渋谷アトリエ News
Locations / SHIBUYA Atelier / SHIBUYA Atelier News

Archives
Keywords

今年6月、co-lab渋谷アトリエが移転のため閉鎖します

2012年1月、co-lab渋谷アトリエは、2017年5月開業予定のco-lab渋谷キャストの準備室としてスタートしました。開業から5年目の今年、いよいよco-lab渋谷キャストのオープンが確定し、正式に移転することとなりました。

そもそも、このプロジェクトの始まりは、2011-2012年にかけて行われた東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト(渋谷地区)宮下町アパート跡地事業」コンペティションに、東京急行電鉄株式会社を代表企業とする応募グループの一員としてco-labも協働して応募し、提案が採択されたことからはじまります。

この建物では、クリエイター向けにも対応した住宅やシェアオフィスを併設し、クリエイティブコンテンツ企業やファッション企業をターゲットにクリエイターの新たな活動拠点を作るということがテーマになっています。そして、このビルでのクリエイティブ産業等を活性化させる取り組みの原動力となるように、質の高いクリエイターネットワークを期待されたco-labがビルコンテンツの一部としてレイアウトされることになりました。決定当時からオープンまではまだ5年ありましたが、準備期間からその土壌を作っておこうということで、準備室のco-lab渋谷アトリエが誕生したのです。

co-lab渋谷アトリエが誕生した2012年は、日本におけるデジタルファブリケーションの聡明期でした。当時からその中心的な人々と共同して、co-labでデジタルファブリケーション工房「co-factory」を運営できたことで、東京でのそういった動きを活発化させる一端を担えたのではないかと思います。

開業と共に、co-factoryの運営を担当してもらうことでFab Lab Shibuyaが立ち上がり、3Dプリンターやレーザーカッターなど当時の先端ツールで様々な試作を行える恵まれた環境と機会が用意でき、この分野の先端をいく多くの方々に集まってもらうことができました。

ここで、Rinkakで業界に衝撃を与えた株式会社カブクやスマホケースShibafulでブレイクした株式会社Agリミテッドなどメイカーズムーブメントのスターがスタートアップし、数々のデジタルファブリケーションビジネスが生まれました。日本に新しいものづくりが受け入れられていくようなプロダクトやサービス、ファブスペースが生まれ、社会的に拡散されていったことに、プラットフォームとして意義を感じています。

co-labが受託し、co-lab渋谷アトリエで活動していたプロジェクトとしては、コクヨ株式会社のアクティブラーニングチェア(キャンパスアップシリーズ)の製品開発、横浜市文化観光局との市内クリエイティブリソース活用による製品開発(TEXi)などがあり、デザイニト伊東祥次氏やクルツ島村卓実氏など、プロダクトデザインの先端を行くメンバーの多大な協力を得て、プロジェクトも場もさらに活性化されていきました。

移転先のco-lab渋谷キャストでは、co-lab渋谷アトリエで醸成されたコミュニティやネットワークを引き継ぎつつ、さらにクリエイターの新しい活躍の場を広げられるよう企業支援や知財管理などのサポートにも注力した、「新しい仕事を生み出す」場所を作っていきたいと思っています。

co-lab渋谷アトリエは、2017年6月末で移転のため閉鎖となり、移転先のco-lab渋谷キャストは2017年5月1日開業予定です。渋谷アトリエはあとわずかの期間となりましたが、渋谷エリアでは稀有な作業環境の面白い場所ですので、ぜひ移転前に一度遊びにいらしてください。

co-lab企画運営代表 田中陽明

※co-lab渋谷アトリエは、2017年6月末で移転のため閉鎖となりますが、2017年4月末迄は新規入会も可能です。(期間内にご入会いただいた方に限り特別割引あり) 移転先のco-lab渋谷キャストも、先行申込受付中です。

Posted by co-lab Staff | 15:27 | Trackback (0)


7/26 (火) プレゼン会を開催しました!

7月26日 (火)、恒例のメンバーさんによるプレゼン会を開催しました!
今回は4月から渋谷アトリエにご入会された5組の新しいメンバーさんにプレゼンいただきました。

みなさんプレゼン会に初参加の中、トップバッターを務めて下さったのはwithfluence株式会社の岡本博之さん。岡本さんは、タイ・ベトナム・インドネシア・台湾・香港などのアジア各国のインフルエンサーの為のプラットフォームを運営しています。

インフルエンサーとはInstagramなどのSNSでフォロワー数1万以上をもつ人気ユーザーのことなのですが、その社会に影響をもつ”インフルエンサー”を起用したマーケティングにより、国境を越えたEC市場を目指しているのだそうです。
1階でたびたび耳にする岡本さんの流暢な英語を聞くと以前ずっとシンガポールでお仕事されていたというのも納得です。

2番目の発表者はカメラマンの堂谷健吾さん。
車とジュエリー以外の写真は何でも撮ったことのある堂谷さんは、ご自身の撮影した写真をスライドでご披露くださいました。
「何か一緒にお仕事できる方いらっしゃれば是非!」との言葉から始まり
co-labのクリエイターのポートレートを撮影してもらえないかという話題になりました。

co-labのクリエイターさんは撮り手・作り手のお仕事の方ばかりなので、逆側になってみるのも新鮮な体験になって楽しそうです。
今後、是非渋谷アトリエの一角を使って撮影会を実現させたいですね。

続いての発表者はLIKE A DESIGNの渡邉雄哉さん。
渡邉さんのお仕事はグラフィックデザインで、主に本や雑誌の表紙をを手がけていらっしゃいます。1年で60~70冊ほどもデザインされているそうで、実際にデザインした書籍も見せていただけました。
今後はより素材などの幅が広くこだわりのあるデザインを求めて、漫画の表紙にも挑戦したいとおっしゃっていました。

4番目の発表者は株式会社パルスの武井ヒロヨシさん。
武井さんは店舗を中心としたインテリアデザインをされています。
学校の体育館をベースにして実際に体育館と同じタイルを剥がして貼り付けたり、跳び箱をモチーフにした棚を作成したり、その一貫したコンセプトに基づくデザインには驚かされました。
漫画家・島耕作の作品に登場する一見蕎麦屋には見えないスタイリッシュな店舗も、武井さんが手がけられたそうです。

そして最後は株式会社ハロの矢野卓さんによるプレゼンです。
矢野さんは「ボケて」など380万ダウンロードを超える人気アプリの開発を始め、イベントの企画など幅広くお仕事されています。
今は人材紹介業を始める準備をされているそうなのですが、常に新しい分野へ挑戦されている矢野さんが今後どんなお仕事をされていくのか気になるところですね!

以上、今回は5組の方にプレゼンしていただき、かなり盛り沢山な内容となりました。
今回は私たちCFにとっても初めてのプレゼン会となりましたが、またメンバーさん同士を繋げられる機会を増やしていければと思います。

[ コミュニティ・ファシリテーター:積森 ]

Posted by co-lab Staff | 12:17 | Trackback (0)


国立台湾美術館での展示など

co-lab渋谷アトリエのメンバーであるビデオアートセンター東京の
瀧 健太郎さんが台北にある国立台湾美術館で開催中の企画展
再生運動-數位時代的科技反思」にてヴィデオ・インスタレーションを
発表されています。[会期:2016年3月19日から5月22日]

現地で集めた廃棄物で作ったオブジェにインターネットからランダムに
集めたイメージを投影するその場限りのインスタレーション。大量/過剰
消費社会の危機的な状況が視覚化されています。2007年から瀧さんがシリーズで制作されている作品で、こちらが10作目となるそうです。

ここ最近の瀧さんは海外でのプロジェクトに大忙しだったそうで、国立台湾美術館の展示に続いてフランス中部クレルモン・フェランで開催された映像フェスティヴァル「VIDEOFORMES」にも参加されました。
こちらでは《Come and Go — A Man with a Projector》をオープニングパフォーマンスとして披露。タイトルの通り、プロジェクターをもった瀧さんが街を歩き/走りながら道や建物に映像を投影します。

アナログとデジタルが絶妙に組み合わさったこのモバイル・プロジェクション。一瞬、映像のはずの人の姿が生身の人間みたいに見えて「あ、危ない」なんて、どきっとします。


photo by VIDEO FORMES

映像を素材にどんな表現ができるのか、その可能性の一端を見せてもらったような瀧さんの活動ご報告でした。

【コミュニティ・ファシリテーター:登】

Posted by co-lab Staff | 17:10 | Trackback (0)
Keywords: Member Info, News


渋谷アトリエプレゼン会開催!

少し前になってしまいましたが、2月25日にプレゼン会を開催しました!
渋谷アトリエは今年に入ってからご入会が多く、今回は新規メンバー8組によるプレゼン会となりました。

今宵は近所のアジア料理のお店「meets」にて料理を注文しました。
近所の美味しいお店なのでメンバーの皆さんもよくランチに出かけるお店です。

総勢30名ほど集まり、まずは飲み物片手に乾杯してスタート!

IMG_3753

最初はco-lab代表田中陽明から渋谷宮下町に新規オープンするオフィスビルの外観予定図や内装図面等見ながらの説明会です。渋谷アトリエの移転先となるので皆さん興味津々でした!

そして、新規メンバーの方の自己紹介&プレゼンです!

<Block/重村玉穂さん>
元々co-lab渋谷アトリエメンバーの重村さんが三次元設計、BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)のトータル会社を立ち上げたそうです。
素人には何のことやらよくわかりませんが…三次元のデータベースのモデリング等を受注しているそうです。詳しくは4月に仮サイトがオープンするそうなのでオープン次第co-labサイトのクリエイターリストにアップいたします!

ナラデザイン/今井伴也さん
CMや MV等の舞台美術のデザインをされています。メンバーの皆さんもよく知っているCMやアーティストのものでした!先日co-lab渋谷アトリエ共有部で謎の物体を製作されていたのですが、完成したものを運んでいるのを見ても何なのか全然わからず(笑、同じく目撃したメンバーさんから質問が飛んでいました。
まだ発表できないそうですが、現在手がけている映画のお仕事のものでした!今から楽しみです!

DFY株式会社/小張正暁さん
イベントプロデュース、企画をされています。現在は新木場にあるスタジオコーストというイベントホールでのクラブイベント「ageHa」のイベントを主に企画、プロデュースされているそうですが、これからは屋外でのイベントや街中でのイベントを新規事業として計画中とのこと。co-labも一緒に街を活性化できるようなイベントができたら素敵です!

i Design/石井淳也さん
インテリアや店舗内装デザインをされています。
特に飲食店やアパレル系の仕事が多いそうです。アトリエ1-6デザイニト/伊東さんのお知り合いで、このco-labをお知りになられたそうですが、こういった繋がりも嬉しいですね。

以下今回はお忙しく自己紹介のみとなりました。
<alohale kicaku/中村有希さん>
webディレクター、編集、取材を主にされています。

<エレファントデザイン/鈴木知佐子さん>
グラフィック、webデザイン、パッケージデザイン等を主にされています。

OTA design/太田裕美子さん
インテリア、家具のデザインをされています。co-lab六本木一丁目時代にco-labメンバー最古株のPOINTのお手伝いをしていたことが判明!

<神野匡史さん>
広告のデザイン制作をされています。

新規メンバーの自己紹介のあと、D3-4小杉博俊さんからお知らせがありました。
Bunkamura ザ・ミュージアムで現在開催されておりますボストン美術館所蔵「俺たちの国芳 わたしたちの国貞」展!
そのポスター制作を企画、ディレクションされているそうです。
世界初「動く浮世絵」が渋谷に出現!として3月21日〜27日まで渋谷駅改札内地下4F連絡通路「コンシェルジュカウンター」近くに掲出されています。静電モーターによって浮世絵が動きます!今回この静電モーターで動く様子見せていただきましたが、何もないのに静かーにゆっくり動き続けているので何とも不思議な感じです。是非皆さんもこの機会にご覧ください!


                
今回も様々な業種の方にプレゼンしていただき、濃い2時間となりました!改めて、co-labには面白いお仕事をさてれいる方が沢山いるなーと感じ、次回プレゼン会が益々楽しみになりました!

Posted by co-lab Staff | 18:59 | Trackback (0)


2016年度「iFデザイン賞」を受賞!  アクティブラーニング用チェアー「Campus UP(キャンパス アップ)」

コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社とco-lab渋谷アトリエメンバー石黒猛氏、伊東祥次氏のコラボレーションにより、アクティブラーニング用チェア「Campus UP」が生まれました。
そして、この度「Campus UP」が世界的に権威ある2016年度「iFデザイン賞」を受賞されました!!

Campus UPについて
アクティブラーニングを行う学生達がより自発的に深い学びの体験を得られることを目的として、開発されたチェアです。教育者、co-labクリエイター、コクヨファニチャーの三者がコラボレーションすることでインハウスデザイナーとインディペンデントクリエイターの叡智が結集されました。開発ストーリーやメイキングエピソードはコクヨグループのWebサイトに詳しくまとめられています。

Campus UPオフィシャルWebサイト
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/manabi/product/campus_up/story.html

※アクティブラーニングとは
直訳すると「能動的な学習」のことを指します。教師から一方向的に教わる従来の講義スタイルとは異なり、課題研究やPBLを通して、学生が主体となって学ぶ授業形式です。

なお、co-labでは、外部クライアントからのビジネス案件を受託し、コンサルティング、ソリューション提供を行うコラボレーション機能がございます。

案件のご依頼について
http://co-lab.jp/inquiry/creative_consultation

Posted by co-lab Staff | 20:59 | Trackback (0)


Page: 1 2 3 4 5 6 ... 20