千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

社会起業家育成プロジェクト「SEEDx 地域未来塾」、南部隆一さんがビジュアルデザインを担当。

co-lab千駄ヶ谷メンバー・株式会社 地域協働推進機構が、
「SEEDx 地域未来塾」というプロジェクトに取り組んでいます。

SEEDx 地域未来塾は、ネットとリアルの両方でコミュニティをつくり、社会や地域を良くするビジネスが芽生える環境をコミュニティ全体で生み出すプロジェクト。
今年度は、福島と三陸で「地域を良くするビジネスが芽生える環境づくり」に取り組んでいます。


このプロジェクトのコンソーシアム全体を統括しているのが、co-lab千駄ヶ谷メンバー・株式会社 地域協働推進機構。ソーシャルビジネスやコミュニティビジネス等の社会的起業を支援・促進する非営利型のまちづくり会社です。2010〜2011年には「iSB 公共未来塾」を運営し、社会起業家の育成に取り組み、多数の人材を輩出しました。

今回の「SEEDx 地域未来塾」では、社会起業プランコンペティションの通過者(リーダー塾生)と、インターン参加者(塾生)が、人材育成プログラムを受講しながらプロジェクトチームを組織し、福島と三陸の創造的な復興に向けた社会企業プランの実現を目指します。

すでに、第1期のプログラムがスタートしており、Facebookでもその様子がレポートされています。
今回のプロジェクトでは、ソーシャルメディアの活用も重視されており、「ソーシャルビジネスとはなにか?社会起業家とはどんな人か?」がより身近に理解できるよう、続々情報発信がされています。実際にコンペを通過したプランの紹介もそちらでチェックできますので、ぜひ一度ご覧ください!

また、このプロジェクトのビジュアルデザインを、co-lab西麻布メンバー・南部隆一さんが手がけています。南部さんは、情報デザインとグラフィックデザインを専門とし、今回はプロジェクトロゴ、フライヤー、名刺、新聞広告を制作されました。
とても目を惹くデザインで、co-labを訪れた方の多くがポスターの前で立ち止まってゆきます。

フライヤーは折り方によって違う印象となり、開くとポスターとして全体像がわかる仕掛けになっています。そんな色々な表情をもつフライヤーとカラフルなロゴによって、三陸、福島、東京など社会的起業サポートの多様な組織体制と同時に、1つのアイデンティティが表現されています。

社会起業家とクリエイターが、どのように恊働していけるか?
活動の告知、ビジョンの視覚化、etc… 形は様々かと思いますが、お互いがより近くで深くコミットできる可能性を持つco-labでは、その形をこれからも少しずつ探っていきたいと思います。

■SEEDx地域未来塾←社会企業プランコンペ挑戦者・インターン参加者募集中
 HP     http://www.seedx.info
 Facebook   https://www.facebook.com/seedx.info/
 twitter    @seedx_2012
 Ustream   http://www.ustream.tv/channel/seedx

■株式会社地域恊働推進機構 http://company.coco-on.jp/

■南部隆一さん http://nambudesign.com/

Posted by co-lab Staff | 13:16 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, 制作事例, 千駄ヶ谷, 西麻布

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/6800/trackback