千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

最古にして 最先端、温泉アートエンタテイメント、道後オンセナート2014にco-lab千駄ヶ谷メンバー株式会社イデルの杵村さんが参加

愛媛県松山市の温泉街、道後温泉本館改築120周年記念事業として、道後を舞台にしたアートフェスティバル「道後オンセナート(DOGO ONSENART)2014」が開催されます。気悦のメディアアーティストによって道後温泉本館がアート作品へと変貌。4月の本開催に先立って12月24日より一部の作品の公開が開始されています。

ホテル、旅館内の各1室が著名アーティストたちの作品に変わり、泊まれるアート作品群「Hotel Horizontal」が誕生します。
参加作家は、草間弥生、荒木経惟、谷川俊太郎など錚々たる顔ぶれです。またホテルや旅館以外にも体験型アートを点在させ、昼も夜も道後エリアの魅力も最大限に味わえるのが特徴。

そしてco-lab千駄ヶ谷メンバーの株式会社イデル代表の杵村史朗さんが、「ふりかえる」という作品を、本館2階の「神の湯2階席」に展示されています。三千年を誇る道後温泉の歴史を物語るように、温泉本館の各休憩室に描かれている大黒主命や少彦主命、聖徳太子や、今では謂れのわからなくなった歴史絵を題材にしてアニメーションを展開。

愛媛、道後の歴史ある温泉につかりながら、最先端のメディアアートに触れてみてはいかがでしょうか。

[コミュニティ・ファシリテーター:鈴木]

Posted by co-lab Staff | 19:01 | Trackback (0)

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/12895/trackback