千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

日本で初展示となる国際的アーティストの個展フライヤーをデザイン

南青山にあるラットホールギャラリーにて7月4日よりメキシコ人アーティスト、アブラハム・クルズヴィエイガスの個展が開催されています。この展示フライヤーのデザインを、co-lab千駄ヶ谷メンバーの渡邊隆雄さんが担当されました。

フライヤーはポスターサイズの用紙を折り畳むデザインで、広げると作家の自画像に見立てた立体作品のビジュアルがポスター全面にプリントされています。

あまり多くの部数を印刷していない貴重なフライヤーですが、co-lab千駄ヶ谷の受付に掲示させていただいています。co-lab千駄ヶ谷にいらっしゃる機会がありましたらぜひご覧ください!

ラットホールギャラリーの展示は、作家が日本に滞在中に見つけたファウンド・オブジェクトで制作されたハンギング・スカルプチュアによるインスタレーション。街中にありふれた雑多な素材でできているとは信じられないくらい、均整のとれた緊張感のある空間になっています。

会期も9月14日までと長めなので、日本では初めてクルズヴィエイガスの展示を目にすることができる貴重な機会をお見逃しなく。

【展示概要】
アブラハム・クルズヴィエイガス(Abraham Cruzvillegas)
「Autodestrucción5: Netsukumogamishungaseppuku」
開催期間: 2014年7月4日(金)〜9月14日(日)
開廊時間: 12:00-20:00 月曜休
会場: RAT HOLE GALLERY(アクセス

Posted by co-lab Staff | 10:00 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, 千駄ヶ谷

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/14867/trackback