西麻布 News
Locations / NISHI-AZABU / NISHI-AZABU News

Archives
Keywords

11/28開催|五感で楽しむ新感覚お茶イベント Tea Lab Green Vol.1 〜暮らしをかえる、いっぱいのお茶〜

co-lab西麻布メンバーのカネカ北川製茶株式会社さんがKREI SALONで五感で楽しむ新感覚お茶イベント、「Tea Lab Green Vol.1 〜暮らしをかえる、いっぱいのお茶〜」を11月28日(土)に開催いたします。

茶農家やお茶のスペシャリストだけではなく、食、音楽、ファッション、アートなど様々な分野において活躍しているアーティストやブランドが参加し、一日限定のお茶のワークショップやトークセッションを行うイベント。

第1回目の今回は、「VISION GLASS」×「カネカ北川製茶」、中国茶ブランド「YoumeiCha」の茶藝師ヨウメイ、薬草茶ブランド「tabel」の新田理恵によるお茶のワークショップをはじめ、新興ウェブメディア「灯台もと暮らし」の佐野編集長と静岡の有機茶農家、ベテラン茶師によるお茶をテーマにしたトークセッションなど、盛りだくさんの内容で展開します。
そして夜には、東京で活躍するジャズミュージシャンによるスペシャルジャズライブも開催!

イベント会場では終日、静岡の老舗茶問屋のカネカ北川製茶が厳選した日本茶の飲み比べコーナー、中国茶と台湾茶のテイスティングコーナー、日本茶フードのマルシェを設け、お茶好きから普段お茶をあまり飲まない方まで、誰でもお茶の魅力を存分に味わうことができます。

それら様々なプログラムを通じて、出演者と参加者が一体となって、お茶の新たな魅力や可能性を探り、暮らしを変えるようないっぱいのお茶を見つけ出します。

◼︎イベント概要
開催日時:2015年11月28日(土)11:00〜21:00
料  金:入場料 無料 
     トークセッション&交流会、ジャズライブ&ティーカクテルパーティー参加料 無料
     ワークショップ参加料 1000円または2000円
主  催:カネカ北川製茶株式会社、KREI OPEN SOURCE STUDIO
協  力:浅見デザイン事務所吉本デザイン事務所株式会社milim
申込方法:こちらのサイトよりお申し込みください→http://peatix.com/event/126473

◼︎タイムテーブル
【11:00〜12:30】
 「VISION GLASS」&「カネカ北川製茶」のワークショップ 
 『お茶を知る&オリジナルブレンド茶葉づくり』
【13:00〜14:30】
 「tabel」新田理恵のワークショップ
 『暮らしと薬草茶 〜ヨモギでからだの冬支度〜』
【15:00〜15:45/16:00〜16:45】 ※同じ内容で2回催行
 「YoumeiCha」茶藝師ヨウメイのワークショップ
 『東アジアの緑茶の世界』
【17: 00〜18:30】
 「灯台もと暮らし」佐野編集長、静岡の有機茶農家、
  カネカ北川製茶のベテラン茶師によるトークセッション&交流会
 『お茶から始まるちょっとイイ未来』
【19:00〜21:00】
  ジャズライブ&ティーカクテルパーティー 
 『TOKYO TEA NIGHT SESSION』

*こちらのサイトより各プログラムお申し込みください→http://peatix.com/event/126473

◼︎各プログラム詳細


「VISION GLASS」&「カネカ北川製茶」のワークショップ 
『お茶を知る&オリジナルブレンド茶葉づくり』

日本茶についての基本的な知識と健康効果、自宅でもおいしいお茶を楽しめるように淹れ方のコツを学び、季節の素材を使ったオリジナルブレンド茶葉づくりに挑戦します。ブレンドした茶葉はVISION GLASSに入れてお土産に。さらに耐熱で直火OK、透明なVISION GLASSを使い、普段なかなか目にしない茶葉が広がっている様子を観察するなど実験的なワークショップを楽しめます。
定員20名、参加費2000円(オリジナル茶葉入りVISION GLASS付き)

VISION GLASS
インドの理化学機器メーカーのBOROSIL社が製造するグラス「VISION GLASS」。ミニマルな形状と直火対応の耐熱性が特徴。輸入・販売・ブランディングを行っているVISION GLASS JPは、グラスの魅力を発信するためにワークショップなども開催しています。

 

「tabel」新田理恵のワークショップ
『暮らしと薬草茶 〜ヨモギでからだの冬支度〜』

いよいよ目前となった冬に備えてヨモギを楽しんでみませんか? 日本人は昔から、ヨモギを使って料理やお茶を作ったり、お灸にしたり、暮らしに植物の力を取り入れながら楽しんでいました。九州のヨモギ茶をみんなで飲み、温まりながら、薬草などの植物を取り入れた暮らし方などを、楽しくお話しましょう。また、ヨモギ茶をお好みでブレンドしていただき、お土産に持ち帰っていただけます。 
定員20名、参加費2000円(オリジナルヨモギ茶+小冊子付き) 

tabel
豊かな自然に育まれた日本の薬草、暮らしの知恵、ローカルの魅力を発信しているブランド。国内産のオーガニックにこだわった、オリジナル薬草茶を企画・販売、薬草にまつわるイベントを開催しています。


「YoumeiCha」茶藝師ヨウメイのワークショップ
『東アジアの緑茶の世界』

それぞれに個性のある日本、中国、韓国の緑茶。飲み比べてみる機会は少ないのではないでしょうか?このワークショップでは、密接な関係のある東アジアの緑茶を飲み比べ、その文化や歴史について楽しく学びます。
各回 定員10名、参加費1000円

YoumeiCha
中国茶藝師ヨウメイのお茶ブランド。学生時代、北京留学をきっかけに中国茶に傾倒。2004年から上海にて3年間勤務。現地茶農家と築いた関係を活かし、2007年に帰国後、茶葉・茶器の販売や中国茶イベントの企画・実施に携わっています。お茶を囲むことで生まれるご縁「茶縁」を大切に活動を行っています。

 

「灯台もと暮らし」佐野編集長、静岡の有機茶農家、カネカ北川製茶のベテラン茶師によるトークセッション&交流会
『お茶から始まるちょっとイイ未来』

「これからの暮らしを考える」テーマにしたウェブメディア「灯台もと暮らし」の佐野編集長と、静岡で有機のお茶づくりをしている石神さん、そしてカネカ北川製茶のベテラン茶師が、お茶のある豊かな暮らしについて語るトークセッション。トーク後には、石神さんが製造・販売を行うお茶を炭にした「茶葉炭」を使った料理を味わいながら出演者と参加者が交流し、お茶について楽しく自由に語り合います。
定員なし、参加費は無料
※Peatixで参加申込をした先着50名様に限定ノベルティをプレゼント!

灯台もと暮らし
「これからの暮らしを考える」をコンセプトに、ローカルの暮らしに焦点をあてた人気上昇中の新鋭ウェブメディア。


ジャズライブ&ティーカクテルパーティー 
『TOKYO TEA NIGHT SESSION』

東京で活躍するプロミュージシャンの池野弘美(ヴォーカル)、原とも也 (ギター)、Paul Dwyer (ベース)による一夜限りのスペシャルジャズセッション。ライブの合間には、ミュージシャンたちがお茶とジャズをテーマにトークを展開。ライブ中は日本茶を使ったオリジナルのカクテルやドリンクも味わえます。ジャズ初心者でも気軽に楽しめるスペシャルライブです。
定員なし、参加費は無料、カクテル&ドリンクは有料
※Peatixで参加申込をした先着50名に限定ノベルティをプレゼント!

常設イベント
・カネカ北川製茶厳選の日本茶飲み比べコーナー
・中国茶と台湾茶のテイスティングコーナー
・ワークショップ主催者の物販と展示
・日本茶フードマルシェ
人気店のTea Lab Green限定メニューが味わえます。料理は全て無料、ただし数には限りあり。

マルシェ出店店舗
tokotowa:有機質堆肥・減農薬栽培で砂糖不使用の手作り蜂蜜ジャムショップ
海月:毎朝農家から届く新鮮野菜を使った料理が人気の表参道の料理店
:素材のよさを活かした焼き物に定評のある恵比寿の炭火焼料理店


主催:カネカ北川製茶株式会社
東洋一の牧ノ原大茶園と清流大井川に囲まれた、良質なお茶が生産される静岡県下でも指折りの茶どころ島田市金谷にある老舗製茶問屋。お茶がもつ本来の旨さをひき出すため、長年の経験と研究で培った独自の火入技術で仕上げた商品が自慢です。2015年3月には渋谷で開催されたファッションイベント「シブフェス.7」でセレクトショップ「フリークス ストア渋谷店」とコラボレーションを果たしました。また、7月には、田舎体験ツアーを提供するwebサービス「Tabica」とコラボレーションし、日本茶体験ツアーを開催するなど、茶問屋の枠に収まらない日本茶の普及活動を行っています。

Posted by co-lab Staff | 15:00 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, イベントの告知


チリアクタさんが舞台の映像を制作!|現代バレエで見る、ストラヴィンスキーの音楽「Stravinsky Triple Bill」

11月下旬から上演される現代バレエの舞台上で流れる映像を、株式会社チリアクタ(田苗見知理、根本真二、内田祥太)さんが手がけられました。

チリアクタさんはウェブ、モーショングラフィックス、3Dなどを用いデジタル/アナログを問わず様々なジャンルを横断する表現を行っています。これまでも、珍しいキノコ舞踊団や野宮真貴リサイタルの映像制作や、co-labメンバーとコラボレーションした実績がありますが、舞台演出としての映像は久々とのこと。

===
Stravinsky Triple Bill
ストラヴィンスキー・トリプル・ビル
現代バレエで見る、ストラヴィンスキーの音楽

===
>>Stravinsky Triple Bill ウェブサイト

本公演は20 世紀を代表するロシアの音楽家イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882~1971年)が舞台用に作曲した音楽『火の鳥』、『春の祭典』、『兵士の物語』に世界的な振付家が挑む、3つのダンス作品の上演となっています。
その中でチリアクタさんが手がけられたのはユーリ・ン振付『悪魔の物語』(「兵士の物語」より)。3作品中、映像による舞台演出があるのはこの『悪魔の物語』のみだそうです。

愛知での公演を経て、東京では12月8,9日に草月ホールで上演される予定です。
斬新な振付とチリアクタさんの映像で、どんな舞台が作り上げられているかとても楽しみです。
皆様もぜひ足をお運びください!

【株式会社チリアクタについて】
株式会社チリアクタは、映像やウェブをはじめとするあらゆるコンテンツを、企画から制作まで行うデザイン会社です。クオリティの高いお客様にご満足いただけるコンテンツを提供致します。
田苗見知理|チリアクタ|co-labウェブサイト・クリエイターリスト
チリアクタ オフィシャルサイト

【co-labクリエイターへのお仕事依頼について】
co-labでは、入会メンバーのクリエイター同士のコラボレーション事業が多数生まれています。クリエイターに個別でご依頼いただく方法と、co-labに対してご依頼いただき、入会メンバーの中からチームを編成して請け負わせていただく方法などがございます。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらのウェブページをご覧いただき、ご連絡ください。

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]

Posted by co-lab Staff | 15:12 | Trackback (0)
Keywords: Member Info


11/12開催|Design for children 表参道で考える 子どもたちのPLAY 「子どもと大人の関係性のデザイン」

151112_w425

Designに関わる様々なプロフェッショナルが、これまで見えていなかった人や分野を人の抱える様々な思いを引き出すことでつなぎ、既存の関係性を置き換えていく中で生まれてくる様々な問いを元に、これからの社会のコンセプトを探求する「対話の機会と経験」を提供している一般社団法人ディー・ダイアログ
ディー・ダイアログによる対話のイベントをKREI SALONにて開催することとなりました。
このイベントは、参加者との間に相互的な信頼関係を生み出すことを重要とし、質の高いファシリテーターが対話の舵をとることで、参加者の豊かな引き出しを開けていくことができる仕組みになっています。

今回のテーマは「子どもと大人の関係性のデザイン」。
子どもの環境をつくることは、私たちの現在の生活の質、 未来の生活の質、そして未来の可能性と密接に関わっていますが、 私たち大人は、子どもたちの存在を捉えることができているでしょうか。 そもそも、子どもとはどのような存在なのでしょうか? 企業、学校、公共機関等、子どもの環境をつくる仕事に携わる大人が議論を交わすことで 考えを発展させ、未来の社会を描きながら、今、私たち大人にできることを見つけていきます。

================================
 Design for children
 表参道で考える、子どもたちのPLAY
 〜子どもと大人の関係性のデザイン〜

================================

日時:11月12日(木)19:30〜21:30
場所:KREI OPEN SOURCE STUDIO(港区西麻布2-24-2 KREIビル)
アクセス:東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線 表参道駅より徒歩9分
対話者:
①乳幼児から大人までの創造性の研究から
 Creative Researcher 安永哲郎(from KOKUYO)
②ビジネスで子どもと大人の創造生開発に取り組む
 Entrepreuner 前刀禎明(from Real Dear)
③子どもと大人の第三の学び場としての図書館は?
 Lifrarist 下田登美子(長崎市立図書館)
④参加者の皆さん
ファシリテート:Discipline(from メタデザイン)

料金:一般3000円、学生1500円になります。
お申込み方法:メールによる事前申し込み
タイトルに「表参道」と記載し、①氏名②会社名/組織名/学校名③部署名④役職⑤電話番号を明記の上、下記のアドレスまでご連絡ください。参加費の振込先をご連絡させて頂きます。
info@d-dialogue.or.jp

イベント詳細:http://www.d-dialogue.or.jp/#!2015-11-12/hdoxq

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]

Posted by co-lab Staff | 16:20 | Trackback (0)
Keywords: イベントの告知


11/27開催|セッション・トーク 『中の人の中』 その1: @SHARP_JPの中の人

LOGO_w425

Twitterで24万以上のフォロワー数を誇る企業アカウント、「@SHARP_JP」。その運営を一身に手がけ、企業とインターネットをかつてないゆるさでつなぐ孤高のビジネスパーソンが、シャープ株式会社の「中の人」こと山本隆博氏です。

今回は大阪から山本氏をお招きして、広告やマーケティングを越えた「企業によるカルチャー創造のこれから」を皮切りに、人とクリエイションの果てなき可能性についてのお話と風呂敷を大きく大きく拡げていく予定。

企業の広報担当者はもちろん、商品開発や営業担当者、個人のクリエイターまで、「つくる・伝える」に関わるあらゆる社会人&学生必見の貴重な90分!

=============================
 セッション・トーク 『中の人の中』
 その1: @SHARP_JPの中の人

=============================

■日 時:2015年11月27日(金)19:30-21:00(19:00開場)
■会 場:KREI SALON(東京都港区西麻布2-24-2 KREIビルB1F)
■料 金:1,000円(ドリンク代含む)
■ゲスト:山本 隆博 様(シャープ株式会社)
■聞き手:安永 哲郎(コクヨ株式会社)
■対 象:企業の広報・開発・営業部門担当者、その他クリエイター、学生等
■定 員:40名
■主 催:KREI

【ご予約方法】※定員に達しましたので、受付を終了いたします。
メールでの受付となります。
件名を「11/27予約」として、<お名前、メールアドレス、参加人数>を下記のアドレスまでお送りください。
info@krei-project.com(担当:山崎)

【登壇者プロフィール】
シャープ株式会社 山本 隆博(@SHARP_JP)
シャープ株式会社・公式Twitterアカウントの中の人。手探りで運営を始めたものの、ゆるいと称されるツイートで、記事やまとめられることが日常に。もともとは宣伝部でマス広告の制作を担当。フォロワーは25万を越えている。2014年に、企業アカウントの中の人として、またツイートがそもそも初めて、大阪コピーライターズクラブ最高新人賞を受賞。 https://twitter.com/sharp_jp

コクヨ株式会社 安永 哲郎
経営企画室 新規事業開発センター所属。ワークショッププログラムの開発、保育施設のプロデュース、webメディア開発などを歴任。
ロンドン芸術大学、レッジョ・チルドレン、アルスエレクトロニカ、京都造形芸術大学など、国内外の教育研究機関との共同研究を経て、現在は次世代の働き方/学び方に関する研究と事業開発を行っている。

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]

Posted by co-lab Staff | 17:03 | Trackback (0)
Keywords: イベントの告知


Report|話のネタ尽きず終電間際まで。KREI/co-lab西麻布 交流会

co-lab西麻布が入るKREI OPEN SOURCE STUDIOでは、コクヨグループ社員であるインハウスデザイナーや新規事業開発チームと、co-labのインディペンデントクリエイターが共存しています。
組織の枠組みを越えて関わり合いながら活動することで、アウトプットの質を高めることを目指すというコンセプトのKREIでは、交流会もお互いを知る重要な時間。

今回は、コクヨさんに新しく加わった新規事業開発センターの面々と、co-labの新メンバーにプレゼンをしていただきました。

新規事業開発センターのメンバーは全部で5名。
現在の部署ではどんなことをされているのか、または以前の部署での取り組みなどに加え、個人的にはこういう活動もしてます/興味ありますという話題にも触れていただき、一歩踏み込んだコミュニケーションを取れるきっかけにもなりそうです。

co-labの新メンバーは、上場企業のマーケットリサーチを行っているジェーミー宮崎さんとアシスタントの高山聡美さん。上海と東京でも展示会を間近に控えているファッションデザイナーの小鷹瑛宏さん。
その他の既存メンバーも、簡単に自己紹介や近況報告をしていただきました。

シェアオフィスで過ごす時間の中に、他のメンバーとの会話が自然に増えていくことが、インハウスとインディペンデントの垣根を超えた新しい働き方のスタートになるのでは、と思います。
その証拠に、、と言ってはなんですが、KREI/co-lab西麻布 交流会では、いつもお酒とおつまみが底を尽き、終電を気にしなければならない時間までメンバー同士が話し込んでいます。
今後も不定期にメンバー同士が交流できる場作りをしていきたいと思います。

【KREIのご紹介】コンセプトや過去のアーカイヴなどをご覧いただけます!
【KREI Facebookページのご紹介】イベントの開催や最新情報をお届けします!

[コミュニティ・ファシリテーター:山崎]

Posted by co-lab Staff | 17:37 | Trackback (0)
Keywords: イベントレポート


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 30