第7回プレゼン会|さまざまな才能を持つ人とその都度チームを組むので、co-labメンバーとのコラボが楽しみ

6月5日、第7回プレゼン会を開催しました。前回から4か月後の開催でしたが、その間に集った新メンバーはなんと4名。続々と仲間が増えていてうれしい限りです。
この日も、18名のメンバーが集まってプレゼン会スタート!

トップバッターは、株式会社jiik(ジーク)の金哲基さん。青山と墨田の二拠点で、クリエイティブ分野やブランディングのディレクションをメインにお仕事をされています。
人々の感性に訴えるデザインの力を信じながらも、広告の仕組みやマーケティングについて学び、論理をデザインに落とし込む金さん。そんな金さんの夢は、幕張にオフィスを構えることと、飲食店の経営。

続いて、株式会社1015house(テンフィフティーンハウス)の寺田敏之さん。
広告大手から超有名ゲームのプロデューサーなども経験されましたが、小さなお子さんと過ごすライフスタイルを志向して起業。さまざまな才能を持つ人と、その都度チームを組むスタイルなので、co-labのメンバーとも仕事をしたいと笑顔でした。

次にプレゼンされたのは、かようびデザイン室の青木佳代さん。アクセサリーのパッケージや、文具のディスプレイ台などを手がけられるデザイナーさんです。紙や印刷関係の会社とお仕事することも多く、co-lab墨田への入居を決められました。

トリを飾るのは、今年の5月に退職された独立ほやほやの平井賢さん。
設計事務所、広告制作会社、薬品業界に特化した広告代理店でお仕事をされていました。ご自身が本当にやりたかったのは「成果として形に残る仕事」でした。プロダクトデザインと制作という原点に立ち返った仕事をするため、独立を決められました。

笑い声が反響する心地いい空間に、半数以上のメンバーがここに集まっているという事実に驚き、仕事の話から女子会トークまで会話が途切れることはなく…。co-lab墨田亀沢の空気感は、お互いへの尊敬をベースに、気さくに話し合えるメンバーさんがつくってくれているのだと、改めて感じます。

詳しくはこちら

〔コミュニティ・ファシリテーター:越村〕

 

 

Other Reportsこの拠点の他のイベントレポート