渋谷アトリエ News
Locations / SHIBUYA Atelier / SHIBUYA Atelier News

地図が手軽に3Dプリント出来る時代に。

rinkak
シェアオフィスco-lab渋谷アトリエのメンバーであるkabukuから、簡単な操作で3Dプリンタで出力できる3D地図データを作成できるサービス「rinkak 凸凹地図(りんかく でこぼこちず)」が正式にリリースされました。

自分の出身地や、思い出の地など、任意で選んだ場所を立体として出力する事も可能です。

今まで身近では、平面でしか触れられなかった地図が、個人でも簡単に立体化(3Dプリント)できる時代になりました。

kabuku CEOの稲田雅彦氏がco-lab運営企画・田中陽明との対談の中で言及している、3Dプリンタネイティブはもう生まれているのかもしれません。

対談でも議論になっている、紙の書籍(アトム)から電子書籍(ビット)の順番の話もそうですが、今がパラダイムシフトの最中なのかもしれません。

co-lab渋谷アトリエには、高い専門性を持った管理者がいるco-factoryというクリエーターの為のシェア工房もあるので、日々、3Dプリンタやレーザーカッターを囲みながら、メンバー同士での相乗効果も活発に生まれています。

シェアオフィスco-lab渋谷アトリエは、渋谷の東急ハンズがすぐ近くなので、素材がすぐに手に入る環境も、実はモノづくりの現場に活きているんです。

シェアオフィスやモノづくりの現場にご興味の有る方も、お気軽にお問合せ頂けたらと思います。
http://co-lab.jp/inquiry/list

[コミュニティ・ファシリテーター:向後]

Posted by co-lab Staff | 20:02 | Trackback (0)

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/shibuya-atelier/news_shibuya-atelier/14150/trackback