渋谷アトリエ News
Locations / SHIBUYA Atelier / SHIBUYA Atelier News

Archives
Keywords

舞台芸術集団 地下空港 本公演「ダキニ城の虜」

ブース2-10/奥村氏が映像制作をされている、舞台芸術集団 地下空港の公演のお知らせになります。
演劇好きな方も普段演劇に触れる機会がない方もこの機会にぜひ足をお運びください!!

/////////////
MMJプロデュース
舞台芸術集団 地下空港 本公演
「ダキニ城の虜」
@恵比寿エコー劇場
2014年12月16日(火)~22日(月)
詳細 : http://uga-web.com/sb/sb.cgi?eid=217
ブログ : http://dakiny.exblog.jp/
/////////////

以下奥村氏からのコメントになります!
ーーーーーーーー

今回の内容は、アンソニー・ホープの小説「ゼンダ城の虜」と、シェイクスピアの「間違いの喜劇」をモチーフにした、巨大ショッピングモールでの怪事件のお話です。

とっても面白いです!!!ぜひいらしてください!!

また、チラシのデザインは、西麻布メンバーの南部隆一さんです。
南部さんは地下空港の発足当初からビジュアルデザインを手がけられており、地下空港のロゴデザインも南部さんのデザインです。

地下空港は、現在の社会で自分たちが問題視する事象を背景のテーマとし、様々な寓話をモチーフとして、メッセージ性の強い演劇作品を作っています。とはいえ説教臭いことはなく、エンターテイメントとして成立させることもモットーにしています。また、舞台芸術集団というだけに、音楽、美術、衣裳、小道具にいたるまで、とても創作的なのが劇団の特徴です。

私は、テクニカル・アソシエイトとして、当劇団の技術部、映像部をやっております。今回も舞台映像を行う予定です。舞台映像としては、プロジェクションマッピング、キネクトハック、ライブ映像など色々使い、生の映像で見せる、というのをモットーに活動しております。基本は openFrameworks という、リアルタイムで映像を生成できるシステムで、フルコードで作成しています。クリエイティブコーディングに興味がある方などは、特にお楽しみいただけると思います。

是非是非ご検討くださいませ!!

img549_dakiny-midashi

[ コミュニティ・ファシリテーター : 安藤 ]

Posted by co-lab Staff | 14:15 | Trackback (0)
Keywords: Member Info


「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ」IFFT 出展

11月26日から28日の期間、東京ビックサイトにて行われる展示会IFFT/インテリア ライフスタイル リビングに、co-labメンバー3名でコーディネートチームを組み関わっている横浜市文化観光局の事業「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ」プロジェクトから生まれた、横浜生まれ、横浜育ちのプロダクトブランド「YOKOHAMA GROWN」が出展します。

「ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ」は、きらりと光る技術や個性をもつ地元企業と横浜に集うクリエイターのコラボレーションを実現し、新たな付加価値を持った横浜オリジンな製品を生み出すと共に、地元クリエイターの活躍の場をを創出することを目的としたプロジェクトです。
このプロジェクトは、横浜市文化観光局からco-labが依頼を受けて始まりました。co-lab企画運営代表 田中陽明とco-lab渋谷アトリエメンバーのトーン&マター広瀬郁氏やデザイニト伊東祥次氏がコーディネートチームとして、横浜の特殊なスキルやノウハウを持つ企業をリサーチし、その強みを活かす新規の商品開発プランを策定、クリエイターとマッチングを行い、製品開発から販路開拓まで行っています。

展示会での出展詳細はこちらより。
是非ご高覧ください!

[コミュニティ・マネージャー:延山]

Posted by co-lab Master | 02:15 | Trackback (0)
Keywords: exhibition, IFFT, ビジネス・クリエイティブ・ヨコハマ


shibafulから新シリーズが発表。

Shibaful-Safari-Park-02

co-lab渋谷アトリエのメンバーであるエージーリミテッドがiPhoneケース「 shibaful (シバフル)」の新シリーズ「Safari Park シリーズ」を発表致しました。

今回の「Safari Park シリーズ」は、植毛されたパイルに後染め加工を施し、高精細な描画を実現した商品です。

販売は11 月中旬より全国にて販売との事です。
公式オンラインショップ
http://casey-store.jp/?pid=80213359

先日、iphone6対応ケースが販売されたshibafulですが、今回の「Safari Park シリーズ」も今までと違った雰囲気で楽しめる商品です。

[コミュニティ・ファシリテーター向後]

Posted by co-lab Staff | 16:36 | Trackback (0)
Keywords: iPhone


聴覚拡張現実「聞こAR」アプリが発表。

kikoAR

co-lab渋谷アトリエのメンバーであるProton2 Design Associatesの堀内陽子氏が開発にも関わった聴覚拡張現実アプリ「聞こAR」の発表があり、堀内氏からメッセージが届きました。
—————————————————————
Proton2 Design Associates 堀内陽子です。
ユニバーサルデザイン研究の傍ら、2010年の冬から視覚障がい者の自律的移動支援の研究をしています。

この度、欧文印刷様とオフセット印刷で様々な触図や点字を付与しました印刷のサンプルを作りました。
http://obun.jp/varnish/braille/

第一弾として印刷物が見えない読めない目の不自由な方の為に、しゃべるレストランメニューを考え、欧文印刷様が点字を、サイバネットシステム株式会社様が拡張現実で音声案内をつけて下さいました。

聞こAR」(読み:キコエール)というサイバネットシステム株式会社の開発した聴覚拡張現実アプリでお聞き頂けます。

2014年11月1日から3日まで錦糸町マルイの8階であります「視覚障がい者の総合イベント」サイトワールド2014に欧文印刷様が出展されます。

本件にご興味ある方は是非ともお声掛け下さい。
—————————————————————
[コミュニティ・ファシリテーター 向後]

Posted by co-lab Staff | 14:05 | Trackback (0)


触感からつくるワークショップ 開催!

フレックスメンバー、ペーパーバック則武弥氏が関わっているデザインレーベル「oblaat ( オブラート ) 」がプロデュースしているこども向けワークショップが開催されます!

oblaatはメディア自体を詩的な操作対象にしたデザインレーベルであるので、 さまざまな物の質の違いを言葉で表現させようと思ったときに、日用品である紙がいいのではないか?ということで「紙」という題材が決定したそうです。
そこで紙についてより専門的に知識を持たれているco-labメンバーである小杉 博俊氏(紙の仕事人)にワークショップをお願いされコラボレーションが実現しました!

下記ワークショップの詳細な情報になりますのでぜひお読み下さい。

ーーーーーーーーーー
[WORKSHOP PROGRAM 2]
触感からつくるワークショップ Vol.1 ~しろいかみ~
いつも使っているいろいろなモノ。すべてのモノには“しょっかん(さわった感じ)”や、“あじわい(ふんいき)”があります。今回は[紙の仕事人]小杉さんに紙の秘密を聞いて、[ことばの達人]覚さんと「しろいかみ」をさわって、あじわって(食べません)、みんなでオリジナルの詩集を作ります。さぁ「しろいかみ」からなにが見つかるかな?

2014/11/02 (日) 14:00 – 16:00
会場:d-laboミッドタウン

講師: 覚 和歌子(詩人、作詞家)、小杉 博俊(紙の仕事人)
kaku_portrait-261x300
©FUKAHORI mizuho

プロデュース: oblaat
[松田 朋春氏プランナー/グッドデザイン賞審査委員が主宰する詩のプロジェクト]
matsuda-300x200

お申し込みはコチラから⇒http://ptix.co/1nprZbg

対象:小学生の親子(3年生以上)

定員:12組

参加:無料/事前予約制
主催:公益財団法人日本デザイン振興会
運営:放課後NPOアフタースクール
会場協力:d-labo by SURUGA bank
紙協力:
国際紙パルプ商事株式会社「Papermall」
ひだか和紙有限会社
株式会社ヘイワ原紙
MOLZA株式会社
株式会社横田

<保護者のみなさまへ>
モノが溢れるいま、そのものの「質」を味わう力が必要とされています。その力は、モノの色合い、肌触り、においなどを、五感を十分に使って感じる体験によって育まれます。そしてそれを言葉に表す力もまた必要な力です。今回は、紙の専門家、小杉 博俊さんと「千と千尋の神隠し」の主題歌でも有名な詩人/作詞家の覚 和歌子さんをお招きし、見て、感じて、それを言葉や形で表すことを親子いっしょに体験していただきたいと思います。

★取材が入ることがございます。また、記録用、ブログ用等の写真撮影をさせていただきますことご了承ください。不都合がある場合は当日スタッフにお申し出ください。
★マーカー、クレヨン等使用いたしますので多少汚れる場合がございますことご了承ください。

【グッドデザイン・キッズワークショップ】
子どもたちがデザインに出会い、気付き、発見する場として、グッドデザイン賞審査委員によるキッズワークショッププログラム。子どもたちは、普段なかなか会うことのない、デザイナーをはじめ、さまざまなプロフェッショナルに出会い、体験し、時には挑戦します。 会場運営は、子ども向けワークショップ運営実績多数の、歴代グッドデザイン賞受賞者でもある放課後NPOアフタースクールが行い、子どもたちがのびのびと体験できる場づくりを行います。
なお、このイベントは、10/31(金)〜11/4(月・祝)に東京ミッドタウンにて開催される2014年度グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITON 2014(G展)」連携企画として実施します。

[ コミュニティ・ファシリテーター : 安藤 ]

Posted by co-lab Staff | 18:08 | Trackback (0)
Keywords: Member Info


Page: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 21