千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

レポート|3/12 多様なジャンルのメンバーが集う千駄ヶ谷プレゼン会を開催

3月12日(水)に、co-lab千駄ヶ谷のプレゼン会を開催し、新規入会メンバーと現メンバーの5組の方々にプレゼンテーションを発表していただきました。

2月に新規入会いただいたdiscot(ディスコ)の村上陽一さんと紺谷宏之さんは、お2人の新しい屋号の発表から始まり、雑誌編集を中心としたお仕事や、公共との取り組みなどこれからの展望についてお話しいただきました。

ハビタット・フォー・ヒューマニティー・ジャパンの中川ミミさんは、国際協力NGOとして活動を続けてこられた理念について、また国外や東北の被災地での支援の取り組みについてお話しいただきました。

D’ZAIN 4Uのナカムラタカヒデさんは、80業種にものぼるクライアントさんとのお仕事について、企画、ブランディング、営業、ディレクションまでトータルに手がけられる幅広いご活動についてお話しいただきました。

ICHIBANSEN / nextstationsの川西 康之さんは、リノベーションの事例として、駅としての機能だけでなく人があつまる公共的な空間も併せ持った高知県の中村駅のプロジェクトなどについてお話いただきました。

Raas Design / BOAT PEOPLE Associationの岩本 唯史さんは、かって東京湾で経営されていた水上バーのお話から、横浜トリエンナーレ2005や災害時の運搬手段など水上経験の新しい可能性についてお話いただきました。

異なるジャンルで活躍されているメンバーさんがあつまり、既存のやり方に囚われずに新しい社会に対するアプローチの手段を考えている内容が続く濃密なプレゼン会となりました。

また、この日はケータリングを外苑前のことり食堂にお願いしました。刺激的なプレゼンテーションの合間に、ほっとする味でお腹を満たしてくれるメニューをご用意いただきました!

プレゼン会が終わった後には自然と参加メンバー同士で交流が始まり、和やかな談笑の時間。お互いの仕事を理解し合える良い機会になりました。

[コミュニティ・ファシリテーター:井出]

Posted by co-lab Staff | 15:19 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, Report, イベント, 千駄ヶ谷

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/13509/trackback