西麻布 News
Locations / NISHI-AZABU / NISHI-AZABU News

3/23 初回のテーマは都市と文字。西麻布の新プロジェクト|レクチャーシリーズ「Finding a -scope/-scape」vol. 1開催|ゲストはペート・バックハウスさん

この度、KREI / co-lab西麻布では、「Finding a -scope / -scape」と題したレクチャーシリーズを開催いたします。様々な分野からクリエイターの好奇心を刺激するテーマを研究されている方々をお招きし、その知見にダイレクトに接続できる場となることを目指しています。
ある専門領域の「-scope(見る道具)」を通して見える「-scape(風景)」を知ること、それは普段何気なく見ている物事の新たな側面を見いだすことに他なりません。そこから得られた視点や気づきが、新しい創作活動の手がかりとなることに期待を込めて、シリーズを通して、私たちを取り囲む環境や価値観に根を下ろしたテーマを考えていきます。

===

レクチャーシリーズ:Finding a -scope/-scape vol. 1
「文字と空間のーscape:都市の言語景観を読み解く」

都市のなかに溢れる看板や標識、掲示物などに記された文字。
これらが形づくる「言語景観」は、建造物や自然環境などと同様に、地域の視覚的なイメージの構成要素として大きな役割を占めています。言語という観点から街を観察すると、どのような背景や原理が読み取れるのでしょうか?また、日本の言語景観のユニークさとはどのような点にあるのでしょうか?誰によって、誰のために表示され、そしてどこへ向かってゆくのか。さまざまなトピックを取り上げながら、文字と空間が織りなす、私たちの都市の言語景観を考えます。

===

【開催概要】
日時:2013年3月23日(土) 17:30-19:30(17:00開場)
場所:KREI / co-lab西麻布 B1F KREI SALON(東京都港区西麻布2-24-2)
講師:ペート・バックハウス氏(早稲田大学教育・総合科学学術院英語英文学科 准教授)

定員:50名(事前予約制)
入場料:一般1000円 / 学生500円 (※ドリンク別)
アクセス:http://krei-project.com/access
 東京メトロ銀座線/半蔵門線/千代田線 [表参道駅] A5出口 徒歩9分
 東京メトロ千代田線 [乃木坂駅] A5出口 徒歩10分
 東京メトロ日比谷線 [広尾駅] A3出口 徒歩10分
主催:KREI / co-lab西麻布

お申込み:info@krei-project.com(担当:橋場 / 小田)
※氏名、ご所属、参加人数を明記の上、メールにてお申込み下さい。

↑お申込み受付は終了いたしました。

===

ペート・バックハウス
1975年ドイツ、アーヘン市生まれ。1998年、文教大学交換留学。2002年、デュッセルドルフ州立大学修士課程修了。2005年、デュースブルク・エッセン州立大学博士号取得。2005年ドイツ日本研究所専任研究員。2010年以降、早稲田大学教育・総合科学学術院英語英文学科准教授。

専門分野:社会言語学、日本語学
主な出版物:Linguistic Landscapes: A Comparative Study of Urban Multilingualism in Tokyo(Multilingual Matters, 2007)、『日本の言語景観』(共編、三元社、2009)、Communication in Elderly Care: Cross-Cultural Perspectives (編著, Continuum, 2011)

===

こちらもあわせてご覧下さい。

みなさまのご来場をお待ちしております。

[コミュニティ・マネージャー:橋場]

Posted by co-lab Staff | 17:55 | Trackback (0)
Keywords: スペース利用例, プロジェクト例, レクチャーシリーズ, 勉強会, 西麻布

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/nishi-azabu/news_nishi-azabu/8432/trackback