二子玉川 News
Locations / FUTAKO-TAMAGAWA / FUTAKO-TAMAGAWA News

Archives
Keywords

co-lab二子玉川、メンバープレゼン会開催しました!

現在定員調整をしながら新規メンバーを受け入れているco-lab二子玉川では久々のプレゼン会となりました。
普段のお仕事や、co-labで実現したいことなどをプレゼンテーションいただく会です。ジュースやお酒を飲みながら、気軽にご参加いただけます。

プレゼン会に入る前に、co-labメンバーさんにご協力いただきリニューアル中のCATALYST BA/co-lab二子玉川の紹介をしました。

『○ごとイノベーション』、この場所を取り巻くさまざまな活動と、象徴的な円形スタジオもイメージさせる素敵なコピーとグラフィックで、エントランスにポスターを制作しました!
印刷は、co-lab墨田亀沢を運営している株式会社サンコーさんにお願いしました!

デザインを担当くださったのは、cocoroéさん、コピーはナカジマ製作所の中島佳人さんです。

もうひとつ、Primitive Fai の豊田さんには、iPadのアプリ制作にご協力いただきました。メンバーの情報や、スタジオ利用スケジュールなどを随時iPadを操作してご覧いただけるようになりました。

プレゼン会トップバッターは、エントランスポスターにも携わってくださった、中島佳人さん。

今までのお仕事の中でも、くすっと笑ってしまうようなひねりのあるコピーをご紹介いただきました。

お2人目は合同会社橘の橘たかさん。

橘さんは二子玉川商店街の理事もされていて、街の方々と多くのプロジェクトを進めていらっしゃいます。

続いて、ネットマーケティングがご専門の岡弘和人さん。
お仕事内容やご著書の紹介のほか、ご自身のプライベートな活動もお話いただきました。
二子玉川周辺にお住まいの方が多いので、こういった交流会でつながりを発見されている方々がいらっしゃるのが面白いことだなあと思っています。

4人目はSC&パートナーズの西山貴仁さん。

ショッピングセンターのコンセプトメイキングやマネジメントをされてきた西山さんの最近の活動をご紹介いただきました。ショッピングセンターは今や全国に3,000以上もあるそうです!

最後にbiotopeの佐宗邦威さんです。

ビジネスとクリエイティブ、イノベーションについてのお考え、聞いている方々とも共通の思いだったのではないでしょうか。

co-lab二子玉川は平日日中のご利用の他、夜間や休日を主に利用される方々もいらっしゃるので、普段あまり一緒にならない方々とも交流できる会となりました。

今年もあっという間に2月になってしまいましたが、みなさま今年もよろしくお願いいたします。

[コミュニティ・ファシリテーター:名倉]

Posted by co-lab Staff | 14:16 | Trackback (0)
Keywords: イベントレポート


Report|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!第2回〜ニッポンの夜明けぜよ編〜

昨年11月に開催した「『ソーシャルデザイン論』の授業をやってみた!」の第2回が1月20日に行われました。
これは、co-lab二子玉川メンバー、株式会社cocoroéの田中美帆さんが多摩美術大学での「ソーシャルデザイン論」の授業を受け持った中での様々な気づきについて語るイベントです。
(前回のレポートはこちらから)

第2回となる今回は「〜ニッポンの夜明けぜよ編〜」と銘打ち、ソーシャルデザインが日本でどのように始まり、根付き、花開いているのかを探る内容となりました。




今回も参考資料や、特別ゲストの羽塚順子さんに持参いただいた作品などが展示され、ワンドリンク制のゆるやかな雰囲気の中、いよいよ開始。
(ドリンクとして用意されたのは、二子玉川発ソーシャルドリンク「フタコエール」!)


株式会社cocoroé 田中美帆さん


聞き手は、co-lab二子玉川メンバー 田口慶子さん(写真 左)

前回は「ソーシャルデザインとは?」という大命題について、広い視点で考える会となりましたが、今回は参加者の方からの要望なども参考にし、日本でのソーシャルデザインに特化した内容となりました。たくさんの事例のご紹介とともに、田中さんの目線を通した日本独自のソーシャルデザインの始まり、現在、これからについて語っていただきました。


今回は少人数ということもあり、一方通行なトークショーではなく、参加者みんなで意見を交換しながら考えます。


また、特別ゲスト 羽塚順子さん(写真左手のマイクをもった方が羽塚さん)からもコメントを頂戴しました。
羽塚さんが手がけられた商品もご紹介いただき、ソーシャルデザインを実践されている第一人者の生の声を聞ける貴重な時間も。


会場には参加者のお一人として、障害福祉マガジン「STIR(ステア)」の編集部の方にもご参加いただき、雑誌のご紹介とともに福祉とビジネスの両立についてもお話してくださいました。

参加者の方も含め、質問やお互いの意見を交わすことにより、日本でのソーシャルデザインについて深く考えるよいきっかけとなれたはずです。
今後ソーシャルデザインがより理解され、根付くには一般生活者である私たちが日常の中でも当たり前のように実践し、それを継続することが求められれている、と改めて認識した夜となりました。

第3回の開催も予定されていますので、次回も是非お楽しみに!

[コミュニティ・ファシリテーター:佐中]

Posted by co-lab Staff | 16:24 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, イベントレポート


Report|高あみ・冬休み親子ワークショップ「小さな美術室〜冬〜」

co-lab二子玉川メンバーであるユカリアートさんが、二回目のワークショップをCATALYST BAにて行いました。ユカリアートに所属する高あみさんが講師となり、「小さな美術室」と題した親子ワークショップです。
前回の大好評に引き続き、今回も満員御礼、親子9組の少人数制でのアートワークショップとなりました。


まずはご挨拶(写真中央が講師の高さん)。

そして新聞紙を色々なかたちにちぎって、投げて、準備運動。子どもたちの緊張もほぐれ、笑顔と元気な声が溢れます。

ひとつめのワークショップは「折染め」。和紙の折り方や絵の具の染みこませ方で、様々な模様が染め上がります。色の選び方や染みこませ方に子どもたちの個性が覗きます。


この「折染め」は後ほどぽち袋になりました。

次は「マティスのような切り絵に挑戦!年賀状を出そう」。往年のアンリ・マティスのように切り絵でかたちを表現。ハガキサイズの用紙に年賀切手もついて、そのまま世界に一枚だけの年賀状になりました。

プログラム最後は「スタンプを手作りしてランチョンマットをつくろう」。みんなが思い思いの図柄に作ったスタンプでランチョマットをデザイン。洗っても落ちない塗料なので、長く作品を生活の中で使えるのも楽しいです。

最後に高さんからのサプライズ(?)プレゼント。

参加者のみんなの似顔絵をライブペイントしてくれました。描いてもらった子供たちもとてもうれしそうで、お母さん、お父さんたちはアーティストの似顔絵に興奮ぎみ!すてきな思い出になったようです。
(冒頭の写真がみんなの似顔絵です)

今回も子供たちの創作への意欲的な眼差しや、親子での共同作業を通したつながりに有意義な気持ちなれるひと時となりました。
ご参加頂いたみなさま、講師の高さん、主催のユカリアートさん、ありがとうございました!

[コミュニティ・ファシリテーター:佐中]

Posted by co-lab Staff | 10:55 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, イベントレポート


Report|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!

co-lab二子玉川メンバー、株式会社cocoroéの田中美帆さんが、講義を受け持つ多摩美術大学で「ソーシャルデザイン論」の授業を始めたのは2015年はじめ。
講義を重ねていくにしたがって出てきた苦労話や沢山の気づきなど、「ソーシャルデザイン」について語っていただく会を、11/11(水)にカタリストBA/co-lab二子玉川で開催しました。

会場では、田中さんが講義の中で参考にした資料や本など、「ソーシャルデザイン」について語られた本が所狭しと並べられました。

お出迎えのドリンクも用意。二子玉川発のソーシャルドリンク「フタコエール」が参加者の皆さんの喉を潤します。 

呑みながらのリラックスした雰囲気の中、会がスタート。聞き手は同じくco-lab二子玉川メンバーの田口慶子さんです。

まずは、多摩美で行なった講義をもとに、ソーシャルデザインの概要についてのお話です。
「公益性」「共同性」「持続性」という3つのキーワードを踏まえながら、海外の多様な事例をソーシャルデザイン的な観点からひも解き、紹介していきます。


田口さんはじめ、参加者の方々からも質問や意見が飛び交います。
デザイナーの方、ソーシャルビジネスを手がけている方など、様々なバックグランドを持った方たちが集まり、議論も大白熱!


その後、講義の実例紹介。学生さんたちが実際に課題として提出したアイデアを、田中さんの解説つきで紹介していただきました。

大盛り上がりのうちにトークは終了、交流会へ。紹介いただいた実例や、参考図書を見ながら、まだまだ話は尽きません。

大盛況のうちに終了となった今回。沢山の方にご参加いただき、「ソーシャルデザイン」への関心の高さを感じさせるような、とてもアクティブな会となりました。
今後もこの企画をアップデートして開催していく予定とのことですので、次回を是非お楽しみに!

[コミュニティ・ファシリテーター:大園]

Posted by co-lab Staff | 15:06 | Trackback (0)


開催情報|田中美帆が「ソーシャルデザイン論」の授業をやってみた!

co-lab二子玉川メンバーの田中美帆さん、田口慶子さんが、CATALYST BAでイベントを開催します。
アートディレクター・デザイナーである田中さんが、多摩美術大学でソーシャルデザインの授業を持ったのをきっかけに、そこに至る苦労話、ソーシャルデザインについて濃密な話を語っていただく会です。
是非ご参加ください!

ーーーーーーーーーー

ソーシャルデザインという言葉が聞かれるようになって久しいが、知っているようで知らない、わかっているようでわからない、今さらもう聞けないよぉ〜とも聞こえてくる。

グラフィックデザイナーで、co-lab二子玉川メンバーである田中美帆が、講師を務める多摩美から突然、ソーシャルデザインの授業依頼を受けたのは2015年初。ここから【ソーシャルデザイン】を猛勉強。知れば知るほど面白く、歴史に触れ、様々な活動を知り、学生たちの問題意識を引き出して見える化する授業は、大盛り上がりでこの9月に無事閉講。

「ぶっちゃけソーシャルデザインってなに?」「なんで今こんなに盛り上がってるの?」「この“ソーシャルデザイン”はモノ・コト・セカイになんか影響あるの?」などの観点から、田中氏のここに至る苦労話や講義を通じての気づきなどを語ってもらいます。
田中美帆(アートディレクター&デザイナー)
株式会社cocoroé
facebook

進行は、同じくco-lab二子玉川メンバーの田口慶子。素朴な疑問も突っ込んだ話も楽しめ、聞きあえる場になるよう努めます。

どうぞお気軽にご参加ください。

開催日 2015年11月11日(水) 18:30-20:00(予定)
場 所 co-lab二子玉川
    世田谷区玉川二丁目21番1号
    二子玉川ライズ・オフィス 8階
会 費 無料

当日は、二子玉川発のクラフトビール「FuTAKO ALE」、ソフトドリンクと軽いおつまみ(ポッキーの日なのでポッキーは必須!?)をご用意してお待ちしています。

Posted by co-lab Staff | 17:46 | Trackback (0)


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 28