墨田亀沢 News
Locations / SUMIDA-KAMEZAWA / SUMIDA-KAMEZAWA News

Archives
Keywords

1st anniversary party を開催しました

4月8日に、co-lab墨田亀沢:re-printingの1周年パーティが開かれました。

この1年間で実施された様々なイベントやワークショップを紹介するパネル展示。活版印刷の体験会や、印刷工場の見学会。などに加えて、「印刷職人とクリエイター 化学反応から生まれた製品たち」というテーマでのパネルディスカッションなどが行われました。

パネルディスカッションには、二子玉川メンバーの株式会社グラディエ 磯村歩さんにも登壇頂き、コレボレーション事例のコーナーでもご紹介したfutacolabのパッケージ開発におけるサンコーとのコラボレーション事例についてご紹介頂きました。

イベントの前日には、NHKの首都圏ネットワークというニュース番組で、墨田区の町工場の面白い取り組みとしてco-lab墨田亀沢が紹介されたり(YouTube)、当日も墨田区の区長や、地元信用金庫の理事長を始めとして、地域のクリエイターや町工場の経営者など100名を超える方が参加されるなど、地域全体の盛り上がりを感じるイベントとなりました。

この集合写真は、3枚に分けて撮影したものを印刷会社の職人技術で1枚に合成しています。(クリックで拡大表示)

当日の詳しいレポートは、墨田亀沢のHPまで!

〔チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:有薗〕

Posted by co-lab Staff | 15:48 | Trackback (0)


4/8 fri | co-lab墨田亀沢1st anniversary party 開催!

co-lab墨田亀沢は、もの作りの「職人」と「クリエイター」が出会い化学反応が生まれる「場」を目指し、2015年3月にオープンし、お陰様で1周年を迎えることができました。これまでの皆様のご支援に感謝するとともに、新しい1年に向けて1st anniversary partyを開催致します。

参加人数の確認のため、参加ご希望の方は、facebookイベントページにて、参加ボタンをクリックしてください。

≪タイムスケジュール≫
16:00:DOOR OPEN。co-lab墨田亀沢の施設見学および、サンコーの工場見学。パネル展示や物販を開始します。
18:00:お茶会
19:00:基調報告&パネルディスカッション
20:00:パーティ
22:00:終了予定

≪お茶会≫
co-lab各拠点をまたいだコミュニティ形成を目指し、グラフィックデザイナーなど紙メディアのクリエイティブをされている方を中心としたお茶会を開催します。参加ご希望のメンバーの方は、各拠点のCFまでお問い合わせください。
※co-labメンバーの方限定のイベントです。

≪パネルディスカッション≫
co-lab墨田亀沢を通じて出会ってクリエイターと、印刷会社であるサンコーが、1つの製品作りにおいてどのような化学反応を起こして行ったか、それぞれの事例を基にご紹介していきます。
パネラーのご紹介
・磯村 歩氏(co-lab二子玉川メンバー・株式会社グラディエ
・守田 篤史氏(すみだクリエイターズクラブ・moicoffee)
・三輪 明日香氏(すみだクリエイターズクラブ・Nicoli-Graphics
・田中 陽明(co-lab企画運営・春蒔プロジェクト代表取締役)
・有薗 悦克(co-lab墨田亀沢チーフコミュニティファシリテーター)

≪パーティ≫
お酒を片手に、墨田らしいお食事をつまみながらご歓談いただき、クリエイターや職人のみなさんをはじめ、まちの方など集っていただいた皆様がワイワイ繋がれる、co-lab墨田亀沢ならではのネットワーキングの機会にしたいと思っています。
※写真は昨年のオープニングパーティの様子。

※駐車場はありませんので、周囲のコインパーキングなどをご利用くださいませ。
※スケジュール、パネラーなどは変更になる可能性があります。
※主催者による記録写真の撮影を行い、SNSやサイトなどに投稿する事があります。予めご了承くださいませ。

[チーフ・コミュニティ・ファシリテーター:有薗]

Posted by co-lab Staff | 19:10 | Trackback (0)


12/10 メンバープレゼン会を開催

co-lab墨田亀沢としては初めてのプレゼン会が12月4日(金)19時から、ビールと軽食を片手にスタートしました。今回は6名のメンバーさんより、いま取り組んでいるお仕事についてプレゼンがありました。

それぞれの発表ごとに質疑応答があり、お互いの理解を深め合い、最後に春蒔プロジェクトの田中さんよりco-labのこと、メンバー同士がコラボした実績の紹介などのお話があり、充実した内容のプレゼン会となりました。
メンバーのプレゼン詳細は、こちら

[コミュニティ・ファシリテーター:越村]

Posted by co-lab Staff | 18:30 | Trackback (0)
Keywords: News


もの作りの現場、覗いてみませんか?

EAST東京はもの作りの町だと良く言われます。
そのEAST東京にある、台東・荒川・足立・墨田・葛飾。この5区には、合わせて1万2000の工場があり、23区全体の工場の4割を超える、まさに“モノづくり”の地域です。そして、この5区の頭文字をとった、TASKという地域連携プロジェクトがあります。この、もの作りの現場をバスで巡るツアーが、10月8日に開催されます。この機会に、普段見ることの少ない製造現場に足を運んでみると、新しいデザインの引き出しに出会えるかもしれません。

ツアーの見学コースには、特徴的な会社が沢山あります。
例えばCコースの日興エボナイト製造所は、硬質ゴムの一種で万年筆などに使われるエボナイトの、「日本で唯一」の製造工場です。

Bコースの東北紙業社は、おしゃれなお店で人気の文具を作っている「印刷加工連」の一員で、象嵌と呼ばれる珍しい加工出来る工場だったりします。
co-lab墨田亀沢の事業主であるサンコーも、もちろん見学コースに入っていて、オフセット印刷の現場をご覧いただきます。

詳細はこちらのリンク先から。申込み書をダウンロードして、事務局にファックスをお願いします。

co-lab墨田亀沢 チーフ・コミュニティ・ファシリテーター 有薗

Posted by co-lab Staff | 14:47 | Trackback (0)


墨田みやげ開発!アイディアソン(8/27)を開催しました

アイディアソン

8月27日にアイディアソンを実施しました。お題は、co-lab西麻布にあるマテリアルガーデンに展示されている紙や印刷素材を使った、ある商品の開発です。詳しいことはここでは説明できないのが残念ですが、販路も既に決まっており、在庫リスクの負担も決まっているということで、実現性が高く非常に密度の濃いアイディアソンになりました。

紙の仕事人、小杉博俊氏による素材の説明があり、見たこともないような紙素材に、皆さん興味津々でした。
その後、原亮氏によるファシリテーションで、アイディアをゲーム感覚で拡散していきます。キーワードとキーワードから思いつく事をどんどん出していく。向かい合ってアイディアを膨らませる。などなど、とにかくアイディアの種を「出し散らかし」ます。
出し散らかしたアイディアを、徐々に収束させていきます。時間が経つにつれ皆さん真剣な表情に変わり、研ぎ澄まされた表情で1つ1つのアイディアを検討していました。

そして参加者全員で絞り込んだ幾つかのアイディアの中から、各自興味あるアイディアに対しグループを組み、商品化に向けた企画案の作成に入ります。開始から5時間を経過した頃、商品の企画がグループごとに発表されました。このアイディアソンで生まれた商品企画は、これから商品化に向けて検討が行われ、商品として世の中に出て行くことになると思います。
参加していただいた皆さん、長時間にわたり本当にお疲れ様でした。

詳しい内容はこちらから

co-lab墨田亀沢では、このようなアイディアソン実施のお手伝いも可能です。「ものをつくる技術はあるけれど、それをどう活かすかわからない」「自分達では思いつかないような、全く新しいアイディアが欲しい」そんな悩みを突破するためのアイディアの種作りとして、アイディアソンはとても有効です。ご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。

co-lab墨田亀沢 チーフ・コミュニティ・ファシリテーター 有薗

Posted by co-lab Master | 17:23 | Trackback (0)


Page: 1 2 3 4 5 6 7