス・ワークスタイル(cocoroé田中美帆さん)

co-lab二子玉川メンバー
cocoroé
田中美帆さん
Miho Tanaka

デザイン&コミュニケーション・コンサルタント/多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒、Royal College of Art(RCA)修士号修得。有限会社threewhiteアートディレクターを経て、2009年、株式会社cocoroé設立。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員。

はじめに

二子玉川メンバー・cocoroéの田中美帆さんがco-labに入ったのは2012年。前年の震災、そして二人目の出産を機に職住近接を希望して、co-lab二子玉川にオフィスを移しました。実際、仕事も暮らしもポジティブに変化していったと言います。

その変化には、シェアオフィスらしい利点も含まれていました。

インタビュー:新井優佑(WEB PR)

女性のためのデザイン

これまで「デザイン×女性」「デザイン×子育て」といったクライアントの要望に応えてきたcocoroé田中さん。小児医療機関の国立成育医療研究センターから、主婦層に人気のリユースショップ・セカンドストリートまで、幅広いクライアントから仕事を依頼されてきました。

そんな異なる世代の女性にまつわる仕事を引き受ける中、男性よりも如実にライフステージが変わる女性向けのデザインをする上で、田中さんが大事にしてきたことはヒアリングでした。

「本当に求められていることは何か、問題の本質を見つけるため、打ち合わせからとことんインタビューをしてきました。国立成育医療研究センターでは、小児がんを抱えた家族のための情報サイトをディレクションさせていただきましたが、その際も、クライアントのお医者様はもちろん、小児がんのお子さんを育てるお母様にも話を聞きました」

きっと重たい空気のインタビューになったはずですが、「気持ちを理解しないと、小児がんと闘う子供達とご家族のためになるデザインにならないから」真摯に向き合った様子。


デザイン例:国立生育医療センター

そんな田中さんにとって、co-lab二子玉川に移ったことで、仕事上のコミュニケーションを円滑にするきっかけが得られたと言います。

「クライアントが田園調布線の沿線に多いため、外出先からの帰社時に寄って打ち合わせしてくださるようになりました。今までよりももっと親密なコミュニケーションを取るきっかけになりました」

職住近接で二児の母と経営者を両立

以前はビルの一室を借りて働いていたため、クリエイター以外の働き方を知る機会が少なく、スタッフの将来性を担保しにくかったと話す田中さん。co-lab二子玉川には、プロデュース業や士業に関わるメンバーも多く、その働き方を見せることが、スタッフ教育にもなっていると言います。

「デザイン業界だけしか知らないと、お客様の生きている社会を想像できないかもしれません。私たちの発想も、デザイナーという枠の中に凝り固まってしまう気もしています。今、一緒に働いているスタッフは23歳なのですが、ここで若いうちから多様な働き方、生き方を知ることが良いスタッフ教育になると思っています」

cocoroéは常時2〜3名のスモールチーム。だからこそ、他のクリエイターと協働できるメリットを活かしながら、co-lab二子玉川をうまく利用して、中企業にも似た職場環境の恩恵も得ています。

また、cocoroéの皆さんは二子玉川の徒歩圏に住まいがあるそうで、職住近接の働き方、生き方も堪能しているようです。例えば、田中さんの場合は。

「co-lab二子玉川は二子玉川ライズオフィスに入っているので、地下に東急フードショーや玉川高島屋にも接続していますし、近くに保育園もあります。娘が二人いるのですが、小学生の長女が授業後にco-labに寄って、一緒に買い物をし、保育園に預けている次女を迎えて帰るような毎日を過ごしています。co-lab二子玉川は、子育てをしながら会社経営を続けるのに適した環境でもありますよね」

おわりに

cocoroéの代表として働き、二児の母でもある田中さんは、多摩美術大学の講師も務める多彩な女性です。2015年は「ソーシャルデザイン」の授業を受け持ち、その経験を糧にco-lab二子玉川が併設するスペース「CATALYST BA」でも一般向けイベント『田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!』を開催しました。今後は後進の育成にも目を向けています。

「ジャンルを超えて、デザイナーがあらゆるものにデザイン的アプローチで何かを生み出すことができないか。その方法を若い子たちに教えたいと思っています。また、国内外でもデザイン教育は発想の部分から異なるので、RCAにいた経験を活かして伝えていきたいですね」

そう話す田中さんの目は、女性らしく、ママらしい、優しい眼差しでした。

【入会案内】ワークスペースとしてco-labを使ってみませんか?

Posted by co-lab Master | 09:17 | Trackback (0)
Keywords: interview


co-lab二子玉川、メンバープレゼン会開催しました!

現在定員調整をしながら新規メンバーを受け入れているco-lab二子玉川では久々のプレゼン会となりました。
普段のお仕事や、co-labで実現したいことなどをプレゼンテーションいただく会です。ジュースやお酒を飲みながら、気軽にご参加いただけます。

プレゼン会に入る前に、co-labメンバーさんにご協力いただきリニューアル中のCATALYST BA/co-lab二子玉川の紹介をしました。

『○ごとイノベーション』、この場所を取り巻くさまざまな活動と、象徴的な円形スタジオもイメージさせる素敵なコピーとグラフィックで、エントランスにポスターを制作しました!
印刷は、co-lab墨田亀沢を運営している株式会社サンコーさんにお願いしました!

デザインを担当くださったのは、cocoroéさん、コピーはナカジマ製作所の中島佳人さんです。

もうひとつ、Primitive Fai の豊田さんには、iPadのアプリ制作にご協力いただきました。メンバーの情報や、スタジオ利用スケジュールなどを随時iPadを操作してご覧いただけるようになりました。

プレゼン会トップバッターは、エントランスポスターにも携わってくださった、中島佳人さん。

今までのお仕事の中でも、くすっと笑ってしまうようなひねりのあるコピーをご紹介いただきました。

お2人目は合同会社橘の橘たかさん。

橘さんは二子玉川商店街の理事もされていて、街の方々と多くのプロジェクトを進めていらっしゃいます。

続いて、ネットマーケティングがご専門の岡弘和人さん。
お仕事内容やご著書の紹介のほか、ご自身のプライベートな活動もお話いただきました。
二子玉川周辺にお住まいの方が多いので、こういった交流会でつながりを発見されている方々がいらっしゃるのが面白いことだなあと思っています。

4人目はSC&パートナーズの西山貴仁さん。

ショッピングセンターのコンセプトメイキングやマネジメントをされてきた西山さんの最近の活動をご紹介いただきました。ショッピングセンターは今や全国に3,000以上もあるそうです!

最後にbiotopeの佐宗邦威さんです。

ビジネスとクリエイティブ、イノベーションについてのお考え、聞いている方々とも共通の思いだったのではないでしょうか。

co-lab二子玉川は平日日中のご利用の他、夜間や休日を主に利用される方々もいらっしゃるので、普段あまり一緒にならない方々とも交流できる会となりました。

今年もあっという間に2月になってしまいましたが、みなさま今年もよろしくお願いいたします。

[コミュニティ・ファシリテーター:名倉]

Posted by co-lab Staff | 14:16 | Trackback (0)
Keywords: イベントレポート


Report|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!第2回〜ニッポンの夜明けぜよ編〜

昨年11月に開催した「『ソーシャルデザイン論』の授業をやってみた!」の第2回が1月20日に行われました。
これは、co-lab二子玉川メンバー、株式会社cocoroéの田中美帆さんが多摩美術大学での「ソーシャルデザイン論」の授業を受け持った中での様々な気づきについて語るイベントです。
(前回のレポートはこちらから)

第2回となる今回は「〜ニッポンの夜明けぜよ編〜」と銘打ち、ソーシャルデザインが日本でどのように始まり、根付き、花開いているのかを探る内容となりました。




今回も参考資料や、特別ゲストの羽塚順子さんに持参いただいた作品などが展示され、ワンドリンク制のゆるやかな雰囲気の中、いよいよ開始。
(ドリンクとして用意されたのは、二子玉川発ソーシャルドリンク「フタコエール」!)


株式会社cocoroé 田中美帆さん


聞き手は、co-lab二子玉川メンバー 田口慶子さん(写真 左)

前回は「ソーシャルデザインとは?」という大命題について、広い視点で考える会となりましたが、今回は参加者の方からの要望なども参考にし、日本でのソーシャルデザインに特化した内容となりました。たくさんの事例のご紹介とともに、田中さんの目線を通した日本独自のソーシャルデザインの始まり、現在、これからについて語っていただきました。


今回は少人数ということもあり、一方通行なトークショーではなく、参加者みんなで意見を交換しながら考えます。


また、特別ゲスト 羽塚順子さん(写真左手のマイクをもった方が羽塚さん)からもコメントを頂戴しました。
羽塚さんが手がけられた商品もご紹介いただき、ソーシャルデザインを実践されている第一人者の生の声を聞ける貴重な時間も。


会場には参加者のお一人として、障害福祉マガジン「STIR(ステア)」の編集部の方にもご参加いただき、雑誌のご紹介とともに福祉とビジネスの両立についてもお話してくださいました。

参加者の方も含め、質問やお互いの意見を交わすことにより、日本でのソーシャルデザインについて深く考えるよいきっかけとなれたはずです。
今後ソーシャルデザインがより理解され、根付くには一般生活者である私たちが日常の中でも当たり前のように実践し、それを継続することが求められれている、と改めて認識した夜となりました。

第3回の開催も予定されていますので、次回も是非お楽しみに!

[コミュニティ・ファシリテーター:佐中]

Posted by co-lab Staff | 16:24 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, イベントレポート


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 27