千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

これからの「水辺の未来」を考える。3/22ミズベリング東京会議を開催!

新しい水辺の未来が動き始めます。
連休の半ば、3月22日(土)に「ミズベリング東京会議」が東京のすみだリバーサイドホールで開催されます。

このプロジェクトには、co-lab千駄ヶ谷メンバーの Raas DESIGN / BOAT PEOPLE Association 岩本唯史さん、株式会社エナジーラボの松岡一久さんが企画に携わっています。

耳慣れないミズベリング(MIZBERING)という言葉は、
「水辺+RING(輪)」
「水辺+R(リノベーション)+ING(進行形)」
というように水辺に新たな意味を掛け合わせた造語。

ミズベリング・プロジェクトは、「かつての賑わいを失ってしまった日本の水辺の新しい活用の可能性を、創造していく」プロジェクトです。

市民、企業、行政がひとつになって水辺の未来を考えるミズベリング東京会議では、プレゼンやディスカッション、ワークショップなど多様なプログラムが実施されます。

また、登壇者は大学教授、建築家、さらには銀行や国交省からのゲストなどそうそうたるメンバー。
ファシリテーターに山名清隆さんと馬場正尊さんをお迎えし、新しい水辺の未来を予感させてくれます。

会議にご興味をもたれた方はぜひウェブサイトより参加表明を!

また、岩本さんも寄稿されているミズベリング・プロジェクトのホームページは、水辺にまつわるコラムが多数で読み応えたっぷり。
水辺の歴史から、実施したプロジェクト、さらには海外の事例まで。水辺をクリエイティブに考えたくなる内容ばかりなので、ぜひご拝読ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催概要】

「ミズベリング東京会議」
http://mizbering.jp/
2014年3月22日(土)
<第1部>16:00~18:00 未来創造ワークショップ 
<第2部>18:30~ ミズベリングドリンクス(交流会参加費 1,000円)

<会場>
すみだリバーサイドホール
(〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋1丁目23−20)

<参加ゲスト>
陣内秀信(法政大学デザイン工学部建築学科教授)
井出玄一(一般社団ボートピープルアソシエーション代表理事)
伊藤香織(東京理科大学理工学部建築学科准教授)
金井 司(三井住友信託銀行経営企画部CSR担当部長)
忽那裕樹((株)E-DESIGN代表取締役)
紫牟田伸子(紫牟田伸子事務所代表)
藤井政人(国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課 河川環境保全調整官)

<ファシリテーター>
山名清隆(スコップ代表)
馬場正尊(OpenA代表)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[コミュニティ・ファシリテーター:井出]

Posted by co-lab Staff | 11:44 | Trackback (0)
Keywords: BOATPEOPLEAssociation, Environment, Member Info, イベント, 千駄ヶ谷

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/13556/trackback