墨田亀沢 News
Locations / SUMIDA-KAMEZAWA / SUMIDA-KAMEZAWA News

Archives
Keywords

活動報告#2 株式会社 forsisters/手紙が送れるSNS『eiffel』

co-lab墨田亀沢には様々な活動をされているメンバーさんがいらっしゃいます。その活動をインタビュー形式でご紹介していきます。

第2回目は、スマホから簡単に住所を知らない友達にも実際の手紙が送れるeiffel(エッフェル)というサービスを開発し、株式会社forsistersを設立した野田祐機さん河村拓哉さんです。
渋谷からものづくりの街・墨田に会社ごと引越し、co-lab墨田亀沢に入会されました。

このお二人は、ちょっとめずらしく4人姉妹に揉まれて育ってきたという環境にあります。そのため、社名もその家庭環境を象徴するとともに、「女性のために」という意味も込められています。お二人にサービス開発の経緯や、ベンチャーから見た下町の魅力などを語っていただきました。

聞き手:有薗悦克(co-lab墨田亀沢:re-printing/チーフ・コミュニティ・ファシリテーター)
構 成:越村光康(co-lab墨田亀沢:re-printing/コミュニティ・ファシリテーター)

有薗:アイディアの持った人と技術を持った人が出会って、新しいビジネスが生まれたら良いなと思いながらco-lab墨田亀沢を運営してきましたが、お二人とは渋谷で運命的な出会いだったと思います。なので、このインタビューを企画しました。よろしくお願いします。

野田・河村:初めてのメディアインタビューです。こちらこそよろしくお願いします。

有薗:まず最初に、会社名forsistersは、どちらがお考えになったのですか?

野田:二人で相談して決めました。共通の家庭環境から最初は4人姉妹の英語版 fourを考えていましたが、検索すると余り良い意味で使われていなかったので、女性のために、そして社会貢献を継続的にしていきたい、という意味を込めて株式会社forsistersにしました。

●手紙が送れるSNS―eiffel(エッフェル)

有薗:今のeiffel(エッフェル)のアイディアは、いつごろからお持ちだったのですか?

野田:2015年9月頃に手紙SNSのアイディアを持ちました。「あっ!面白そう」と思い、自分でつくってみようと、プログラミングをやり始めたんです。でも、フロントのデザインがわからなくて、河村君にフロントを頼みたいとお願いしました。

河村:「まあまあ、できるんじゃない。やろうよ!」ということになりました。最初は手紙を送るだけで、住所のID化という発想は無かったんです。でも「住所が無いって、すごくない!?」ということになったんです。もしこのサービスを通じて、住所データをID化することができたら、手紙だけでなく、ギフトなど様々なサービスに展開していけます。

野田:「友達同士で簡単に手紙が送れたらいいよね。面白そうだよね。」というところからの出発でしたが、どう人にこれを伝えようかと二人で悩みました。

●オトコの壁

野田祐機さん(左)と河村拓哉さん(右)

有薗:どう人に伝えるか悩んでいるとのことですが、どんなことに苦労しているのですか?

河村:最近、投資家を回って話しをしていると、手紙や贈り物のビジネス性があまり理解されないということがよくあります。グリーティングカードを買う80%が女性といわれていて、男性にはあまりピンとこないことが多いです。

野田:男性のほとんどが手紙を送らないから、顧客像や使用用途が見えない方が多いと思います。グリーティングカードが200億円の市場だと説明してもピンとこない。オンライン英会話の市場が100億円、その2倍ある市場のイメージが自分が使ってないから理解されづらい。その中で住所のID化と伝えても、「自分が使わないから、このサービスはだめだ。」みたいな前提で話が進みます。手紙や贈り物って、有っても無くてもいいようなものかもしれません。でも、その一見無意味と思われるものにお金が動いていて、市場規模がある。そして、このサービスが何を解決しようとしているか。ということが、手紙をあまり送らない男性にはなかなか理解してもらえないことがよくあります。

河村:所詮、僕たちも男目線だから、進めるにあたって男目線を排除する努力をしないとおかしくなってくる。だからなるべく女性に関わってもらうようにしています。

野田:河村家の四姉妹のフィルターがあり、野田家の四姉妹のフィルターがあります。東京育ちと佐世保育ちの姉妹フィルターにかけて、その人たちがどう使うかを良く見ています。他にも周りの女友達や上の世代や下の世代の女性にもよく意見を聞いています。女性は雑談の中から、フッと重要なことを言ってくれます。それがサービス開発のきっかけにもなっています。

●co-lab墨田亀沢とのかかわり

有薗:ここで、私たちとのかかわりについてお聞きします。最初のお会いした9月にベンチャーが集まるイベントで河村さんのプレゼンを聞きました。僕は、「この話はもっと聞きたい!」と思ってプレゼン終わってから探しましたよ。同時に、「この人たちは絶対に印刷で苦労しているはずだ!」とも思いました。(笑)

河村:はい、苦労してました。「えっ!何で分かるの?有薗さんてすごいね。」と思いましたよ。(笑)

有薗:パーティーの後、2週間後にはco-lab墨田亀沢に来て頂いて、11月には墨田に引越してこられましたよね。以前のオフィスはどちらでしたか?

野田:渋谷です。起業といったら渋谷だろうみたいな。知り合いの事務所の片隅で起業しました。

有薗:どうですか。墨田に引越してきた感想は?住んでみてどうですか?

野田:すごく住みやすいし、生活がしやすい。生活費も安い。渋谷とはぜんぜん違いますね。

河村:思ったよりも都心に近いですよね。東京駅、秋葉原にめちゃくちゃ近い。大体30分で行けますからね。それに西とはちょっと雰囲気が違う。下町の良さ、歴史を感じますね。

有薗:実はこの辺はスタートアップの人にとって恵まれた環境の場所なのに、あまり気付かれていない。

河村:カフェが少ないからなのかな。錦糸町からここまでに入りたいと思うカフェが少ない。立川では、シャッター街だったところにどんどん新しい店が入ってきて街の雰囲気がすごく良くなっている。そういう風に墨田もなればいいのにと思っています。ポテンシャルも感じるし、良い人もたくさんいる。

有薗:そのポテンシャルって、来てみないとなかなか分からないじゃないですか。だから墨田を知ってもらうためにいろいろやっていて、その一つに東京都から補助金を受けて「イッサイガッサイ東東京モノづくりHUB」事業があります。創業したい人から事業を発展させたい人までを対象に、事業の立ち上げをサポートする活動をしています。みなさんに東東京には面白い人たちがいっぱいいることを知ってもらいし、活動の拠点を持ってもらいたいたい。と思ってやっています。

●起業は大変?

有薗:ところで、起業されてから今が一番しんどい時期ではないですか?正念場というか。

野田: 12月末がピークでしたね。疲れも資金も、この先どうしようみたいなところで。サービスインの疲れも残っているし、資金は減っている。告知も打てない。どうしよう。みたいな…………。

河村:スマートフォンのサービスは遅れるし、マーケティングもできてなかった。

有薗:自分の貯めたお金をつぎ込んだ資金が減っていくときは、どんな感じでしたか?

野田:僕は平常心だったですね。以前も、お金を全部なくしたということも経験しているので、「何とかなるよ。資金繰りだけ何とかすれば乗り切れるしでしょ。」という気持ちでした。入金がないというのは不安だけど、前に進んでいることは確実だし、耐えられるだろうと思っていました。他のメンバーは不安だったと思うけど。

河村:僕から見るとその落ち着きは危機感が無くて、のんきにしか見えないんですよ。(笑)

●女性目線でサービスをレベルアップ

有薗:最後になりますが、サービスも開始されたし、これからどんな風にユーザー層を拡大していく戦略ですか?

河村:3月まではサービスを徹底してレベルアップしていきます。来た人が使ってみて、エラーが起きたりしてがっかりさせないように、「あっ!いいじゃん」と思えるサービスになるよう頑張ってみようと思います。

野田:女性は、最初は時間がかかるけど、いいと思ったらずっと使ってくれる。だけど一瞬でダメと思われたら戻ってこない。女性は目が肥えています。
特に手紙を書く女性は、相手に対して気遣いのできる人です。だから、われわれのサービスも、より丁寧にしていかなければいけない。作り手側の私たちの真剣さは、よくも悪くも伝わるものだと思っています。

河村:だから、「これはこうなの?」、「これはこうなの?」という問いに対して、全部潰していかなければいけない。そこに時間がかかるかなあという感じですね。

姉妹に囲まれて育った二人が構想した、女性のためのeiffleというサービスが、男性ばかりの墨田の印刷工場と出会い、サービスとしてスタートしました。「ものづくりの職人とクリエイターが出会い、化学反応が起きる場」を目指すco-lab墨田亀沢としては、二人の挑戦をこれからも応援していきたいと思います。

Posted by co-lab Staff | 12:31 | Trackback (0)
Keywords: News


ブース席を新設します!

co-lab墨田亀沢では、現在、アトリエ(個室)、フリーアドレス席、デスク席をご用意し、それぞれのワークスタイルに合わせて選べるようになっていますが、「デスクよりももっと独立した空間が欲しい。でも1人なので個室を使うほどのではない。」そんなご要望を多く頂いていました。そのため、デスクゾーンを一部改修し、ブース席を新設する事にしました。


ブース席の完成イメージ(部屋の奥がブース席となります。)


現在のデスクゾーン

ブース席の特徴
● ブース・デスクゾーン利用者専用のカードキー付きドアを通過して入室するため、高いセキュリティが保たれます。
● 東向きの窓からは朝日が差し込み、一部席からはスカイツリーも見えます。
● ブース壁は150cm程度の高さがあり、視線はさえぎりますが、空間としては長屋のように緩やかに繋がっており、他のメンバーとのリアルな交流を通じたコラボレーションが生まれやすい環境です。
● 無線LANに加えて、有線LAN、固定電話にも対応しており、法人登記も可能です。(別途審査・費用あり)
● 「今日はブースではなく、気分を変えて共用部で仕事したい。」といった利用方法ももちろん可能です。
● その他、会議室、複合機など、シェアオフィスとしての機能もご利用頂けます。

こんなクリエイター・クリエイティブワーカーに最適です。
● サンプルや模型が多い建築関係の方。
● 大型のモニターを設置したいグラフィック関係の方
● ハイスペックのPCを使いたい映像関係の方
● クライアントとの守秘義務がある士業・コンサルの方
● でも、他のメンバーさんと繋がりを持ってコラボレーションしていきたい方。

今だけのメリット。お好みのプランを相談できます。
1人ブースを4席作る「プランA」と、1人ブース2席と、2〜3人でご利用頂けるブース1席の「プランB」の両方をご用意。いまならご利用希望者のニーズに合わせて、AかBどちらかのプランで施工します。2〜3人で使えるオフィスを探していた方にとっては、朗報ですよ。


プランA:1人用ブースが4席。

プランB :1人用ブースが2席、2〜3人用ブースが1席。

価格
1人用ブース(3.11㎡〜3.46㎡):34,000円〜36,000円
2〜3人用ブース(8.75㎡):88,000円
※ITインフラ基本料別途
※co-lab墨田亀沢の入会に関する詳しい情報はこちらから。

詳しい情報、内見ご希望の方はこちらからお問い合わせください。

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:有薗]

Posted by co-lab Staff | 13:14 | Trackback (0)
Keywords: News


東東京で初めての『創業支援ネットワークによるプロジェクト』が始動!

デジタルファブリケーションやクライドファウディングがもたらすものづくり革命によって、モノづくりの主役はアイディアを持った個人に移っていく。そう言われています。

確かに、デジタルファブリケーションによって、試作品作りまでのハードルは一気に下がりました。しかし、試作品を経て本生産に入るときには、製造業が持っているノウハウやインフラを活用していく必要があります。

co-lab墨田亀沢がある墨田区、清澄白河が熱い江東区などの東東京は、中小のものづくりの企業、いわゆる町工場が集積しています。しかも、その業種は金属、プラスチック、木材、革、繊維、紙と多品種に渡り、たいていの製品はこの地域だけで作ることができます。

新しいものづくりのアイディアを持った人と、それを形にできる技術を持った人たちを繋げることで、新しい産業を生み出し、東東京の持つポテンシャルを形にして行きたい。
そんな思いから台東デザイナーズビレッジを運営するソーシャルデザイン研究所、reboot・sooodramaticを運営するメトロ設計、co-lab墨田亀沢を運営する印刷会社のサンコーの3者協同で立ち上げた、EastsideGoodside(イッサイガッサイ)東東京モノづくりHUBが、モノづくりで創業したい人たちを支援するプロジェクトを開始します。

イッサイガッサイの詳細はこちら

そのプロジェクトの第1弾として、東東京で熱く、ユニークな事業で活躍しているゲストをお招きしたイベントで、創業、拠点としての東東京の魅力についてお話をうかがいます。
1人目は、ブライダル業界の枠を越えて革命を興す【株式会社CRAZY 代表取締役社長 森山和彦】氏。そして2人目は、清澄白河にて、「いろんな生き方・働き方に出会うことのできる場所“リトルトーキョー”」を構え、働くことの魅力や意義を問いかける【株式会社シゴトヒト 代表取締役 日本仕事百貨代表 ナカムラケンタ】氏です。

後半では、多くのクリエイターを育ててきた実績がある台東デザイナーズビレッジ 鈴木淳村長を交えて、これからの東東京での創業や、事業の可能性について掘り下げるトーク・セッションも予定しています。

イベントの詳細はこちらから!

[コミュニティ・ファシリテーター:越村]

Posted by co-lab Staff | 16:02 | Trackback (0)
Keywords: News


印刷力セミナーVol.2「もっと印刷職人と話をしよう」を開催します。

印刷のことをより詳しく知ってスキルアップ!
グラフィックデザイナーなど印刷物の製作に関わる方を対象とした、印刷職人からディープな話を聞くことができる「印刷力」セミナーのvol.2を開催します。
印刷工場を職人の案内で見学した後、日頃の疑問や問題を直接職人にぶつけて話をすることで、疑問や問題が解消するかも!

■こんな人にお勧め
・印刷データ作成のトラブルを体験している
・色が思うとおりに仕上がらなくて困っている
・校正刷りのチェックすべき項目を知りたい
・印刷立会い時に注意すべき点を知りたい
・印刷現場を知って、よりスキルアップしたい
等々、印刷物の企画・制作に関わっているグラフィックデザイナー、クリエイターなど
→ Continue Reading

Posted by co-lab Staff | 12:55 | Trackback (0)
Keywords: News


活動報告#1 竹下仁氏(ジュニアプログラミングクラブQUEST)

co-lab墨田亀沢には様々な活動をされているメンバーさんがいらっしゃいます。その活動をインタビュー形式でご紹介していきます。

第1回目は、、co-lab墨田亀沢のオープン当初からのメンバーで、フリーランスのシステムエンジニアとして、大手金融機関のシステム構築などを担当されながら、子供向けのプログラミング教室である“ジュニアプログラミングクラブ「QUEST」”を主催されている竹下仁さんです。竹下さんに、co-labに入会されたきっかけや、プログラミング教育についての考え、プログラムとクリエイティブの関係などについてお聞きしました。

聞き手:有薗悦克(co-lab墨田亀沢:re-printing/チーフ・コミュニティ・ファシリテーター)
構 成:越村光康(co-lab墨田亀沢:re-printing/コミュニティ・ファシリテーター)


竹下 仁

システムエンジア


入会のきっかけは深夜のスカイプ会議のため!?


有薗:co-lab墨田亀沢への入会のきっかけは?現在メンバーとなっている深川さんと一緒に内覧に見えましたけれど、その時はまだQUESTの話は出ていませんでしたよね。

竹下:昨年の4月頃から、区の施設などを借りながら、QUEST立ち上げに向けたトライアルとしてプログラミングのワークショップなどをやっていましたが、継続的に使える会場探しに難航していました。ちょうどその頃、夜中にスカイプ会議が出来る場所として、ドロップイン利用できるコ・ワーキングスペースを探していたのですが、たまたまその時に、QUESTのトライアルを一緒にやっていた深川さんが、こちらに入会すると聞いて、一緒に見学に来て、ドロップインで何日も使う事を考えれば安いと思い入会を即決しました。その時点では、QUESTの構想はありましたが、まだここをQUESTの会場にすることは考えていませんでした。


QUESTとは?

有薗:QUESTは私も何度か見学をさせてもらいました。スクラッチというソフトを使って、猫から逃げるネズミのゲームを作っているのを見ましたが、具体的にはどんな風にクラスは進んでいくのでしょうか。

竹下:最初は猫から逃げるネズミのゲームを作りながら、基本的な操作を学びます。その後、座標、変数、乱数など、プログラミングで作品を作る上で必要となる知識をテーマごとに学ぶ形をとっています。6回で1通りのテーマを学んで、それ以降は自分で自由に作っていきます。
会場は、テーマに沿った学びを行う「ラーニングテーブル」と、ある程度知識を習得した人が自由に創作活動を行う「プレイングテーブル」の2つに分かれています。プログラミングは、場数を重ねることで力をつけていくことができるので、色々な作品を作りながらプログラミングに対する理解を深めて貰っています。

有薗:来ている人は、どんなお子さんが多いですか?

竹下:墨田区の教育委員会の後援を頂いて、学校でチラシを配布してもらっているので、墨田区内の小学生が大半です。小学3年生以上を主な対象としていて、上は中学2年生までいます。4年生・5年生が一番多い世代です。


プログラミング教育は、これからの世代の
読み・書き・そろばん。

有薗:QUESTを受けさせる親御さんにはどんな特徴がありますか?

竹下:当初は親御さんが子供に受けさせたくて連れて来るケースが多かったのですが、今は子供が自分で選んで受講しているケースが増えてきている気がします。いずれにしても、QUESTに来られる方は、やはり親御さんのプログラミング教育に対する感度の高さや理解を感じますね。
ですが、世間一般の幅広い保護者の方の声を聞くと、プログラミング教育の重要性の認識に格差があると感じています。そのために、「プログラミング教育は現代の必須教育だ。」とおっしゃる親御さんがいる一方で、「何に繋がるのかわからない。」とおっしゃる親御さんもいらっしゃいます。そういう方からすると、「プログラマーを目指している訳ではないし…。」と言う感じでしょうか。ゲームやネットに対するネガティブな印象とリンクしてしまう方も中にはいらっしゃるようです。

有薗:親御さんご自身が、プログラムがよくわからないから、「はまったら困る」とか、「炎上したらどうしよう」みたいな不安もあるんでしょうね。竹下さんご自身は、プログラミング教育についてどうお考えですか?

竹下:これからの時代の「読み・書き・そろばん」だと思います。色々なものにコンピュータが組み込まれているのが当たり前の世界になってくるので、たとえプログラマーでなくても、「コンピュータで出来ること、出来ない事」を知っていることは大切です。一般的な事務の仕事でもPCを使うことが当たり前になってきました。エクセルのマクロや関数もプログラミングの一種ですが、決してプログラマーだけが扱うものではありません。プログラミングで行っている事とは、必要な結果を手に入れるための手順を決める事であり、結果に達するまでの工程を小さな命令の単位に分解して、順序を決めて実行していくことなんです。
これはプログラミングに限らず、ゴールや目標に向かって作業を進める方法にも通じると思います。だから、QUESTの参加を検討している親御さんには、「QUESTはプログラム言語を学ぶものではなく、考え方を学ぶものなんです」ということを説明しています。


自己表現手段としてのプログラミング

有薗:と言う事は、プログラミングをするためには、まずやりたいことが明確に決まっている必要がある。そして、それを小さな命令に分解して、優先順位を決めて実行していく。これも新しい自己表現の手段でありクリエイティビティが求められますね。

竹下:色々なものが手に入る時代ですが、既存の商品やサービスを消費するだけではなく、「欲しいもの」「あったらいいなと思うもの」は自分で創り出せるのだという事を知ってもらいたいですね。最初は処理を学び、事例を積み重ねて行くことになりますが、徐々に自己表現のツールとして使ってほしいと思います。デジタル時代のクリエイションにおいて、プログラミングが担う役割は小さくありません。
プログラミングを通じて、創作活動に関心が強い子が出てくればいいと思っています。
私は、子供の頃、レゴブロックで遊んでいました。プラモデルと違い、ブロックには決められたゴールがありません。何を作るかを自分で考えるから、創造力や発想力が必要になります。更に、「人に楽しんで使ってもらうにはどうしたらいいのだろう」と考えることで、自己満足に終わらない客観的な視点や想像力も養われる。そういったものにつなげていきたいという思いでこのクラブを運営しています。

有薗:となると、プログラミング教育は右脳も、左脳も両方を働かせることになりますね。これは、子供だけでなく、ビジネスマンに必須な素養かも知れませんね。

竹下:これからのデジタル時代の社会の課題に対するソリューションを生み出せる人材を育てる、と言う意味で社会人の方にも必要な素養かもしれません。社会人のプログラミング教育は、業種特化で実務的なものになりがちです。しかし大切なことは、システムの考え方を身につける事だと思います。QUESTとして、社会人向けの研修なども手掛けていければと考えています。


インプットの為のスマホ。アウトプットの為のPC

竹下:若い世代が「デジタルネイティブ」と呼ばれますが、実はシステムにおける読み書きのうち、「読み」のスキルは長けていますが、「書き」のスキルが圧倒的に不足しています。先進国の中で、若い世代がプライベートでPCに触れる時間は、日本がダントツに短い。みんなスマホやタブレットで事足りるようになっているんですね。ですが、スマホは情報をインプットすることには向いていますが、長い文章を書いたりプログラミングをしたりといったアウトプットには向いていません。そういった作業には、やはりPCが適しています。若い日本人がPCに触れる時間が短いということは、それだけクリエイティブな作業に時間を割いている比率が低いということの現われです。インプットに対して、アウトプットが少ない。このバランスが崩れている事を危惧しています。
知り合いの大学生に聞いた話では、大学1年生の授業で情報処理という講義があり、「パソコンを開いて電源をつけて」というところから授業が始まったそうです。「大文字を打つにはShiftキーを押しながら」とか。みんなスマホを持って使いこなしていますが、更に若い世代になるとフリック入力すら使わず音声入力という話しも聞きますし、PCというアウトプットツールからは遠ざかっているのです。

有薗:インプットばかりでアウトプットが苦手。日本の英語教育などと同じ気がします。

竹下:QUESTはプログラミングに触れてもらうきっかけですが、ここから「自分で作りたいものを考え、作っていく」という、ものづくりの楽しさを知って欲しい、そういう人が増えて行ってほしい、と思っています。この墨田区に、ITを駆使して、新しいことにチャレンジしていける文化とか土壌が根付けば面白いなあと思っています。

有薗:QUESTで表現をする楽しさを体感した子供達が沢山卒業していったら、そういうコミュニティになっていくような気がしますね。

竹下:co-labって、これからの「場づくり」とか、「新しい価値を創って行く」という思いのある場所だと思っているので、自分たちがしていることにぴったりな場所だと思っています。私たちのサイトにも「最先端の学びを、最先端のスペースで。」と書いているんですよ。

有薗:デジタルなものの考え方が出来る人たちが育つ場所であってほしいし、小学校時代にここで学んだ子供たちが何年か後に起業して、また戻ってきてくれたらいいな。と思っています。

竹下:そうなんです。QUESTでクリエイションに興味を持った子供たちが仕事をする年齢になって、ここに入居して、そこで新しい化学反応が起きてくれるとすごく面白いと思いますね。


QUESTについての詳細は、http://quest.machinacademia.com/

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:有薗]

Posted by co-lab Staff | 15:57 | Trackback (0)
Keywords: News


Page: 1 2 3 4 5 6 7