千駄ヶ谷 News
Locations / SENDAGAYA / SENDAGAYA News

Archives
Keywords

千駄ヶ谷メンバーも開発に携わったドコモ・ヘルスケアの『カラダのキモチ』が2015年度日本サービス大賞にて優秀賞を受賞!

少し時間が経ってしまいましたが、今年6月13日に発表された「第1回日本サービス大賞」でドコモ・ヘルスケア株式会社が提供する女性向けヘルスケアサービス『カラダのキモチ』が優秀賞を受賞されたニュースのご紹介です。

このサービスは、共に千駄ヶ谷メンバーである株式会社ホオバルの新城健一さんと株式会社ライブアライフの山田秀人さんが開発に携わりました。


「カラダのキモチ」が2015年度日本サービス大賞にて優秀賞を受賞

======
「日本サービス大賞」とは
サービス産業生産性協議会(SPRING)が主催。多岐にわたる業種の多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する日本で初めての表彰制度です。「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を表彰対象としていて、サービス産業のイノベーションを促すことを目指しています。
======

今回、優秀賞を受賞した「カラダのキモチ」は、スマートフォンやタブレット端末を使って女性の健康促進を助け、働く女性の活躍にサポートするためのドコモ・ヘルスケアが提供するサービス。すでに全国で71万人に利用されているそうです。

新城さんは世界観設計から関わり、サービス設計、UI設計マネジメント、開発マネジメントなどサービス立ち上げのコンサルティング全般に携わり、山田さんがUI/UX部分の企画ディレクション、アートディレクションを担当して2013年よりサービス開始されました。

新城さんに8月のプレゼン会でもお話いただいた、テクノロジーを活用したより良い世界を実現するための世界観の構築というホオバルのコンセプトにも通じるサービスです。

そして「単なるツールにしたくない、女性が毎日利用するモチベーションを上げたい」というリクエストの元に、山田さんが世界観をUI/UXとして企画設計したユーザーフレンドリーなデザインに仕上がっています。

実はこのサービス、co-lab千駄ヶ谷の女性スタッフもさっそく使用しています!「カラダのキモチ」のボディ&メンタルケアのアドバイスは、個人の周期に合わせて的確なタイミングで読むことができます。
また、忙しい毎日や不調な日でも、自分ではなかなか気がつかない “からだのきもち” に寄り添ってくれるようサービスなので、アプリを使うのが日々の楽しみになりそうです。

IoT(モノのインターネット)という概念が注目を集めていますが、体温計とアプリを連動させる仕組みがあったり、テクノロジーによって健康的なライフスタイルをサポートする、未来のサービスを示してくれるヒントになりそうだと思いました。

先駆的なエリアで新しいサービスの開発にも携わるお二人のご活躍に、ますます期待したいと思います!

======
2014年1月にライブアライフ山田秀人さんが開発したサービスを紹介
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/12818

2016年8月にホオバル新城健一さんもご登壇したプレゼン会のレポート
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/22991
======

[コミュニティ・ファシリテーター|井出・鳥井]

Posted by co-lab Staff | 16:15 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, 千駄ヶ谷


小笠原 格|映画の必修科目シリーズ 『激動!イギリス映画100』

co-lab千駄ヶ谷メンバー、小笠原 格さん(オガサワラ イタルさん)が企画・編集を手がけた映画誌『激動イギリス映画100』(洋泉社MOOK)をご紹介です!

『激動!イギリス映画100|「映画の必修科目シリーズ」第16弾』
http://www.yosensha.co.jp/book/b244628.html

【内容紹介】
映画秘宝が贈る大好評「映画の必修科目シリーズ」第16弾!
今回は製作国と舞台をイギリスに限定した「英国映画」にスポットを当て、必見の100本を厳選。
イギリス人の国民性、政治的状況、カルチャー、歴史といった独自の背景を解説することで、各作品への理解が一層深まる内容になっています。
EU離脱に揺れるイギリスの現在を映画で学べる最適の1冊!

* * *


(映画紹介の合間コラムでは英国の変遷や時代背景を理解できます)

「映画の必修科目シリーズ」とは、これさえ観れば大丈夫!な、まさに映画ビギナーへの必修科目100本が厳選されているムックシリーズです。
”孤高の月間映画雑誌” として有名な『映画秘宝』(洋泉社)によるラインナップは、映画ビギナーはもとより、シネフィルも思わず熱く語り出してしまうような時代を物語る名作ばかり!

小笠原さんは、今回の第16弾まで長らく企画・編集を手がけられており、「カルトムービー/SF/クライムアクション/コメディ/サスペンス/ファンタジー/ゾンビ映画」などなど、各シリーズ毎のテーマにも映画人としてのこだわりを感じます。

そして、この目次ページが、なんとも秀逸!!
作品タイトル表記にとどまらず、厳選された作品は、全てカテゴリー毎に一覧されています。まずはここから気になる作品を絞り込むことが可能。(もうレンタルショップで『あいうえお順』に作品を辿らなくても大丈夫です)そしてさらに秀逸なのは、作品の公開年度が網羅されていること。公開年度で絞り込んでいくことで、制作された当時の時代背景を思い浮かべながら作品を選ぶことができます。


(秋にはゆっくり読書。それから、今夜の映画えらびを)

作品紹介ページも、非常に内容豊富です。
90年代を代表する作品『トレインスポッティング』のページをめくってみると、中学生当時に受けたダニー・ボイル(監督)の衝撃と、アンダーワールド(音楽監督)が導くトリップ感、人生ズタボロなのにどこかユーモアがあってクールなロンドンボーイの姿を演じたユアン・マクレガー(主役)への恋心を一気に思い出してしまいました。(この作品で衝撃を受けた人とは、「まさかあのダニー・ボイルが、2012年のロンドン五輪で開会式セレモニー総監督するなんて!!!」と語り合いたいです)

この秋は、『激動!イギリス映画100』をお供に、
イギリス映画マラソンをしてみてはいかがでしょうか?

[コミュニティ・ファシリテーター|鳥井]

Posted by co-lab Staff | 16:13 | Trackback (0)


『ポスターを描く 7 』展 開催!|10/11(Tue.) – 23(Sun.)

千駄ヶ谷メンバーの合同会社チコルズ山田知子さんが、gallery DAZZLEで開催される、「ポスターを描く 7」展に参加されます!

「ポスターを描く 7」展

<『ポスターを描く』展とは?>
同展は、2010年よりスタートし、多くの受賞作品を輩出した企画展です。
数組のイラストレーターとデザイナーが実験とディレクションを重ね、それぞれの〝ポスターグラフィック〟に挑戦。
制作の過程では、イラストレーターとデザイナーだけに留まらず、印刷、用紙の専門家とのコラボレーションが生まれるユニークな企画です。
——–

初日に開催されるオープニングパーティーでは、製作チームごと(12組)にポスターのコンセプトや貴重な制作秘話をプレゼンしてくれる時間や、懇親会なども催されるそうです。
この機会にぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

——–
【開催概要】
「ポスターを描く 7」 イラストレーションデザインプロジェクト

【展示期間】
2016年10月11日(火)〜10月23日(日)2週間
12:00〜19:00(※月曜休廊&最終日17:00)

【オープニングパーティー】
2016年10月11日(火)18:30〜
(18:30初日製作者のトーク、19:00〜別会場にて懇親会)

<イラストレーター>
内田早苗 ウミノカズコ 太田裕範  柿崎えま  
小山萌江 Tsuin    登内けんじ  野口奈緒子  
濱本彰代 松島由林 むらもとちひろ ヤギワタル  

<デザイナー>
青木俊祐  黒瀬章夫 坂川朱音 三枚堂このみ
柴田ユウスケ 関翔吾 三上悠里 塚本明彦
西垂水敦  山田知子 吉田憲司 李 吉泰

多くの受賞作品を輩出した企画展の第7弾。
12組のイラストレーターとデザイナーが実験とディレクション
を重ね、それぞれの〝ポスターグラフィック〟に挑戦します。
——–

[コミュニティ・ファシリテーター|鳥井]

Posted by co-lab Staff | 16:58 | Trackback (0)


祝!ピープルデザイン研究所がグッドデザイン賞を受賞しました!

co-lab千駄ヶ谷メンバー・NPO法人ピープルデザイン研究所が主催する展覧会「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(以下、超福祉展)が2016年度グッドデザイン賞のグッドデザインベスト100に選出されました!

グッドデザイン賞ウェブサイトの受賞紹介ページ

超福祉展は、福祉そのものに対する「心のバリア」を取り除くことをコンセプトの一つとして、2014年より毎年11月に渋谷ヒカリエを中心に開催。

障害者をはじめとするマイノリティの方々にとっても暮らしやすいダイバーシティの重要性は世界中で共有されていますが、超福祉展では福祉機器を「かっこいい」デザインとしてポジティブな課題解決の道筋を示してくれます。

今年も11月8日(火)〜14日(月)に、同じく渋谷ヒカリエ8階を中心に様々なイベントが開催されます。ぜひ下記のウェブサイトやFacebookページをチェックして、「超福祉の日常」を照らすアイデアやデザイン、テクノロジーを体験してみてください!

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」公式サイト
期間|2016年11月8日(火)~11月14日(月)
場所|渋谷ヒカリエ8階「8/」、みやしたこうえん、ハチ公前広場

======

また、10月10日(月・祝)にはピープルデザイン研究所が企画運営する「ピープルデザインストリートvol.5」が神宮前二丁目商店街で開催されます。

商店街の道路いっぱいを使って、ブラインドサッカー体験、車椅子など試乗コーナー、商店街の各店舗が工夫を凝らした出店など、誰もが楽しめる楽しいイベントです。

10月の連休の最終日、超福祉展が気になる方は、裏原宿の神宮二丁目商店街で開催されるピープルデザインストリートにも足を運んでみてはいかがでしょうか?

ピープルデザインストリートFacebookイベントページ
日時|2016年10月10日(月・祝)11:30〜15:30
場所|神宮二丁目商店街

—————-
ピープルデザイン研究所の田中真宏さんも参加した、2016/3/22開催のプレゼン会レポートは下記よりお読みいただけます。
http://co-lab.jp/locations/sendagaya/news_sendagaya/21455
—————-

[コミュニティ・ファシリテーター|井出]

Posted by co-lab Staff | 10:53 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, 千駄ヶ谷


8/24 (Wed.)|新メンバー歓迎!プレゼン会を開催しました!!

co-lab千駄ヶ谷、恒例のプレゼン会を8月24日(水)に開催しました!

今回は2016年の第2回目!!春から続いた新しい入会メンバーさんにご登壇いただき、皆さんを歓迎するプレゼン会となりました。

トップバッターは、2016年5月に入会されたD-MKの西森茂則さん。
紙媒体やWEBのデザインやイラストが主なご専門です。
制作会社、WEB広告会社を経て、現在はフリーランスのデザイナーとなった西森さん。宣伝会議グループのチラシや雑誌広告などのデザインを受けたりすることが増え、広告案件が現在の主軸になりつつあるそうです。

ウェブ製作はコーディングやwordpressも業務として受注し、バナーデザインの製作も代理店経由の発注として増えているそうです。

さらにイラストを描くことも多く、とてもマルチプレイヤーな西森さん。
ご本人の人柄が表れているようなやわらかいイラストから、企業向けの解説イラストまで、案件によって要点を引き出しながら、幅広いタッチを描き分けることができるのが西森さんの強みです。
プレゼンの発表中にもすでにお仕事依頼の質問が飛び交うなど、千駄ヶ谷スタッフとしても非常に嬉しい展開となりました!


(最後に、オリジナルのLINEスタンプもご紹介いただきました!)

============================

2番目のプレゼンターは今年6月にご入会された、Whereaboutsの福山振一郎さん。
設計事務所を主宰されており、主に戸建・リノベーションなどの住宅設計を中心に手掛けています。独立される前は、アパレル店舗・飲食店などのインテリアデザインや、商業施設・テナントビルなどの公共建築などにも携わってこられました。

「普遍的でリアリティをもったカタチを提案していきたい」と語る福山さん。エッジのあるものよりも、一般性がありながら心地よさというコンセプトを深く掘り下げた空間をデザインし、訪れる人に愛着を持ってもらえる建築を心がけているそうです。

福山さんのお話の中で「これからの時代はますますシェアしていくということがあたりまえになっていく時代だ」というのが非常に印象的でした。人々や自然などあらゆるものが共存する中で、心地よい空間=環境が、場所に溶け合っていくようなデザインを生み出していきたいと語る福山さんの想いは、屋号である「whereabouts」(ウエラアバウツ)=「居場所」という意味にも込められているそうです。

============================

3番目は、今年4月にご入会された株式会社ゼロワンディグリーの橋本史郎さんにご登壇いただきました。
コーディングやプログラミングなど、ウェブ製作系のシステム開発をメインに活動されていらっしゃいます。

仕事の中で「クライアントとの信頼関係を築くこと」を大切にしていると話す橋本さん。
現在のようなウェブを生業にされる前は、日本が世界に誇るアニメーションの音楽を手がける著名作曲家の付き人時代があったそうです(!)
もともと理系だった橋本さんは付き人やアルバイトをしながら、その作曲家からたまたま依頼されたホームページを担当するようになり、その後、ウェブの技術が認められ独立するに至りました。
この転職の経緯には、現在もお仕事の中で大切にしている『信頼関係』がまさに生きた結果だったのかもしれません。

フリーランスや企業経験を経た後、より良いライフスタイルを求め、株式会社ゼロワンディグリーを起業され、これまでウェブのお仕事を続けられてきた橋本さん。
ウェブの専門家として、今まで手がけてきた案件のご紹介もさることながら、今年5歳の娘さんの子育てエピソードなどの話題も飛び出し、パパママ世代も多く在籍しているco-lab千駄ヶ谷からは共感の声が聞こえていました。

軽快なプレゼントークは、橋本さんのお人柄の出る非常にフレンドリーな内容で、趣味の自転車や写真の話や、近年はじめられたライター業のお仕事の話など、様々なキーワードに参加者のみなさんも引き込まれ、多様な交流が生まれる予感がしました。

============================

そしていよいよ、この日のラストプレゼンターとして、株式会社ホオバルの野上優佳子さんと、新城健一さんにご登壇いただきました。

お二人はご夫婦で起業され、お二人の得意分野を活かして様々な業務内容で活動されています。
新城健一さんは、もともとco-labが六本木でスタートした時代からco-lab三番町(2005年頃)のメンバーでしたが、今年の5月、co-lab千駄ヶ谷に株式会社ホオバルとしてご入会されカムバック。

「『今日できないことができる明日。』をつくりたい!」という想いが中心にあると語るホオバルのお二人。株式会社ホオバルだけでできないことを、たくさんの人と手を組むことで​生み出していきたいというビジョンを持っています。

その中で、新城健一さんが得意とされているのが『世界観構築』や『サービスデザイン』という分野。
具体的にはスマートフォンのアプリケーション開発などを長年手がけられてきたそうで、その数なんと500アプリ!!テクノロジーを活用したサービス開発などをクライアントに合わせた世界観構築と共に提供されてきました。

一方、野上優佳子さんはコンテンツ制作を専門としており、その中心となるのが『お弁当』です。
ご自身の活動としても料理家、お弁当のコンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ウェブや全国各地での講演など多様なメディアで幅広く活動を続けていらっしゃいます。
(過去記事→『ホオバル|お弁当とおつまみのレパートリーが増えるレシピ本!』


(野上さんからは美味しい差し入れも頂き、参加者も歓喜!!)
(、、、、あっという間の完食となりました。)

相性の良いお二人のお人柄や、日頃の仲の良さを感じさせるコンビネーションワークが絶妙に業務内容に表現されている株式会社ホオバルのお二人。フリーランスを長く経験されている中で培ったクライアントやパートナーとの信頼構築のストーリーに、参加者のみなさんも興味深く聞き入っているようでした。

============================

春から入会がつづいた新メンバーと、旧メンバーが多く集った久しぶりのプレゼン会は、終了後も多くのメンバーが会場に残り、賑やかに盛り上がる交流パーティーにスライド。
co-lab千駄ヶ谷らしい多種多様なクリエイターが交流することで、ご参加いただいたみなさんにとって多くの刺激に満ちた一夜になりました。


(おまけ:千駄ヶ谷スタッフも手作り料理を持ち込みました^^)

千駄ヶ谷スタッフも次回開催を楽しみに企画しています。
ご期待ください!!

[コミュニティ・ファシリテーター|井出・鳥井]

Posted by co-lab Staff | 10:51 | Trackback (0)
Keywords: イベントレポート


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 26