千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

【東北支援】災害支援ボランティア募集(12月出発)

co-lab千駄ヶ谷メンバーのハビタット・ジャパンさんが東北支援のボランティアを募集されています。
ぜひ、ご覧ください!

↓↓↓

【東北支援】災害支援ボランティア募集(12月出発)

ハビタット・ジャパンでは、東日本大震災により被災した住居におけるがれき撤去作業や、泥のかき出し、解体、遺留品の仕分けを含む清掃作業を行ってきました。3月11日の震災から8か月以上が経過した現在でも、多くの方々が避難所での生活を余儀なくされています。

このような状況の中、ハビタット・ジャパンでは現地からの強い要請をうけ、12月も引き続き災害支援ボランティアの派遣を決定。ボランティアの募集を開始しました。

今後は、簡単な家屋の修繕作業を含め、住まい、そしてコミュニティの再建に必要な物資・用具(Home Starter Kits)の配布なども開始。ハビタット・フォー・ヒューマニティが世界各地で行っている災害支援活動のノウハウを活かし、日本独自の風習・文化に沿ったきめ細やかな支援を行っていきます。

皆さまのご参加をお待ちしてます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

◇現地活動内容◇
被災者に対する越冬準備品の配布作業

※海外住居建築活動(GV:Global Village Program)とは異なり、観光やレクリエーションは行いません。被災地での宿泊は避難所の一角または他ボランティアとの共同宿舎などになります。

※ハビタット・ジャパンは様々なパートナー団体と協力しながら東北支援を行っています。災害支援ボランティアの皆様には、派遣先によって異なる団体との共同プログラムに加わって活動していただきます。

◇現地活動日程◇

2011年 12月22(木)・23日(金) 2日間 (実働2日間)
※1日のみの参加も可能です、ご相談ください。

◇ボランティア体験談◇
活動場所:宮城県石巻市
期間:2011年10月6日
活動内容:仮設住宅への布団配布

「普段何気なく使っているものが実はとても大切なものだったんだと布団を運びながら気付きました。今回ハビタット・ジャパンのボランティアとして仮設住宅支援に参加しましたが、こうした小さな努力の積み重ねが大きな復興につながるのだと思います。」(高橋佑果さん 静岡文化芸術大学3年)

◇お申し込み◇
お申し込み方法や活動の詳細は下記よりご確認ください。
http://www.habitatjp.org/jpblog/2011/12/DRDecember.html

ハビタット・ジャパンHP
http://www.habitatjp.org/

Posted by test-user | 15:13 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, News

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/4613/trackback