千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

舞台芸術集団 地下空港・伊藤靖朗さん|コーラスユニット『サーカス』作詞担当のアルバムが発売されました!

co-lab千駄ヶ谷メンバー、舞台芸術集団 地下空港・伊藤靖朗さんが、コーラスユニット『サーカス』の新アルバム楽曲の作詞を担当しました!

今回、千駄ヶ谷メンバーの伊藤靖朗さんが担当したのは、2017年1月25日にリリースされたばかりのサーカスによる新アルバム『POP STEP BALLAD』に収録された1曲、『Unchanging(アンチェンジング )』です。


▶︎『POP STEP BALLAD』全曲紹介(1:18〜Unchanging)

サーカスといえば、1970年代にリリースされ、世代を超えてなお愛される名曲「ミスター・サマータイム」でお馴染みの実力派コーラスユニット。長らく国内外で愛されてきた美しいハーモニーは、2013年3月に新メンバーを迎え、デビュー35周年を迎えたそうです。そして新生サーカスの活動がはじまった2年後の2015年10月には、新企画『POP STEPシリーズ』というプロジェクトがスタート。第1弾はジャズの名曲をカバーした『Pop Step Jazz』、2016年5月にはボサノバをベースにした第2弾『Pop Step Bossa』が、そして2017年1月、第3弾として今回の『POP STEP BALLAD』がリリースされました。

ジャンルや世代を受け継ぎながら、鮮やかさを増すサーカスの音楽世界に今回加わった伊藤さんに、co-lab千駄ヶ谷のコミュニティ・ファシリテーター(以下CF)がお話を伺ってみました。

===
CFーー作詞を担当するに至ったきっかけを聞かせてください
「2013年からサーカスの新メンバーになった、シンガーのヨシムラユウイチさんと以前からお付き合いがありました。僕がヨシムラさんのライブを聴きに行ったり、彼が僕の公演に来てくださったりという交流が続いており、そのご縁からです」

CFーー『Unchanging(アンチェンジング )』は、とても印象的なタイトルですね
「ヨシムラさんの作曲した旋律を聴きながら、今の社会について2人でお話をしました。震災や原発事故、あるいは近づく戦争の足音など。このような苦しみに、どんな言葉を届けることができるだろうか。そんなことを想いながら書かせて頂きました。つまり『変わらない大事なもの』についての歌です。遠くにいる愛しい人を想う人などに、ぜひ聴いて頂けたら、うれしいです」
===

6人の奇才ピアニスト(「ミスターサマータイム」を編曲した前田憲男をはじめ、島健、佐山雅弘、国府弘子、鈴木和郎、佐山こうた)たちが集結し、1台のピアノでそれぞれの個性を描かれた本アルバムは、伊藤さんの他に歌詞を担当された方のラインナップを見ても、とても贅沢な一枚となっています。
(竜 真知子 氏/キャンディーズ、西城秀樹、サーカス、杏里、竹内まりや、浜田省吾、和田アキ子、『ペガサス幻想』。松井 五郎 氏/相川七瀬、安全地帯、KinKi Kids、工藤静香、吉川晃司郷、郷ひろみ、坂本冬美、平原綾香、V6。岩里 祐穂 氏/今井美樹、ももいろクローバーZ、『創聖のアクエリオン』、Sexy Zone)

今年のバレンタインは、大切な人に音楽を贈るのも良いかもしれません。
どうぞみなさま、美しいハーモニーに身を任せてみてください。

===
舞台芸術集団 地下空港:公式ウェブラウンジ
サーカス公式:we love harmony! Circus | サーカスオフィシャルサイト
Facebook:サーカス@circus1978
===

[コミュニティ・ファシリテーター|鳥井]

Posted by co-lab Staff | 13:57 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, 千駄ヶ谷

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/24923/trackback