渋谷アトリエ News
Locations / SHIBUYA Atelier / SHIBUYA Atelier News

7/26 (火) プレゼン会を開催しました!

7月26日 (火)、恒例のメンバーさんによるプレゼン会を開催しました!
今回は4月から渋谷アトリエにご入会された5組の新しいメンバーさんにプレゼンいただきました。

みなさんプレゼン会に初参加の中、トップバッターを務めて下さったのはwithfluence株式会社の岡本博之さん。岡本さんは、タイ・ベトナム・インドネシア・台湾・香港などのアジア各国のインフルエンサーの為のプラットフォームを運営しています。

インフルエンサーとはInstagramなどのSNSでフォロワー数1万以上をもつ人気ユーザーのことなのですが、その社会に影響をもつ”インフルエンサー”を起用したマーケティングにより、国境を越えたEC市場を目指しているのだそうです。
1階でたびたび耳にする岡本さんの流暢な英語を聞くと以前ずっとシンガポールでお仕事されていたというのも納得です。

2番目の発表者はカメラマンの堂谷健吾さん。
車とジュエリー以外の写真は何でも撮ったことのある堂谷さんは、ご自身の撮影した写真をスライドでご披露くださいました。
「何か一緒にお仕事できる方いらっしゃれば是非!」との言葉から始まり
co-labのクリエイターのポートレートを撮影してもらえないかという話題になりました。

co-labのクリエイターさんは撮り手・作り手のお仕事の方ばかりなので、逆側になってみるのも新鮮な体験になって楽しそうです。
今後、是非渋谷アトリエの一角を使って撮影会を実現させたいですね。

続いての発表者はLIKE A DESIGNの渡邉雄哉さん。
渡邉さんのお仕事はグラフィックデザインで、主に本や雑誌の表紙をを手がけていらっしゃいます。1年で60~70冊ほどもデザインされているそうで、実際にデザインした書籍も見せていただけました。
今後はより素材などの幅が広くこだわりのあるデザインを求めて、漫画の表紙にも挑戦したいとおっしゃっていました。

4番目の発表者は株式会社パルスの武井ヒロヨシさん。
武井さんは店舗を中心としたインテリアデザインをされています。
学校の体育館をベースにして実際に体育館と同じタイルを剥がして貼り付けたり、跳び箱をモチーフにした棚を作成したり、その一貫したコンセプトに基づくデザインには驚かされました。
漫画家・島耕作の作品に登場する一見蕎麦屋には見えないスタイリッシュな店舗も、武井さんが手がけられたそうです。

そして最後は株式会社ハロの矢野卓さんによるプレゼンです。
矢野さんは「ボケて」など380万ダウンロードを超える人気アプリの開発を始め、イベントの企画など幅広くお仕事されています。
今は人材紹介業を始める準備をされているそうなのですが、常に新しい分野へ挑戦されている矢野さんが今後どんなお仕事をされていくのか気になるところですね!

以上、今回は5組の方にプレゼンしていただき、かなり盛り沢山な内容となりました。
今回は私たちCFにとっても初めてのプレゼン会となりましたが、またメンバーさん同士を繋げられる機会を増やしていければと思います。

[ コミュニティ・ファシリテーター:積森 ]

Posted by co-lab Staff | 12:17 | Trackback (0)

Trackback (0)

Trackback URL
http://co-lab.jp/locations/shibuya-atelier/news_shibuya-atelier/22415/trackback