co-lab 西麻布について
Locations / NISHI-AZABU / About NISHI-AZABU

2017年2月、「インハウスクリエイターとインデペンデントクリエイターの共創型コワーキングスペースを通して21世紀日本の新しい働き方をつくる」というミッションを果たし、惜しまれつつもクローズしたKREI / co-lab西麻布。

同年5月、本施設は富士フィルムデザインセンターのスタジオとして生まれ変わりました。

名称は「CLAY(クレイ)」。実はこの名称は「KREI(クレイ)」から来ています。
そうした経緯や今後の運営について、富士フィルムデザインセンター長の堀切和久氏がKREI / co-lab西麻布 に触れつつ、お話されております。

AXIS Web Magazine INTERVIEW
富士フィルム デザインセンターの新スタジオ「CLAY」
やりたいことをやる。そのための環境づくり
https://www.axismag.jp/posts/2017/09/80772.html

こうしたインタビュー記事を受け、コクヨ株式会社でKREIを共に立ち上げた木下氏とco-labを企画運営する田中のコメントをお伝えさせていただきます。

「試行錯誤で創り、そして運営してきた自分たちの拠点が、こうした形で継承してもらえたのは、この上ない喜びと自信になりました。」

                     コクヨ株式会社 木下洋二郎

「施設のコンテンツと空間構成の意思が引き継がれていくというのは、建築におけるリノベーションの新しい形になっていく可能性を感じました。」

                    co-lab企画運営代表 田中陽明

co-lab一同、「CRAY」のこれからの展開を楽しみにしております。


<2016年11月末で新規入会の受付を終了しました。>

コンセプト

co-lab西麻布は表参道から坂を下り、少し奥まった隠れ家的立地にあります。
そこはクリエイティブな企みをするための「アジト」といった雰囲気を漂わせ、独自な空間のポテンシャルを発揮してくれる場所です。

10mの吹き抜けエントランス、各フロアーは天井高5m前後の開放的空間になっており、co-lab独自の「長屋システム」でつくられた2階ブースフロア、B1Fには様々なイベントができるスペースが用意され、コラボレーションを盛り上がるための仕掛けと共有スペースが設置されています。
また1Fはコクヨグループ内のインハウスクリエイターが活動するためのワークスペース「コクヨ クリエイティブセンター」があり、co-labのインディペンデントのメンバークリエイターと恊働し、互いに刺激しあう交流の場としても展開しています。

このプロジェクトを「KREI open source studio※1」とし、co-lab西麻布メンバーとコクヨクリエイティブセンターのメンバーとの間で、守秘義務を緩和した契約を結び、情報交換や相互刺激がしやすくコラボレーションが起こり易い環境を用意しています。
そのような環境の中、実際にコクヨグループをはじめ、様々なパートナー企業等からプロジェクトの依頼を受けており、 企画やデザイン提案をしたい希望者には、随時プロジェクトへの参加機会が提供されます。
このようにして、co-lab西麻布は、企業組織型や個人型ではない中間的な領域「集合型」で働くためのプラットフォームとして、クリエイター が創造性を高め、柔軟な思考を働かせるためのスペースとしてメンバーをサポートしていきます。

※1「KREI open source studio」について

コクヨグループにおける製品やソリューションの先端開発、ブランディング、クリエイティブ人材の開発や育成等、創造的活動を行う拠点です。
「KREI」では、コクヨグループのファニチャーやステーショナリー等、複数事業が関わる横断的活動や各事業の創造的活動 (プロジェクト推進、マーケティング活動、研究活動等) を行います。 さらに、デザイナーやアーティスト、建築家等クリエイターらの集合体「co-lab CREATIVE」に所属する会員クリエイターらが、一部フロアに入居して独自の活動も行います。
更にコクヨグループのこれまでにない取り組みとして、co-labメンバーとコクヨグループ社員とが知の交流やプロジェクトの共同推進等をオープンソース形式で相互に関わり合いを持って活動しながら、あわせて、企業の創造的活動の新しいスタイルを模索し、さまざまな形で未来への提言にも挑戦していきます。

KREI : 創造する (エスペラント語)

特 徴

  • コラボレーションを誘発する長屋システム
  • クリエイティブ・ファシリテーション機能
  • クリエイティブ・ディレクション機能
  • co-lab所属クリエイターとコクヨグループとのコラボレーション誘発の場
  • 各種イベント、交流会に最適広々としたサロンスペース
  • 開放的な共有スペース
  • ITインフラの他、高機能の複合機など充実したオフィス設備

施設概要

施設名称

co-lab西麻布

所在地

〒106-0031 東京都港区西麻布2-24-2 KREIビル
B1F(コクヨ + co-lab)・1F(コクヨ)・2F(co-lab)

最寄り駅

東京メトロ 半蔵門線・銀座線・千代田線「表参道」徒歩9分
東京メトロ 千代田線 「乃木坂」徒歩10分
東京メトロ 日比谷線 「広尾」徒歩12分

建物

地下1階、地上2階建て

事業主

コクヨファニチャー株式会社

運営委託

春蒔プロジェクト株式会社

インテリアデザイン

point 長岡勉、コクヨファニチャー株式会社 佐藤航

コンシェルジュ

tel: 03-6427-3531 (携帯:080-4338-2403)
mail: nishiazabu_recept@co-lab.jp
受付時間 : 平日10:00〜12:00, 13:00〜18:00

co-lab 西麻布 運営メンバー

co-lab企画運営

春蒔プロジェクト株式会社

コミュニティ
ファリシリテーター

co-lab企画運営代表 : 田中陽明
チーフ・コミュニティ・ファシリテーター : 山崎美緒
コミュニティ・マネージャー:延山愛奈

西麻布:写真1西麻布:写真2
西麻布:写真3西麻布:写真4
西麻布:写真5西麻布:写真6
西麻布:写真7西麻布:写真8
西麻布:写真9西麻布:写真10西麻布:写真11