co-lab 渋谷アトリエについて
Locations / SHIBUYA-Atelier / About SHIBUYA-Atelier

コンセプト

co-lab渋谷アトリエは、宇田川町(裏渋谷)のアンダーグラウンド感漂う立地にあります。サブカルチャーを生み出し続けてきたことが証明するようにクリエイティビティーを刺激する場の力をもつ環境の中に設立されました。

建物は、建設現場事務所をリノベーションした3フロアー/約210坪の床面積を有するアトリエ棟(シェアオフィス+工房)と、老朽化が激しい4フロアー/約100坪のロフト棟(主に倉庫)が併設されており、100名程のクリエイターがコラボレーションしながら場のシェアをしています。

1階は「アトリエ」(ガラス張りの個室)が連なり、お互いの制作風景を見ることができ、

2、3階は1人~4人サイズまでの「ブース」が長屋的に配置されており、コラボレーションが発生しやすい環境になっています。

co-lab渋谷アトリエの特徴として、co-factoryというデジタルファブリケーション工房(レーザーカッター、3Dプリンタ、CAM、電子ミシン等)が設置された先端的なモノづくりをサポートする機能があります。ファブリケーション機器のエキスパートが工房ファシリテーターとして運営を行い、機材オペレーションを行うと同時にアートやデザインの言語で制作サポートやアドバイスを受けることができます。メイカームーブメントの先端的な活動を行う人達が集い、日本の新しいモノづくりを後押ししていければと考えています。

高いレベルのクリエイターが集まり、ピア効果が発揮され、高いレベルでのコラボレーションが発生し、化学反応と相乗効果により、未だ見た事のないアウトプットが生み出される状況をつくりだします。

特 徴

  • co-factoryというデジタルファブリケーション工房が設置されている。
    機材:レーザーカッター3台、3Dプリンタ4台、CAM1台、電子ミシン1台、大判プリンター1台、その他、ボール盤、旋盤、木工、鉄工等のアナログなファブリケーション機材も揃っています。
    ※機材はco-lab渋谷アトリエメンバーの持ち寄りにてシェア利用
  • co-factory運営者であるFabLab Shibuyaや山元史朗等、高いスキルをもったスタッフが機材使用のサポートを行います
  • 東急ハンズ渋谷店から徒歩1分の距離。モノづくり系の方にとっては材料調達がすごく便利な立地です
  • プレゼン会、ランチミーティング、お茶会等、自由な集まりが開かれています

施設概要

施設名称

co-lab渋谷アトリエ

所在地

東京都渋谷区宇田川町42-6

最寄り駅

JR[渋谷駅]3番出口より徒歩7分
京王井の頭線[神泉駅]北口より徒歩11分
東京メトロ千代田線 [代々木公園駅]2番富ヶ谷南口より徒歩11分
小田急線[代々木八幡駅]南口より徒歩12分

建物

地上3階建て

事業主

東急建設株式会社

運営

春蒔プロジェクト株式会社

フロントデスク

tel:03-6416-4022
fax:03-6416-4026
mail:shibuya_a_recept@co-lab.jp
受付時間:平日11:00〜12:00、13:00〜17:00

co-lab 渋谷アトリエ 運営メンバー

co-lab企画運営会社

春蒔プロジェクト株式会社

コミュニティ
ファリシリテーター

co-lab企画運営代表 : 田中陽明
シニア・コミュニティ・ファシリテーター:安藤優美
コミュニティ・ファシリテーター:間部友香
コミュニティ・マネージャー:佐藤千秋

co-factory 運営:
ワークショップ・ファシリテーター:山元史朗
ワークショップ・ファシリテーター:FabLab渋谷
(梅澤陽明、山本詠美、井上恵介、成田達哉)

co-lab渋谷アトリエ写真